創価大学

研究者情報データベース

日本語 English

TOP
所属別検索
キーワード検索
研究分野別検索
条件指定検索

創価大学
ホームページ

西原 祥子 (ニシハラ シヨウコ,NISHIHARA Shoko)

基本情報 研究分野 教育 研究 学内活動 学外活動

 

書籍等出版物
No.タイトル URL, 担当区分, 出版社, 出版年月, 担当範囲, ISBN 
1
Glycoscience: Basic Science to Applications -Insights from the Japan Consortium for Glycobiology and Glycotechnology , 共著, Springer, 2019年08月01日, 100-101, 191-193, 200-201, 232, 9789811358555 
2
未来を創るグライコサイエンス-我が国のロードマップ- , 共著, 日本糖鎖コンソーシアム, 2018年05月01日, p.57-61, p66-68, p.85, p.220-221, p.296-297,  
3
Molecular dissection of biological effects for mouse embryonic stem cells differentiation treated by low-temperature atmospheric-pressure plasma (APP). , 共著, Academic Press, 2018年04月01日, 353-359,  
4
ショウジョウバエが解き明かす、糖鎖による、発生とシグナル伝達の制御. 糖鎖の新機能開発・応用ハンドブック. 秋吉一成監修 , 共著, エヌ・ティー・エス, 2015年01月01日, 226-229,  
5
Accelerated neural differentiation of human induced pluripotent stem cells using chlorate treatment. Stem cells and cancer stem cells-Therapeutic applications in disease and injury edited by Hayat M. A. , 単著, Springer, 2012年06月01日, 249-257,  
6
Stem cells and cancer stem cells: Therapeutic applications in disease and injury , 共著, Springer, 2012年, Accelerated neural differentiation of human induced pluripotent stem cells using chlorate treatment,  
7
"The function of glycan structures for the maintenance and differentiation of embryonic stem cells", Embryonic Stem Cells: The hormonal regulation of pluripotency and embryogenesis, edited by Craig S. Atowood , 単著, INTECH, 2011年03月01日, Part 1, Chapter 6, 101-124,  
8
Embryonic Stem Cells: The hormonal regulation of pluripotency and embryogenesis , 分担執筆, INTECH, 2011年, The function of glycan structures for the maintenance and differentiation of embryonic stem cells. Part 1, Chapter 6, 101-124.,  
9
基礎生化学 , 共著, 東京化学同人, 2010年01月01日, 448-469, 477-493,  
10
ショウジョウバエによって解明される糖鎖の役割. 第3の生命鎖 糖鎖の謎が今、解る、古川鋼一編 , 単著, クバプロ, 2009年02月01日, 138-144,  
11
第3の生命鎖 糖鎖の謎が今、解る , 分担執筆, , 2009年, ショウジョウバエによって解明される糖鎖の役割.E章,138-144,  
12
"Nucleotide sugar transporter genes and their functional analysis", Experimental Glycoscience - Glycobiology, edited by Naoyuki Taniguchi et al. , 単著, Springer, 2008年01月01日, Part1, Section III,103-107,  
13
"Functional analysis of sugar chains using a genome-wide RNAi system in Drosophila", Experimental Glycoscience - Glycobiology, edited by Naoyuki Taniguchi et al. , 単著, Springer, 2008年01月01日, Part2, Section XIV, 285-289,  
14
Experimental Glycoscience - Glycobiology , 分担執筆, Springer, 2008年, (1)Nucleotide sugar transporter genes and their functional analysis.Part1, Section III, 103-107. (2)Functional analysis of sugar chains using a genome-wide RNAi system in Drosophila. Part2, Section XIV, 285-89.,  
15
Drosophila development, RNAi, and glycobiology. Comprehensive Glycoscience - From Chemistry to Systems Biology, edited by Johannis P Kamerling et al. , 単著, Elsevier, 2007年12月01日, 4.05, 49-79.,  
16
Comprehensive Glycoscience - From Chemistry to Systems Biology , 監修, Elsevier, 2007年, Drosophila development, RNAi, and glycobiology. 4.05, 49-79.,  
17
糖ヌクレオチド輸送体遺伝子の取得と機能解析. 未来を拓く糖鎖科学 永井克孝監修. , 単著, メテオ・メディカルブックセンター, 2005年11月01日, 3-3, 191-193,  
18
ショウジョウバエの糖鎖と発生. 糖鎖科学の新展開 谷口直之・伊藤幸成編. , 共著, エヌ・ティ-・エス, 2005年08月01日, 12-2, 318-324,  
19
未来を拓く糖鎖科学 , 分担執筆, , 2005年, (1)糖ヌクレオチド輸送体遺伝子の取得と機能解析.3章3節,191-193. (2)ショウジョウバエRNAiシステムを用いたゲノムワイドな糖鎖機能解析. 4章9-1節,323-325.,  
20
糖鎖科学の新展開 , , , 2005年, ショウジョウバエの糖鎖と発生. 12章2節, 318-324.,  
21
RNAi. 医学を学ぶための生物学 谷口直之・米田悦啓編 , 単著, 南江堂, 2004年12月01日, 6-E, 444-451,  

