創価大学

研究者情報データベース

日本語 English

TOP
所属別検索
キーワード検索
研究分野別検索
条件指定検索

創価大学
ホームページ

畝見 達夫 (ウネミ タツオ,UNEMI Tatsuo)

基本情報 研究分野 教育 研究 学内活動 学外活動

 

書籍等出版物
No.タイトル URL, 担当区分, 出版社, 出版年月, 担当範囲, ISBN 
1
Artificial Life Models in Software - second edition , , Springer-Verlag, 2013年, , 9781848822849 
2
知能工学概論 , , 昭晃堂, 1996年11月, , 4785621400 
3
人工生命の方法 : そのパラダイムと研究最前線 , , 工業調査会, 1995年11月, , 4769350961 
4
マルチメディア時代の人間と社会 : ポリエージェントソサエティ , , 日科技連出版社, 1995年11月, , 4817161787 
5
人工生命の近未来 : 新たな生をつくるテクノロジー , , 時事通信社, 1994年10月, , 4788794306 
6
人工生命の美学 : コンピュータがつくる新たな生態系 : A-life , , 洋泉社, 1994年, , 4896911350 
7
人工生命 : 情報と生命とCGの交差点 , , 共立出版, 1994年, , 4320027019 
8
インダクション : 推論・学習・発見の統合理論へ向けて , , 新曜社, 1991年, , 478850393X 
9
知識システムハンドブック , , オーム社, 1990年11月, , 4274076148 
10
インタフェースの科学 , , 共立出版, 1987年, , 4320022653 
11
法律エキスパートシステムの基礎 , , ぎょうせい, 1986年10月, , 4324006423 
12
プログラム作成支援/エディタ設計/自然言語処理/データベース , , 総研出版,星雲社 (発売), 1985年, , 4795263078 

 

