研究者情報データベース

日本語 English

TOP
キーワード検索
所属別検索
研究分野別検索
条件指定検索

創価大学
ホームページ

研究者情報

基本情報 研究分野 研究活動 教育活動 学内活動 学外活動

 

 

氏名 山内 豊 (ヤマウチ ユタカ,YAMAUCHI Yutaka)

 

著書・編著
No. 著者名 書名 出版社 発行年月
1 山内 豊, 迫田久美子, 古本裕美, 倉品さやか, 近藤妙子 日本語教師のためのシャドーイング指導 くろしお出版 2019年11月
2 山内豊、 宗誠、 中川祥子 はじめての英語活動 教育同人社 2003年4月
3 山内 豊 IT時代のマルチメディア英語授業入門 研究社 2001年8月
4 投野由紀夫,山内 豊 英語語彙習得論 河源社 1997年9月
5 山内 豊 インターネット英語の速読速解 創育 1997年5月
6 山内 豊 インターネットを活用した英語授業 NTT出版 1996年12月

 

論文
No. 単著/共著 著者名 論文タイトル 雑誌名 発行年月
1 単著 山内 豊 小学校英語音声指導と評価のあり方 日本音声学会第33回全国大会発表論文集 2019年9月
2 共著 Adriana Guevara-Rukoz, Alexander Martin, Yutaka Yamauchi and Nobuaki Minematsu Prototyping a web-based phonetic training game to improve /r/-/l/ identification by Japanese learners of English Proceedings of Speech and Language Technology in Education 2019 2019年9月
3 共著 Zhang, Inoue, Saito, Minematsu, Yamauchi Computer-aided high variability phonetic training to improve robustness of learners’ listening comprehension Proceedings of International Conference of Phonetic Science 2019 2019年8月
4 共著 峯松信明, 井上雄介, 椛島優, 齋藤大輔, 金村久美, 山内豊 母語話者シャドーイングとそれに基づく「聞き取り易さ」の客観的計測 日本音声学会全国大会発表論文集 2018年9月
5 共著 椛島優, 齋藤大輔, 峯松信明, 山内豊, 伊藤佳世子 シャドーイング音声自動評価における耐雑音性向上に関する検討 日本音響学会秋季講演論文集 2018年9月
6 共著 Yutaka Yamauchi, Nobuaki Minematsu, Kayoko Ito, Megumi Nishikawa, KayHusky, Aki Kunikoshi Automatic evaluation of simultaneous L2 oral reproduction tasks with a deep learning-based algorithm Proceedings of Architectures and Mechanisms for Language Processing 2018 2018年9月
7 共著 Yusuke Inoue, Suguru Kabashima, Daisuke Saito, Nobuaki Minematsu, Kumi Kanamura, Yutaka Yamauchi A study of objective measurement of comprehensibility through native speakers' shadowing of learners' utterances Proceedings of INTERSPEECH 2018 2018年9月
8 共著 Nobuaki Minematsu, Yusuke Inoue, Suguru Kabashima, Daisuke Saito, Yutaka Yamauchi, Kumi Kanamura Natives' shadowability as objectively measured comprehensibility of non-native speech Proceedings of the 2nd International Symposium on Applied Phonetics (ISAPh2018) 2018年9月
9 共著 山内豊,伊藤佳世子,峯松信明,坪田康,西川惠 継続的なシャドーイング訓練が総合的熟達力の伸張に及ぼす影響 外国語教育メディア学会全国研究大会発表論文集 2018年8月
10 共著 峯松信明, 山内豊 音声変形技術を用いたHVTとそれに基づくリスニングの頑健化 外国語教育メディア学会全国研究大会発表論文集 2018年8月
11 共著 峯松信明, 山内豊 母語話者シャドーイングによる「聴き取りやすさ」の客観的計測 外国語教育メディア学会全国研究大会発表論文集 2018年8月
12 共著 井上雄介, 椛島優, 齋藤大輔, 峯松信明, 金村久美, 山内豊 母語話者シャドーイングに基づく非母語話者音声の了解性計測に関する予備的検討 日本音響学会春季講演論文集 2018年7月
13 共著 椛島優,齋藤大輔,峯松信明,山内豊,伊藤佳世子 シャドーイング音声自動評価における耐雑音化と回帰を用いた高精度化 情報処理学会研究発表論文集 2018年7月
14 共著 井上雄介, 椛島優, 齋藤大輔, 峯松信明, 金村久美, 山内豊 母語話者シャドーイングに基づく非母語話者音声の可解性自動計測 情報処理学会音声言語情報処理研究会発表論文集 2018年7月
15 共著 張昊宇, 井上雄介, 齋藤大輔, 峯松信明, 山内豊 音響変形を施した音声の聴取に基づく外国語理解能力の頑健化に関する実験的検討 日本音響学会春季講演論文集 2018年3月
16 共著 Haoyu Zhang, Yusuke Inoue, Daisuke Saito, Nobuaki Minematsu, Yutaka Yamauchi and Hinako Masuda Automatic speech quality control of English listening materials and examination of Japanese learners’ listening ability in terms of robustness 電子情報通信学会音声研究会発表論文集 2018年1月
17 共著 J. Yue, F. Shiozawa, S. Toyama, Y.Yamauchi, K. Ito, D. Saito , N. Minematsu Automatic scoring of shadowing speech based on DNN Posteriors and their DTW Proceedings of INTERSPEECH 2017 2017年8月
18 共著 Junwei Yue, Fumiya Shiozawa, Shohei Toyama, Yutaka Yamauchi, Kayoko Ito,Daisuke Saito, Nobuaki Minematsu DNN-based GOP and Its Application to Automatic Assessment of Shadowing Speeches Proceedings of Acoustic Society of Japan 2017年2月