 

論文
No.論文タイトル URL, 誌名(出版物名), 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月, DOI 
1
Functional analysis of glycosylation using Drosophila melanogaste , Glycoconj J., 37,  1-14- , 2020年02月01日,  
2
幹細胞を制御する糖鎖. , 生化学, 92,  94-106- , 2020年02月01日,  
3
Highly sulfated hyaluronic acid maintains human induced pluripotent stem cells under feeder-free and bFGF-free conditions. , Biochem Biophys Res Commun., 518( 3), 506-512- , 2019年10月01日,  
4
The functions of O-GlcNAc in pluripotent stem cells. , Trends in Glycoscience and Glycotechnology,, 31,  E69–E75- , 2019年05月01日,  
5
Glycans in stem cell regulation: from Drosophila tissue stem cells to mammalian pluripotent stem cells. , FEBS Letters, 592,  3773-3790- , 2018年12月01日,  
6
O-GlcNAc on PKCζ inhibits the FGF4-PKCζ-MEK-ERK1/2 pathway via inhibition of PKCζ phosphorylation in mouse embryonic stem cells. , Stem Cell Reports, 10( 1), 272- 286, 2018年, https://doi.org/10.1016/j.stemcr.2017.11.007 
7
Glycans define the stemness of naïve and primed pluripotent stem cells. , Glycoconj J., 34( 6), 737- 747, 2017年12月01日, https://doi.org/10.1007/s10719-016-9740-9 
8
幹細胞における糖鎖の働き -ショウジョウバエモデルからES細胞まで - 幹細胞に機能する糖鎖 , 化学と生物, 55( 11), 750 - 758- , 2017年11月01日,  
9
Strong radioprotective FGF1 signaling down-regulates proliferative and metastatic capabilities of the angiosarcoma cell line, ISOS-1, through the dual inhibition of EGFR and VEGFR pathways , Clin Transl Radiat Oncol., 7,  83-90- , 2017年11月01日,  
10
多能性幹細胞における糖鎖の機能:ナイーブ状態とプライム状態に関わる糖鎖. , Bio Clinica, 32,  412-418- , 2017年04月01日,  
11
O-GlcNAc is required for the survival of primed pluripotent stem cells and their reversion to the naïve state , Biochem Biophys Res Commun., 480( 4), 655- 661, 2016年11月25日, https://doi.org/10.1016/j.bbrc.2016.10.111 
12
Atmospheric-pressure plasma-irradiation inhibits mouse embryonic stem cell differentiation to mesoderm and endoderm but promotes ectoderm differentiation. , J. Phys. D: Appl. Phys., 49,  165401-1 - 165401-12- , 2016年04月01日,  
13
Preparation of a polyclonal antibody that recognizes a unique galactoseb1-4fucose disaccharide epitope. , Carbohydr Res., 412,  50-55- , 2015年05月01日,  
14
Identification of β1,3-galactosyltransferases responsible for biosynthesis of insect complex-type N-glycans containing a T-antigen unit in the honeybee , Glycoconjugate J., 32( 3-4), 141- 151, 2015年05月, https://doi.org/10.1007/s10719-015-9585-7 
15
A chicken influenza virus recognizes fucosylated α2,3 sialoglycan receptors on the epithelial cells lining upper respiratory tracts of chickens. , Virology, 456-457( 1), 131- 138, 2014年, https://doi.org/10.1016/j.virol.2014.03.004 
16