論文
No.論文タイトル URL, 誌名(出版物名), 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月, DOI 
1
Population-Level Immunity for Transient Suppression of COVID-19 Waves in Japan from April 2021 to September 2022 , Vaccines, 11( 9), 1457- , 2023年09月, https://doi.org/10.3390/vaccines11091457 
2
El Niño-Southern Oscillation forecasting using complex networks analysis of LSTM neural networks , Artificial Life and Robotics, 24( 4), 445- 451, 2019年12月01日, https://doi.org/10.1007/s10015-019-00540-2 
3
Unchecked strategy diversification and collapse in continuous voluntary public good games. , CoRR, abs/1502.03779,   , 2015年,  
4
Visual Liquidizer or Virtual Merge. , Proceedings of the 33rd Annual ACM Conference Extended Abstracts on Human Factors in Computing Systems, Seoul, CHI 2015 Extended Abstracts, Republic of Korea, April 18 - 23, 2015, ,  343- 346, 2015年, https://doi.org/10.1145/2702613.2744698 
5
Automated Daily Production of Evolutionary Audio Visual Art - An Experimental Practice. , Proceedings of the Fifth International Conference on Computational Creativity, Ljubljana, Slovenia, June 10-13, 2014., ,  33- 37, 2014年,  
6
A constructive approach to the evolution of the planning ability , Investigations into Living Systems, Artificial Life, and Real-World Solutions, ,  23- 55, 2013年04月30日, https://doi.org/10.4018/978-1-4666-3890-7.ch004 
7
SBArt4 for an automatic evolutionary art. , Proceedings of the IEEE Congress on Evolutionary Computation, CEC 2012, Brisbane, Australia, June 10-15, 2012, ,  1- 8, 2012年, https://doi.org/10.1109/CEC.2012.6256600 
8
Replicator dynamics in public goods games with reward funds , JOURNAL OF THEORETICAL BIOLOGY, 287,  109- 114, 2011年10月, https://doi.org/10.1016/j.jtbi.2011.07.026 
9
A Constructive Approach to the Evolution of the Planning Ability. , IJALR, 2( 3), 22- 35, 2011年, https://doi.org/10.4018/jalr.2011070103 
10
SBArt4 - Breeding abstract animations in realtime. , Proceedings of the IEEE Congress on Evolutionary Computation, CEC 2010, Barcelona, Spain, 18-23 July 2010, ,  1- 6, 2010年, https://doi.org/10.1109/CEC.2010.5586293 
11
Simulated breeding: A framework of breeding artifacts on the computer , Artificial Life Models in Software (Second Edition), ,  371- 392, 2009年, https://doi.org/10.1007/978-1-84882-285-6_12 
12
Identity SA 1.6: an artistic software that produces a deformed audiovisual reflection based on a visually interactive swarm. , Proceedings of the International Conference on Advances in Computer Entertainment Technology, ACE 2008, Yokohama, Japan, December 3-5, 2008, ,  297- 300, 2008年, https://doi.org/10.1145/1501750.1501821 
13
Electronic supplementary material: Probabilistic participation in public goods games , PROCEEDINGS OF THE ROYAL SOCIETY B-BIOLOGICAL SCIENCES, 274( 1625), 2639- U8, 2007年10月,  
14
MediaFlies - An Interactive Flocking Based Tool for the Remixing of Media. , Proceedings of the Nineteenth International Florida Artificial Intelligence Research Society Conference, Melbourne Beach, Florida, USA, May 11-13, 2006, ,  221- 226, 2006年,  
15
Simulated breeding - A framework of breeding artifacts on the computer , Artificial Life Models in Software, ,  301- 322, 2005年, https://doi.org/10.1007/1-84628-214-4_12 
16
Embedding movie into SBART - breeding deformed movies. , Proceedings of the IEEE International Conference on Systems, Man & Cybernetics: The Hague, Netherlands, 10-13 October 2004, ,  5760- 5764, 2004年, https://doi.org/10.1109/ICSMC.2004.1401113 
17
Simulated breeding - A framework of breeding artifacts on the computer , Kybernetes, 32( 1-2), 203- 220, 2003年,  
18
