創価大学

研究者情報データベース

日本語 English

TOP
所属別検索
キーワード検索
研究分野別検索
条件指定検索

創価大学
ホームページ

木下 フローラ聖子 (キノシタ フローラキヨコ,AOKI-KINOSHITA Kiyoko)

基本情報 研究分野 教育 研究 学内活動 学外活動

 

授業科目
No.授業科目名 
1
データ構造:情報 
2
プロジェクト・スタディーズB:理工 
3
先端理工学トピックス 
4
プログラミング演習I:生命 
5
ケーススタディI:理工 
6
生命情報工学演習III 
7
卒業演習II 
8
卒業研究I:理工 
9
卒業研究II:理工 
10
バイオインフォマティクス演習 
11
ゲノム情報科学 
12
バイオプログラミング 
13
Japan Studies Program Engineering and Natural Sciences I 
14
生命情報工学特別研究 
15
生命情報工学特別研究 
16
データ解析演習 
17
英語論文作成演習 
18
先端研究I 
19
先端研究II 
20
生命理学特別演習V 
21
生命理学特別演習VI 
22
生命理学特別演習VII 
23
生命理学特別演習VIII 
24
生命情報工学特別演習IX 
25
生命情報工学特別演習IX 
26
生命情報工学特別演習X 
27
生命理学特別研究V 
28
生命理学特別研究VI 
29
生命理学特別研究VII 
30
生命理学特別研究VIII 
31
生命情報工学特別研究IX 
32
生命情報工学特別研究IX 
33
生命情報工学特別研究X 
34
生命情報科学総論 
35
生命理学特別演習I 
36
生命理学特別演習I 
37
生命理学特別演習II 
38
生命理学特別演習III 
39
生命理学特別演習III 
40
生命理学特別演習IV 
41
生命理学特別研究I 
42
生命理学特別研究I 
43
生命理学特別研究II 
44
生命理学特別研究III 
45
生命理学特別研究III 
46
生命理学特別研究IV 
47
アルゴリズムの設計と解析A 
48
生命情報工学演習III 
49
生命情報工学演習IV 
50
卒業研究I:理工 
51
卒業研究II:理工 
52
データ構造:情報 
53
プロジェクト・スタディーズB:理工 
54
先端理工学トピックス 
55
プログラミング演習I:生命 
56
生命情報工学演習I 
57
生命情報計算機演習 
58
ゲノム情報科学 
59
バイオ・プログラミング 
60
Japan Studies Program Engineering and Natural Sciences I 
61
生命情報工学特別演習V 
62
生命情報工学特別演習VI 
63
生命情報工学特別演習VII 
64
生命情報工学特別演習VIII 
65
生命情報工学特別演習IX 
66
生命情報工学特別演習X 
67
生物情報工学特別研究 
68
生命情報工学特別研究V 
69
生命情報工学特別研究VI 
70
生命情報工学特別研究VII 
71
生命情報工学特別研究VIII 
72
生命情報工学特別研究IX 
73
生命情報工学特別研究X 
74
英語論文作成演習 
75
先端研究II 
76
生命情報工学特別演習VIII 
77
生物情報工学特別研究 
78
生命情報工学特別研究VIII 
79
データ解析演習 
80
先端研究I 
81
英語論文作成演習 
82
生命情報科学総論 
83
生命情報工学特別演習 
84
生命理学特別演習I 
85
生命理学特別演習II 
86
生命理学特別演習III 
87
生命情報工学特別演習IV 
88
生命情報工学特別実験 
89
生命理学特別研究I 
90
生命理学特別研究II 
91
生命理学特別研究III 
92
生命情報工学特別研究IV 
93
生命情報工学特別演習 
94
生命理学特別演習I 
95
生命理学特別演習III 
96
生命情報工学特別実験 
97
生命理学特別研究I 
98
生命理学特別研究III 
99
アルゴリズムの設計と解析A 

 

教育方法の実践例
No.概要, 年度 
1
最初の頃の授業で、学生を2-3人組にランダムに分ける。講義内容は10分~15分ずつに分けて、講義した内容について確認するための質問を出し、10分~15分毎に各組で質問の答え合わせを行う。こうすることによって、お互いに講義内容を説明する必要があるので、よりよく理解を深めることができる。毎週課題も出す。, 2009年度 

 

FD活動への参加
No.実施年月, 主催団体名, 研修名 
1
2020年01月, 男女共同参画推進センター, 女性教員サロン