The transition of mouse pluripotent stem cells from the naïve to the primed state requires Fas signaling through 3-O sulfated heparan sulfate structures recognized by the HS4C3 antibody. , Biochemical and biophysical research communications, 430( 3), 1175- 1181, 2013年01月, https://doi.org/10.1016/j.bbrc.2012.12.005 
17
LacdiNAc (GalNAcβ1-4GlcNAc) contributes to self-renewal of mouse embryonic stem cells by regulating leukemia inhibitory factor/STAT3 signaling. , Stem cells (Dayton, Ohio), 29( 4), 641- 650, 2011年04月, https://doi.org/10.1002/stem.615 
18
ショウジョウバエRNAiシステム , The lung perspective, 17,  202-205- , 2009年02月01日,  
19
Design and synthesis of peptide mimetics of GDP-Fucose: Targeting inhibitors of fucosyltransferases , Synlett, 2004,  243-246- , 2004年02月01日,  
20
[Drosophila glycobiology]. , Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme, 48( 8 Suppl), 1064- 1071, 2003年06月,  
21
A Remodeling System of the 3′-Sulfo-Lewis a and 3′-Sulfo-Lewis x Epitopes , Journal of Biological Chemistry, 276( 42), 38588- 38594, 2001年10月, https://doi.org/10.1074/jbc.M107390200 
22
Cloning and expression of the probable candidate for the cancer associated Sialyl-Tn antigen synthase (human ST6GalNAc1) , Pathology International, 50( Supplement), A181- , 2000年,  
23
A novel glycosyltransferase with a polyglutamine repeat; a new candidate for GD1α synthase (ST6GalNAc V)1 , FEBS Letters, 463( 1-2), 92- 96, 1999年12月, https://doi.org/10.1016/S0014-5793(99)01605-1 
24
An immunohistochemical study of β1,4-galactosyltransferase in human skin tissue , Journal of Dermatological Science, 20( 3), 183- 190, 1999年07月, https://doi.org/10.1016/S0923-1811(98)00080-2 
25
Both alpha1,2-fucosyltransferase, H and Se enzymes are responsible for enhancement of Leb and Ley expression in human colorectal cancer tissue , Glycoconjugate Journal, 14( 6), 770- , 1997年,  
26
Quantitative analysis of glycosyltransferases involved in the synthesis of sialylated Lewis antigens in human colorectal tissue , Glycoconjugate Journal, 14( 6), 770- , 1997年,  
27
Quantitative analysis of glycosyltransferase expression in human normal and cancer colon tissues in correlation with Lewis antigen expression , Glycoconjugate Journal, 14( 6), 754- , 1997年,  
28
Synthesis and characterization of a carbene-generating biothinilated N-acetylglucosamine for photoaffinity labeling of β(1-4)-galactosyltransferase , Carbohydrate Research, 294,  95- 108, 1996年,  
29
プロテインA保有黄色ブドウ球菌の刺激による顆粒球の化学発光量を指標にした顆粒球結合抗体検出法 , 臨床検査, 32,  917-921- , 1988年12月01日,  
30
セロファン表面培養法を用いた迅速、簡便な細菌生産蛋白の検出方法について , 臨床検査, 32,  698-700- , 1988年12月01日,  
31
ESR measurement of interaction between Mn2+ and protein , Chem. Lett., ,  183-186- , 1982年12月01日,  
32
高分子水溶液における1H-NMR 化学シフトの基準についての研究 , 分析化学, 26,  766-772- , 1977年11月01日,  