An IEC-based support system for font design. , Proceedings of the IEEE International Conference on Systems, Man & Cybernetics: Washington, D.C., USA, 5-8 October 2003, ,  968- 973, 2003年, https://doi.org/10.1109/ICSMC.2003.1243940 
19
War and Peace among Artificial Nations - A Model and Simulation Based on a Two-Layered Multi-agent System. , Advances in Artificial Life, 7th European Conference, ECAL 2003, Dortmund, Germany, September 14-17, 2003, Proceedings, ,  146- 153, 2003年, https://doi.org/10.1007/978-3-540-39432-7_16 
20
SBART 2.4: An IEC tool for creating two-dimensional images, movies and collages , Leonardo, 35( 2), 189- 191, 2002年04月, https://doi.org/10.1162/00240940252940577 
21
Partial breeding - A method of IEC for well-structured large scale target domains , Proceedings of the IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics, 4,  547- 550, 2002年,  
22
A tool for composing short music pieces by means of breeding. , Proceedings of the IEEE International Conference on Systems, Man & Cybernetics: "e-Systems and e-Man for Cybernetics in Cyberspace", Tucson, Arizona, USA, 7-10 October 2001, ,  3458- 3463, 2001年, https://doi.org/10.1109/ICSMC.2001.972055 
23
Episode-based reinforcement learning - an instance-based approach for perceptual aliasing , Proceedings of the IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics, 5,   , 1999年,  
24
SBART 2.4: breeding 2D CG images and movies and creating a type of collage. , Third International Conference on Knowledge-Based Intelligent Information Engineering Systems, KES 1999, Adelaide, South Australia, 31 August - 1 September 1999, Proceedings, ,  288- 291, 1999年, https://doi.org/10.1109/KES.1999.820180 
25
Robust planning and control system handling fuzziness , IEEE International Conference on Fuzzy Systems, 3,  1701- 1706, 1995年,  
26
Cooperation among multiple mobile robots using intention inference , IEEE International Conference on Fuzzy Systems, 3,  1707- 1712, 1995年,  
27
Behavior-based intention inference for intelligent robots cooperating with human , IEEE International Conference on Fuzzy Systems, 3,  1695- 1700, 1995年,  
28
On the relation between human and robots in the future - a perspective from fuzzy engineering and artificial life , IEEE International Conference on Fuzzy Systems, 3,  1689- 1694, 1995年,  
29
Fast and feasible reinforcement learning algorithm , IEEE International Conference on Fuzzy Systems, 3,  1713- 1718, 1995年,  
30
Toward human-friendly robot systems , IEEE International Conference on Fuzzy Systems, 5,  15- 16, 1995年,  
31
Placing Objects with Multiple Mobile Robots - Mutual Help Using Intention Inference. , Proceedings of the 1995 International Conference on Robotics and Automation, Nagoya, Aichi, Japan, May 21-27, 1995, ,  2181- 2186, 1995年, https://doi.org/10.1109/ROBOT.1995.525583 
32
A study of a method for intention inference from human's behavior , Proceedings of 1993 2nd IEEE International Workshop on Robot and Human Communication, RO-MAN 1993, ,  142- 145, 1993年, https://doi.org/10.1109/ROMAN.1993.367733 
33
Planning architecture for intelligent robot: fuzzy memory-based reasoning for real-time planning/control , IECON Proceedings (Industrial Electronics Conference), 1,  165- 169, 1993年,  
34
実例に基づく強化学習法による失敗しない制御方法の学習 , 人工知能学会誌 = Journal of Japanese Society for Artificial Intelligence, 7( 6), 1001- 1008, 1992年11月01日,  
35
実例に基づく強化学習法 , 人工知能学会誌 = Journal of Japanese Society for Artificial Intelligence, 7( 4), 697- 707, 1992年07月01日,  
36
On Inductive Learning for Three Kinds of Data Structures. , Algorithmic Learning Theory, First International Workshop, ALT '90, Tokyo, Japan, October 8-10, 1990, Proceedings, ,  120- 133, 1990年,  