 

翻訳
No. 原著者名 翻訳者 タイトル 出版社 発行年月
1 Dictionary of applied linguistics 岡秀夫、山内豊 外国語教育学大辞典 大修館書店 1999年8月

 

学会発表
No. タイトル 発表会議名 発表年月
1 Development of online digit span tests to examine how working memory relates to L2 proficiency 40th Thailand TESOL and PAC International Conference 2020 Bangkok 2020年1月
2 Validation of two productive tests compared to receptive vocabulary size and L2 overall proficiency 40th Thailand TESOL and PAC International Conference 2020 Bangkok 2020年1月
3 Validation of auditory and written grammatical judgement tests to measure grammatical knowledge and L2 proficiency 40th Thailand TESOL and PAC International Conference 2020 Bangkok 2020年1月
4 Which vocabulary size can reflect L2 overall proficiency more accurately,auditory or written? - Perspectives from the Ambiguity Tolerance Theory Applied Linguistics Conference 2019 2019年11月
5 小学校英語音声教育を考える-低年化と教科化を見すえて 日本音声学会第33回全国大会 2019年9月
6 Using artificial speaker variability in High Variability Phonetic Training 日本音響学会秋期研究発表会 2019年9月
7 Effects of continuous simultaneous oral reproduction practice on L2 overall proficiency improvement: Perspectives form the Cognitive Load Theory Architectures and Mechanisms for Language Processing 2019 2019年9月
8 Development of an online test to examine the relationship between size, recognition time and automaticity of L2 auditory and spoken vocabulary EuroCALL 2019 UC Louvain, Belgium 2019年8月
9 Computer-aided high variability phonetic training to improve robustness of learners’ listening comprehension International Conference of Phonetic Science 2019 2019年8月
10 Development and validation of an online test to measure automaticity in L2 vocabulary recognition process Asia TESL 2019 Bangkok 2019年6月
11 教室内雑音が学習者シャドーイング音声の自動評価へ及ぼす影響に関する実験的検討 電子情報通信学会音声研究会 2019年3月
12 Verification of Cognitive Load Theory: how much does continuous simultaneous oral reproduction training improve L2 overall proficiency? The American Association for Applied Linguistics Conference (AAAL 2019) 2019年3月
13 How much does automatic evaluation based on deep neural network GOP cover prosodic features in L2 oral task assessment? The American Association for Applied Linguistics Conference (AAAL 2019) 2019年3月
14 Inter-learner shadowing with speech technologies enables automatic and objective measurement of comprehensibility of learners' utterances The American Association for Applied Linguistics Conference (AAAL 2019) 2019年3月
15 Development of an online L2 vocabulary test and the relationship between spoken and written vocabulary and overall proficiency The 5th International Conference on Foreign Language Learning and Teaching (FLLT2018) 2018年12月
16 アクティブ・ラーニングによる英語発表の相互評価システムの構築 第34回日本教育工学会全国大会 2018年9月
17 Development of an innovative multi-lingual system for automatic evaluation of L2 oral reproduction tasks using a deep learning algorithm, 国際言語処理学会 Architectures and Mechanisms for Language Processing (AMLaP 2018) 2018年9月
18 Natives' shadowability as objectively measured comprehensibility of non-native speech The 2nd International Symposium on Applied Phonetics (ISAPh2018) 2018年9月

 

受賞
No. 賞名 主催団体名 受賞年月
1 Best academic presentation award Speech and Language Technology in Education 2019年9月

 

各種研究費の取得
No. 外部資金名 科研費研究種目 資金提供機関名 研究課題名
1 科研費 基盤(A) 日本学術振興会 母語話者シャドーイングを用いた発音の了解性計測に基づく外国語教育インフラの構築
2 科研費 基盤(C) 日本学術振興会 航空機操縦士訓練課程で必要な英語力の特定と自律学修システムの開発
3 科研費 挑戦的研究(萌芽) 日本学術振興会 自動評価機能とゲーム展開機能をもつ小学生向け英語シャドーイング練習システムの開発
4 科研費 基盤研究(A) 日本学術振興会 母語話者シャドーイングを用いた発音の了解性計測に基づく外国語教育インフラの構築
5 科研費 基盤(C) 日本学術振興会 海外日本語学習者の運用能力養成のためのシャドーイング教材の開発と実践研究
6 科研費 基盤研究(B) 日本学術振興会 多言語に対応できるシャドーイング自動評価システムの開発と外国語教育への応用研究
7 科研費 基盤(B) 日本学術振興会 自律的な英語シャドーイング学習を目指した自動評価と教材データベースの開発研究
8 科研費 基盤(B) 日本学術振興会 多言語に対応できるシャドーイング自動評価システムの開発と外国語教育への応用研究