 

MISC
No.MISCタイトル URL, 誌名, 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月(日) 
1
鳥インフルエンザウイルスのα2,3硫酸化シアル酸糖鎖認識機構の解析 , 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 161st,  355- , 2018年08月21日 
2
ニワトリのインフルエンザウイルスはフコシル化および硫酸化α2,3シアル酸糖鎖をレセプターとする , 日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 62nd,  154- , 2014年10月31日 
3
ニワトリのインフルエンザウイルスはフコシル化α2,3シアル酸糖鎖をレセプターとする , 日本糖質学会年会要旨集, 33rd,  62- , 2014年07月23日 
4
糖鎖アレイデータベースから抽出されたインフルエンザウイルス感染を増強する糖鎖構造 , 日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 61st,  239- , 2013年10月29日 
5
硫酸化糖鎖の発現亢進によるホルモン不応答性前立腺癌増殖メカニズムと,その糖鎖バイオマーカーの可能性 , 日本病理学会会誌, 102( 1), 215- , 2013年04月26日 
6
ニワトリのインフルエンザウイルスはニワトリ気管上皮に発現するフコシル化α2,3シアル酸糖鎖をレセプターとして認識する , 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 155th,  229- , 2013年03月04日 
7
ケラタン硫酸はバーキットリンパ腫細胞株において放射線誘導性アポトーシスを低下させる , 日本生化学会大会(Web), 86th,  1P-237 (WEB ONLY)- , 2013年 
8
多能性幹細胞の未分化性維持と分化にかかわる糖鎖構造と機能メカニズム , 実験医学, 31,  1574- 1582, 2013年 
9
PAPS輸送体のヒト大腸癌における発現と機能 , 日本糖質学会年会要旨集, 30th,  114- , 2011年06月27日 
10
リンパ腫細胞におけるPAPST1によるケラタン硫酸の硫酸化増加と放射線抵抗性について , 生化学, ,  ROMBUNNO.2P-0420- , 2011年 
11
多能性幹細胞における糖鎖発現の意義 , 医学のあゆみ, 239,  1277- 1282, 2011年 
12
PAPST1抑制によるBurkittリンパ腫細胞の放射線感受性の増加について , 生化学, ,  ROMBUNNO.3P-334- , 2009年09月25日 
13
NotchのO‐フコース単糖修飾の新規な機能に関する研究 , 日本糖質学会年会要旨集, 29th,  137- , 2009年08月10日 
14
ショウジョウバエ糖ヌクレオチド輸送体ファミリーの機能解析 , 日本糖質学会年会要旨集, 29th,  24- , 2009年08月10日 
15
二つのGDP‐フコース輸送体の機能解析から明らかになったNotchのO‐フコシル化の新規な機能 , 日本糖質学会年会要旨集, 28th,  58- , 2008年07月29日 
16
小胞体とゴルジ体にそれぞれ局在する2つのGDP‐フコース輸送体はNotchのO‐フコシル化に重複した機能をもっている , 日本糖質学会年会要旨集, 28th,  149- , 2008年07月29日 
17
糖ヌクレオチド輸送体・PAPS輸送体による糖鎖合成の制御 , 蛋白質核酸酵素, 53,  1486- 1494, 2008年 
18
ES細胞の未分化性、多能性維持に関わる硫酸化糖鎖 , 化学工業, 59,  947- 954, 2008年 
19
ショウジョウバエにおけるグリコサミノグリカン合成関連遺伝子 , 日本糖質学会年会要旨集, 27th,  39- , 2007年07月10日 
20
ヒト及びショウジョウバエにおけるPAPS輸送体と硫酸化 , 生化学, ,  1P-0142- , 2007年 
21
小胞体局在型の新規GDP‐フコース輸送体EfrはNotchのO‐フコシル化で機能する , 生化学, ,  4P-0085- , 2007年 
22
大腸に発現する新規PAPS輸送体遺伝子,PAPST2遺伝子の同定と機能解析 , 日本糖質学会年会要旨集, 26th,  33- , 2006年07月28日 
23
RNAi変異体ハエバンクを用いたショウジョウバエ遺伝子機能解析 , 日本分子生物学会年会講演要旨集, 28th,  543- , 2005年11月25日 
24
ショウジョウバエ新規PAPSトランスポーター,dPAPST2の単離と機能解析 , 日本分子生物学会年会講演要旨集, 28th,  376- , 2005年11月25日 
25