 

MISC
No.MISCタイトル URL, 誌名, 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月(日) 
1
模擬的な誘引物質と忌避物質の分布を用いた群れ行動およびその現代バレェ舞台効果への応用 , 第51回知能システムシンポジウム, ,  87- 91, 2024年03月 
2
Interaction with a Memory Landscape , the 26th Generative Art Conference, ,  131- 136, 2023年12月 
3
Greedy Agents and Interfering Humans , Proceedings of the 10th Conference on Computation, Communication, Aesthetics & X, ,  363- 367, 2023年07月 
4
Greedy Agents and Interfering Humans -- An artwork making humans meddle with a life in the machine , Proceedings of the 2023 Artificial Life Conference, ,  36- 36, 2023年07月 
5
芸術のための強化学習の視覚化の試み , 知能システムシンポジウム資料, 50,  132- 135, 2023年03月 
6
計算美学尺度を用いた抽象画像自動生成の試み (特集 AIと美学・芸術) , 人工知能 : 人工知能学会誌 : journal of the Japanese Society for Artificial Intelligence, 33( 6), 727- 734, 2018年11月 
7
計算美学尺度と進化計算法による抽象動画の全自動制作の試み , 人工知能学会全国大会論文集, 28,  1- 4, 2014年 
8
感性情報に基づいた音色作成支援システムの設計 , 研究会講演予稿, 265,  258- 261, 2013年03月15日 
9
3次元群れ行動シミュレーションの高速アルゴリズム , 研究会講演予稿, 265,  74- 77, 2013年03月15日 
10
3次元群れ行動シミュレーションの高速アルゴリズム , 映像情報メディア学会技術報告, 37( 17), 77- 80, 2013年03月08日 
11
A Constructive Approach to the Evolution of the Planning Ability , International Journal of Artificial Life Research, 2( 3), 22- 35, 2013年 
12
ビデオ編集のための群れの高速描画法(ポスター展示(エンターテインメント・アニメーション),映像表現フォーラム) , 映像情報メディア学会技術報告, 36( 0), 71- 74, 2012年 
13
人工生命を使うインタラクティブメディア (特集 コンピュータアート) , 理大科学フォーラム, 27( 7), 15- 20, 2010年07月 
14
Evolution of cooperation in public goods games with probabilistic participation (第4回生物数学の理論とその応用 RIMS研究集会報告集) , 数理解析研究所講究録, 1597( 1597), 225- 229, 2008年05月 
15
マルチエージェントシステムを用いた指示系統の構造評価 : 災実救助 , 自律分散システム・シンポジウム資料 = SICE Symposium on Decentralized Autonomous Systems, 18,  1- 4, 2006年01月26日 
16
人工生命と実生命の視覚レベルにおける相互作用の試み : 感情を表現する群れエージェント , 自律分散システム・シンポジウム資料 = SICE Symposium on Decentralized Autonomous Systems, 18,  223- 226, 2006年01月26日 
17
特集「生成的システム」の掲載にあたって , 計測と制御 = Journal of the Society of Instrument and Control Engineers, 44( 1), 2- 5, 2005年01月10日 
18
模擬育種法のCGおよび音楽応用とインタフェース , 計測と制御 = Journal of the Society of Instrument and Control Engineers, 44( 1), 58- 63, 2005年01月10日 
19
生成的システム(Generative System) , 知能と情報, 17( 4), 439- 439, 2005年 
20
模擬育種法による作曲支援システムの試み-多数パートへの拡張 , 情報処理学会研究報告. MUS,[音楽情報科学], 45( 40), 133- 138, 2002年05月18日 
21
自律的補強システムのモデル化 , 自律分散システム・シンポジウム資料 = SICE Symposium on Decentralized Autonomous Systems, 14,  283- 286, 2002年01月25日 
22
進化計算のアートへの応用 , 電子情報通信学会技術研究報告. AI, 人工知能と知識処理, 101( 66), 71- 78, 2001年05月11日 
23
感性情報を用いた演奏の表情付けシステムの設計 , 知能システムシンポジウム資料, 27,  145- 148, 2000年03月23日 
24
先天的行動制約のもとでの強化学習 , 知能システムシンポジウム資料, 27,  107- 110, 2000年03月23日 