新規ヒト糖ヌクレオチドトランスポーターの機能解析 , 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 27th,  846- , 2004年11月25日 
26
ショウジョウバエ fringe connection のホモログであるヒト新規糖ヌクレオチド輸送体の単離と機能解析 , 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 27th,  339- , 2004年11月25日 
27
I型ルイス抗原合成に関与するルイス及び分泌遺伝子多型はヘリコバクターピロリ感染危険率に関与する , 日本癌学会総会記事, 63回,  220- 220, 2004年09月 
28
Helicobacter pyloriの感染危険率は,Se及びLe遺伝子多型によって影響される , 日本病理学会会誌, 93( 1), 213- 213, 2004年05月 
29
Drosophila グライコーム : ショウジョウバエを用いた糖鎖機能解析へのアプローチ , 生物物理化学 = Journal of Electrophoresis, 48( 1), 19- 24, 2004年03月 
30
ショウジョウバエ神経発生における糖鎖の役割 , 蛋白質核酸酵素, 49,  2319- 2326, 2004年 
31
PAPSトランスポーターのクローニングと機能解析~PAPSトランスポーターは生命維持に必須である , 日本糖質学会年会要旨集, 24th,  52- , 2003年07月03日 
32
RNAiシステムによる糖鎖機能解析 , 化学工業, 54,  760- 765, 2003年 
33
ショウジョウバエの糖鎖生物学 , 蛋白質核酸酵素, 48,  1064- 1071, 2003年 
34
α1,3‐フコース転移酵素遺伝子XI(Fut9)‐KOマウスの機能解析 , 生化学, 74( 8), 856- 856, 2002年08月25日 
35
食道正常扁平上皮組織におけるルイス糖鎖抗原の発現とSecretor酵素, Lewis酵素遺伝子型の関連 , 東京醫科大學雜誌, 60( 1), 48- 58, 2002年04月 
36
大腸腺腫におけるCA19-9とSLXの出現に関する検討 : 家族性大腸腺腫症(FAP)と一般症例の比較 , 日本外科学会雑誌, 103( 0),  , 2002年03月 
37
共通モチーフを持つβ1,3-結合糖転移酵素遺伝子群の機能解析と腫瘍マーカーとしての可能性 , 日本分子腫瘍マーカー研究会誌, 18,  65- 66, 2002年 
38
唾液腺腫ようにおけるルイス式血液型抗原合成にかかわる糖転移酵素発現の免疫組織化学的検討 , 日本癌学会総会記事, 60th,  205- , 2001年09月26日 
39
Se遺伝子型とLe遺伝子型はHelicobacter pyloriの感染率に影響を与える , 生化学, 73( 8), 696- 696, 2001年08月25日 
40
C.elegansに展開する生命科学研究(ゲノム・プロテオーム・グライコーム) ヒト糖鎖合成遺伝子の網羅的解析 , 生化学, 73( 8), 640- 640, 2001年08月 
41
糖脂質上のHNK-1及びLewis x抗原の発現に関与する新規β1,3-N-アセチルグルコサミン転移酵素(β3GnT5)遺伝子のクローニングと解析 , 生化学, 73( 8), 825- 825, 2001年08月 
42
ST3Gal IV特異的抗体(KM1652)の樹立と血清CA19.9高値胃ガンに於ける発現について , 日本病理学会会誌, 90( 1), 214- , 2001年03月01日 
43
フコース転移酵素の機能解明ーノックアウトマウスとヒト変異個体解析から. , 細胞工学, 20,  217- 224, 2001年 
44
FUT9の組織分布,基質特異性とFut9‐KOマウスの解析 , 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 23rd,  235- , 2000年11月25日 
45
ヒトシアル酸転移酵素ST3Gal IVに対する特異的モノクローナル抗体(KM1652)を用いた食道へん平上皮癌における発現について , Japanese Journal of Cancer Research, 91( Supplement (Sept)), 305- , 2000年09月01日 
46
ヒトシアル酸転移酵素ST3Gal IVに対する特異的モノクローナル抗体(KM1652)の樹立と血清CA19.9高値を示す胃ガンの発現について , Japanese Journal of Cancer Research, 91( Supplement (Sept)), 305- , 2000年09月01日 
47
ヒトシアル酸転移酵素ST3Gal IVに対する特異的モノクーロナル抗体(KM1652)の樹立と血清CA19.9高値を示す胃ガンに発現について , 日本癌学会総会記事, 59回,  305- 305, 2000年09月 
48