25
システム・情報部門シンポジウム1999開催報告 , 計測と制御 = Journal of the Society of Instrument and Control Engineers, 39( 3), 228- 228, 2000年03月10日 
26
人と共同作業を行う自律移動ロボット群の設計の試み-国際ファジィ工学研究所での研究事例 , 計測と制御 = Journal of the Society of Instrument and Control Engineers, 38( 6), 385- 389, 1999年06月10日 
27
エピソードに基づく強化学習法による隠れ状態問題への接近(2) , 知能システムシンポジウム資料, 26,  115- 120, 1999年03月24日 
28
種分化発生機構を持つ遺伝的アルゴリズムと協調問題解決への応用の試み , 知能システムシンポジウム資料, 26,  151- 156, 1999年03月24日 
29
対話型進化計算法の研究動向(<論文特集>対話型進化計算法) , 人工知能学会誌 = Journal of Japanese Society for Artificial Intelligence, 13( 5), 692- 703, 1998年09月01日 
30
論文特集「対話型進化計算法」にあたって , 人工知能学会誌 = Journal of Japanese Society for Artificial Intelligence, 13( 5), 691- 691, 1998年09月01日 
31
マルチエージェント進化 , 人工知能学会誌 = Journal of Japanese Society for Artificial Intelligence, 13( 2), 324- 324, 1998年03月01日 
32
ECAL'97の報告 , 人工知能学会誌 = Journal of Japanese Society for Artificial Intelligence, 13( 2), 322- 323, 1998年03月01日 
33
創価大学工学部情報システム学科 畝見研究室 , 人工知能学会誌 = Journal of Japanese Society for Artificial Intelligence, 13( 2), 320- 321, 1998年03月01日 
34
進化発達系における形態の多様性へのアプローチ , 自律分散システム・シンポジウム資料 = SICE Symposium on Decentralized Autonomous Systems, 10,  325- 330, 1998年01月20日 
35
人工生命研究は何をもたらしたか (特集 生命科学とコンピュ-タ--21世紀の情報科学) , Computer today, 14( 6), 8- 13, 1997年11月 
36
人工生命研究のポリエージェント的側面 , オペレーションズ・リサーチ : 経営の科学 = [O]perations research as a management science [r]esearch, 42( 9), 604- 609, 1997年09月01日 
37
進化ロボット群についての種分化分析 , 自律分散システム・シンポジウム資料 = SICE Symposium on Decentralized Autonomous Systems, 9,  135- 140, 1997年01月16日 
38
第7回知能工学部会講演会と第23回知能システムシンポジウムを開催して , 計測と制御 = Journal of the Society of Instrument and Control Engineers, 35( 10), 817- 817, 1996年10月10日 
39
IBQL : 実例に基づくQ学習 , ファジィシステムシンポジウム講演論文集, 12,  887- 890, 1996年06月04日 
40
進化する自律移動ロボット群の設計に向けて , 知能システムシンポジウム資料, 23,  41- 46, 1996年03月22日 
41
代謝と環境制約を考慮した単純な発達システムの進化 , 知能システムシンポジウム資料, 23,  63- 68, 1996年03月22日 
42
8.講演(4)「あいまいさを伴う知識を有効利用可能なプランニングアーキテクチャ」(『言いたい放題の合宿合同研究会(パート2)』ファジィ推論とエキスパート・システム 第17回研究会(第6回ワークショップ)評価問題 第7回研究会(第2回ワークショップ)) , 日本ファジィ学会誌, 7( 2), 285- 285, 1995年04月15日 
43
9.講演(5)「あいまいな環境における高速かつ確実な強化学習アルゴリズム」(『言いたい放題の合宿合同研究会(パート2)』ファジィ推論とエキスパート・システム 第17回研究会(第6回ワークショップ)評価問題 第7回研究会(第2回ワークショップ)) , 日本ファジィ学会誌, 7( 2), 285- 285, 1995年04月15日 
44
星野 力 編著 : 人現生命の夢と悩み-コンピュータの中の知能と行動の進化, 裳華房 (1994). , 人工知能学会誌 = Journal of Japanese Society for Artificial Intelligence, 10( 2), 322- 322, 1995年03月01日 
45
強化学習法とロボットへの応用 , 日本ロボット学会誌, 13( 1), 51- 56, 1995年01月15日 
46
人間と協調作業をする分散ロボット(<特集>ファジィ思考によるヒューマンフレンドリシステムへの挑戦 : LIFE6年間の活動を終えて) , 日本ファジィ学会誌, 7( 4), 747- 752, 1995年 
47
強化学習 , 日本ファジィ学会誌, 6( 6), 1142- 1142, 1994年12月15日 
48
強化学習 , 計測と制御 = Journal of the Society of Instrument and Control Engineers, 33( 11), 979- 979, 1994年11月10日 
49
強化学習 (<小特集>「最近の機械学習」) , 人工知能学会誌 = Journal of Japanese Society for Artificial Intelligence, 9( 6), 830- 836, 1994年11月01日 
50
遺伝的アルゴリズムとコンピュータグラフィクスアート (<小特集>「遺伝的アルゴリズムの新しい潮流」) , 人工知能学会誌 = Journal of Japanese Society for Artificial Intelligence, 9( 4), 518- 523, 1994年07月01日 
51
11.一般講演9…ファジィマッチングを用いたロボットの行動計画と制御(関東支部 第2回ワークショップ実施報告) , 日本ファジィ学会誌, 6( 3), 531- 531, 1994年06月15日 
52
3次元ユークリッド空間上の単純な発達システムとその進化 , 情報処理学会研究報告. 人工知能研究会報告, 94( 20), 25- 30, 1994年03月08日 
53
進化する成長システムのシミュレーション(<小特集>人工生命) , シミュレーション, 13( 4), 311- 316, 1994年 
54
コンピュ-タ・ウイルス増殖の論理 (ウイルス・ウォ-ズ<特集>) , 科学朝日, 53( 11), p28- 31, 1993年11月 
55
Lin, L.-J. : Scaling Up Reinforcament Learning for Robot Control, Proc. of 10th Int. Conf. on Machine Learning, pp.182-189 (1993). , 人工知能学会誌 = Journal of Japanese Society for Artificial Intelligence, 8( 5),  , 1993年09月01日 
56
GAの制御への応用 , 計測と制御 = Journal of the Society of Instrument and Control Engineers, 32( 1), 58- 62, 1993年01月10日 
57
Collective Behavior of Reinforcement Learning Agents , Proc. 1993 IEEE/Nagoya University WWW on Learning and Adaptive System, ,  92- 97, 1993年 
58
ALifeとAnimatが面白い , 情報処理学会研究報告知能と複雑系(ICS), 1992( 51), 7- 8, 1992年07月09日 
59
ALifeにとって並列/分散/協調は必須である , 情報処理学会研究報告知能と複雑系(ICS), 1991( 62), 181- 182, 1991年07月17日 
60
記憶に基づく学習への帰納学習の埋め込みについて , 情報処理学会研究報告知能と複雑系(ICS), 1991( 42), 1- 10, 1991年05月22日 
61
環境適応のためのチャンキングメカニズム , 情報処理学会研究報告知能と複雑系(ICS), 1991( 3), 29- 38, 1991年01月17日 
62
記憶に基づく離散時系列の学習と環境適応シミュレーションへの応用 , Workshop on Learning 1991, 北海道札幌市手稲, ,   , 1991年 
63
<報告>キャンパス情報処理ネットワ-クの運用と研究環境の拡張 , 長岡技術科学大学研究報告, 12( 12), 71- 76, 1990年12月 
64
暗記学習のための記憶管理方式について , 情報処理学会研究報告知能と複雑系(ICS), 1990( 70), 1- 10, 1990年09月12日 
65
予測と反省に基づく時系列の暗記学習 , 情報処理学会研究報告知能と複雑系(ICS), 1990( 32), 1- 8, 1990年05月09日 
66
テリー・ウィノグラード,フェルナンド・フローレス(著),平賀 譲(訳) : コンピュータと認知を理解する : 人工知能の限界と新しい設計理念,産業図書. , 人工知能学会誌 = Journal of Japanese Society for Artificial Intelligence, 4( 6), 727- 728, 1989年11月20日 
67
離散時系列の暗記学習メカニズムと試験例題への応用 , 情報処理学会研究報告知能と複雑系(ICS), 1989( 91), 1- 8, 1989年11月08日 
68
アジェンダ・コントロールに基づく並行実行Prolog , 情報処理学会研究報告知能と複雑系(ICS), 1987( 63), 1- 8, 1987年09月17日 
69
人工知能とプログラミングの接点 (<特集>「知的プログラミングの基礎」) , 人工知能学会誌 = Journal of Japanese Society for Artificial Intelligence, 2( 3), 282- 288, 1987年09月01日 
70
知識工学の基礎と応用-3-Prologによる知識ベ-スシステムの実現 , 計測と制御, 24( 5), p439- 449, 1985年05月 
71
知識工学の基礎と応用 [第3回]:Prolog による知識ベースシステムの実現 , 計測と制御, 24( 5), 439- 448, 1985年 
72
参考文献解析エキスパートシステム , 情報処理学会研究報告知能と複雑系(ICS), 1984( 2), 1- 8, 1984年05月08日 

 

講演・口頭発表等
No.講演・口頭発表タイトル, 会議名, 発表年月日, 主催者, 開催地 
1
芸術のための強化学習の視覚化の試み, 知能システムシンポジウム資料, 2023年03月, ,  
2
Individual-based Epidemic Simulator and Its Visualization as Generative Art, 25th Generative Art Conference, 2022年12月13日, ,  
3
Individual-based epidemic simulator with vaccination and virus variants for scenario analysis, The 27th International Symposium on Artificial Life and Robotics 2022, 2022年01月25日, ,  
4
An Individual-based Epidemic Simulator, The 26th International Symposium on Artificial Life and Robotics, 2021年01月21日, ,  
5
計算美学尺度と進化計算法による抽象動画の全自動制作の試み, 人工知能学会全国大会論文集, 2014年, ,  
6
3次元群れ行動シミュレーションの高速アルゴリズム, 研究会講演予稿, 2013年03月15日, ,  
7
感性情報に基づいた音色作成支援システムの設計, 研究会講演予稿, 2013年03月15日, ,  
8
The method of introducing BOIDS simulation as a Visual Effect, Art and Science Forum 2012, 2013年, ,  
9
3次元群れ行動シミュレーションの高速アルゴリズム(ポスター(CG),映像表現・芸術科学フォーラム2013), 映像情報メディア学会技術報告, 2013年, ,  
10
感性情報に基づいた音色作成支援システムの設計(ポスター(生活支援・アート・可視化),映像表現・芸術科学フォーラム2013), 映像情報メディア学会技術報告, 2013年, ,  
11
終わりのない進化的動画&mdash;計算美学尺度に基づく進化計算による抽象動画の実時間生成, 第27回 NICOGRAPH 論文コンテスト, 2013年, ,  
12
ビデオ編集のための群れの高速描画法, 芸術科学フォーラム2012, 2013年, ,  
13
SBArt4 - Breeding and Evolving Abstract Images and Animations, International Symposium on Computational Aesthetics in Graphics, Visualization, and Imaging, 2013年, ,  
14
自動アートおよび実演ツールとしての SBArt4, 進化計算シンポジウム2011, 2013年, ,  
15
From Shared Presence to Hybrid Identity, Consciousness Reframed 12, 2013年, ,  
16
Never Ending Evolutionary Movie - real-time production of abstract animations by an evolutionary computation based on a computational aesthetic measures, 27th NICOGRAPH Autumn, 2013年, ,  
17
SBArt4 as Automatic Art and Live Performance Tool, Evolutionary Computation Symposium 2011, 2013年, ,  
18
SBArt4 as Automatic Art and Live Performance Tool, 14th Generative Art Conference, 2013年, ,  
19
SBArt4 - Breeding and Evolving Abstract Images and Animations, International Symposium on Computational Aesthetics in Graphics, Visualization, and Imaging, 2013年, ,  
20
From Shared Presence to Hybrid Identity, Consciousness Reframed 12, 2013年, ,  
21
SBArt4 as Automatic Art and Live Performance Tool, 14th Generative Art Conference, 2013年, ,  
22
ポリエージェントシステムにおける二階層組織のダイナミクス, 計測自動制御学会 部門大会/部門学術講演会資料, 2002年, ,  
23
マルチエージェント型人工社会モデルによる共有財のジレンマについての研究, 計測自動制御学会 部門大会/部門学術講演会資料, 2002年, ,  
24
先天的行動制約のもとでの強化学習, 知能システムシンポジウム資料, 2000年03月23日, ,  
25
感性情報を用いた演奏の表情付けシステムの設計, 知能システムシンポジウム資料, 2000年03月23日, ,  
26
種分化発生機構を持つ遺伝的アルゴリズムと協調問題解決への応用の試み, 知能システムシンポジウム資料, 1999年03月24日, ,  
27
エピソードに基づく強化学習法による隠れ状態問題への接近(2), 知能システムシンポジウム資料, 1999年03月24日, ,  
28
ALifeとAnimatが面白い, 情報処理学会研究報告知能と複雑系(ICS), 1992年07月09日, ,  
29
実例に基づく強化学習法, 情報処理学会研究報告知能と複雑系(ICS), 1991年09月12日, ,  
30
ALifeにとって並列/分散/協調は必須である, 情報処理学会研究報告知能と複雑系(ICS), 1991年07月17日, ,  
31
記憶に基づく学習への帰納学習の埋め込みについて, 情報処理学会研究報告知能と複雑系(ICS), 1991年05月22日, ,  
32
環境適応のためのチャンキングメカニズム, 情報処理学会研究報告知能と複雑系(ICS), 1991年01月17日, ,  
33
暗記学習のための記憶管理方式について, 情報処理学会研究報告知能と複雑系(ICS), 1990年09月12日, ,  
34
予測と反省に基づく時系列の暗記学習, 情報処理学会研究報告知能と複雑系(ICS), 1990年05月09日, ,  
35
離散時系列の暗記学習メカニズムと試験例題への応用, 情報処理学会研究報告知能と複雑系(ICS), 1989年11月08日, ,  
36
アジェンダ・コントロールに基づく並行実行Prolog, 情報処理学会研究報告知能と複雑系(ICS), 1987年09月17日, ,  
37
参考文献解析エキスパートシステム, 情報処理学会研究報告知能と複雑系(ICS), 1984年05月08日, ,  
38
拡張LINGOLのn進木への拡張, 情報処理学会研究報告自然言語処理(NL), 1980年04月18日, ,  

 

受賞
No.受賞年月, 授与機関, 賞名, (対象業績)タイトル 
1
2018年03月, 文化庁, メディア芸術祭アート部門優秀賞, 進化する恋人たちの社会における高速伝記 
2
2018年01月, International Society of Artificial Life and Robotics, Best Paper Award, LoversFlow v2: an individual-based evo-eco simulator on sexual dimorphism – A challenge toward evolutionary aesthetics 
3
2016年07月, International Society for Artificial Life, Best Artwork Award, Visual Liquidizer or Virtual Merge 
4
2011年05月, WRO Art Center, Audience Prize, Cycles 
5
2007年03月, 文化庁, メディア芸術祭アート部門優秀賞, MediaFlies 
6
2006年11月, Telefonica Foundation, Honorary Mention, Flocking Messengers 

 

共同研究・競争的資金等の研究課題
No.提供機関, 制度名, 課題名等, 資金種別, 研究期間 
1
日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 連続空間に配置されたマルチエージェントによる感染シミュレーション, ,  2021年04月 - 2024年03月 
2
日本学術振興会, 科学研究費補助金, 人工社会の技法に基づく生成的インタラクティブアートの実装技術に関する研究, 競争的資金,  2009年 - 2011年 
3
, Grant-in-Aid for Scientific Research, A study on implementation technologies for a generative-interactive art based on techniques of artificial societies, 競争的資金,  2009年 - 現在 
4
日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 進化計算を用いた分散適応型インタラクティブアートの実装技術に関する研究, ,  2005年 - 2008年 
5
日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 創発的適応・学習に関する理論とその応用, ,  1997年 - 1997年 
6
日本学術振興会, 科学研究費助成事業, プログラム変換に基づいた知識処理マシンの作成, ,  1995年 - 1997年 
7
日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 実例に基づく強化学習法による適応行動発生に関する基礎研究, ,  1994年 - 1994年 
8
, , 人工生命技術を利用したメディアアート, 競争的資金,  1993年 - 現在 
9
日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 様々なデータ型のための帰納学習アルゴリズム, ,  1993年 - 1994年 
10
, , Applications of Artificial Life Technologies in Media Art, 競争的資金,  1993年 - 現在 
11
日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 様々なデータ型のための帰納学習アルゴリズム, ,  1992年 - 1992年 
12
日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 様々なデ-タ型のための帰納学習アルゴリズム, ,  1991年 - 1991年 
13
日本学術振興会, 科学研究費助成事業, ユーザー定義オブジェクトを基礎とした制約論理型言語の作成, ,  1990年 - 1991年 
14
日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 継承階層prologを核とした知識表現言語の作成, ,  1988年 - 1989年 

 

Works(作品等)
No.作品名, 作品分類, 発表年月, 発表場所(開催地) 
1
Greedy Agents and Interfering Humans, 芸術活動,  2023年07月 - 現在,  
2
個体ベース感染シミュレーション, 芸術活動,  2021年12月 - 2021年12月, 人工知能美学芸術展 アンフォルメル中川村美術館 
3
計算機が創作した進化的抽象動画集からの計算機による選集 #2, 芸術活動,  2021年12月 - 2021年12月, 人工知能美学芸術展 アンフォルメル中川村美術館 
4
進化するエビたちの恋, 芸術活動,  2019年09月 - 現在, 黄金町バザール(横浜), 生成的芸術国際会議(ローマ),ヨコハマトリエンナーレ2020(横浜) 
5
進化する恋人たちの社会における高速伝記, 芸術活動,  2017年12月 - 現在, GA2017 Ravenna, JMAF Tokyo, xCoAx Madrid, Salo del Manga Barcelona, JMAF Sukagawa, ISEA 2019 Gwangju, JMAF Kochi 2022, JMAF Oosaka Nakanoshima 2022 
6
Cycles (WRO 2011), 芸術活動,  2011年05月 - 2011年06月, Pasaż Pokoyhoff, Wrocław, Poland 
7
SBArt4 breeding on site, 芸術活動,  2011年 - 現在,  
8
SBArt4 breeding on site, 芸術活動,  2011年 - 現在,  
9
Cycles, 芸術活動,  2011年 - 現在,  
10
Cycles (lab.30), 芸術活動,  2010年11月 - 2010年11月, Kulturhaus Abraxas, Augsburg, Germany 
11
Cycles (ISEA RUHR 2010 Exhibition), 芸術活動,  2010年08月 - 2010年09月, Museum für Kunst und Kulturgeschichte Dortmund, Germany 
12
人工生命を使うインタラクティブメディア, ,  2010年 - 現在,  
13
Interactive Media that utilize Artificial Life, ,  2010年 - 現在,  

 

研究プロジェクトへの参加
No.プロジェクト名, 参加開始年月 
1
ポストコロナ時代の実現に向けた主要技術の実証・導入に向けた調査研究,  2021年05月 - 2022年03月 
2
AI等技術を活用したシミュレーション開発,  2020年09月 - 2022年03月