ヒトシアル酸転移酵素ST3Gal IVに対する特異的モノクーロナル抗体(KM1652)を用いた食道扁平上皮癌における発現について , 日本癌学会総会記事, 59回,  305- 305, 2000年09月 
49
α1,3‐フコース転移酵素(Fut9)KOマウスでのLewis x抗原の発現 , 生化学, 72( 8), 855- 855, 2000年08月25日 
50
FUT9により脳神経系のLewis x構造は合成される , 生化学, 72( 8), 855- 855, 2000年08月25日 
51
胃癌の腫ようマーカーCA72.4(STn抗原)を合成するシアル酸転移酵素(human ST6GalNAc I)遺伝子のクローニングと発現 , 日本病理学会会誌, 89( 1), 154- , 2000年03月10日 
52
胃癌細胞においてルイス抗原を合成するフコース転移酵素 , 日本分子腫瘍マーカー研究会誌, 15,  3- 3, 2000年 
53
唾液腺および唾液腺腫ようにおけるCA19.9抗原とその合成に関わる糖転移酵素の発現 , 日本癌学会総会記事, 58th,  386- , 1999年08月30日 
54
分化型CA19.9高発現大腸癌細胞株の糖鎖抗原と糖転移酵素の発現解析 , 日本癌学会総会記事, 58th,  227- 227, 1999年08月30日 
55
糖鎖発現制御と機能・病態解析 α1,3-フコース転移酵素遺伝子IX(Fuc-TIX)の発現と機能 , 生化学, 71( 8), 633- 633, 1999年08月 
56
284 家族性大腸腺腫症(FAP)における癌関連糖鎖抗原の発現と糖転移酵素 , 日本消化器外科学会雑誌, 32( 6),  , 1999年06月 
57
癌関連糖鎖抗原STn抗原を合成するシアル酸転移酵素(human ST6GalNAc I)遺伝子のクローニングとその発現 , 腫瘍マーカー研究会誌, 14,  21- 21, 1999年06月 
58
家族性大腸腺腫症(FAP)における癌関連糖鎖抗原の発現と各種糖転移酵素の解析 , 腫瘍マーカー研究会誌, 14,  17- 20, 1999年06月 
59
P-917 胃粘膜の腸上皮化生におけるLe^a抗原の出現はルイス酵素の出現増加による , 日本外科学会雑誌, 100( 0),  , 1999年02月 
60
ルイス抗原群を合成する糖転移酵素遺伝子群の分子生物学的解析 , 腫瘍マーカー研究会誌 1997, 13, 37-41, 13,  37- 41, 1998年09月 
61
CA19-9、DU-PAN-2値に対するSe、Le 遺伝子のgene dosage effect , 腫瘍マーカー研究会雑誌 1997, 13, 61-64, 13,  61- 64, 1998年09月 
62
すい癌におけるシアリルルイス抗原発現性こう進とその分子生物学的背景 , 消化器癌の発生と進展, 10,  117- 120, 1998年09月 
63
ヒト膵臓癌組織におけるシアリルルイス抗原の発現と合成にかかわる各種糖転移酵素の解析 , 腫瘍マーカー研究会誌, 13,  57- 59, 1998年09月 
64
腸上皮化生に出現するLea抗原はルイス酵素(Fuc-TIII)の発現増加による , 腫瘍マーカー研究会誌, 13,  69- 73, 1998年09月 
65
糖鎖遺伝子 癌関連糖鎖抗原STn抗原合成シアル酸転移酵素(human ST6GalNAc I enzyme)遺伝子のクローニングとその発現について , 生化学, 70( 8), 797- 797, 1998年08月 
66
糖鎖の機能解析 ヒト非小細胞肺癌においてsLex,sLea抗原量を決定するのは主にルイス酵素である , 生化学, 70( 8), 760- 760, 1998年08月 
67
癌関連糖鎖抗原STn抗原を合成するシアル酸転移酵素(human ST6GalNAc I)遺伝子のクローニングとその発現 , 日本癌学会総会記事, 57回,  161- 161, 1998年08月 
68
Lewis遺伝子,Secretor遺伝子の遺伝的多型性が,CA19-9,DU-PAN-2血清値に大きく影響する , 日本癌学会総会記事, 57回,  492- 492, 1998年08月 
69
ヒト膵臓癌におけるシアリルルイス抗原の発現と各種糖転移酵素の解析 , 日本癌学会総会記事, 57回,  492- 492, 1998年08月 
70
家族性大腸腺腫症(FAP)における癌関連糖鎖抗原と各種糖転移酵素の発現の解析 , 日本癌学会総会記事, 57回,  491- 491, 1998年08月 
71
ルイス酵素(Fuc-TIII)とFuc-TVIの発現上昇が,非小細胞性肺癌のシアリルルイスx抗原発現量を決定する , 日本癌学会総会記事, 57回,  492- 492, 1998年08月 
72
糖鎖の機能解析 新規ヒトα1,3フコース転移酵素遺伝子(hFuc-TIX)のクローニング , 生化学, 70( 8), 760- 760, 1998年08月 
73
糖鎖生物学の新たな展開と可能性:疾患における糖鎖変異とその分子生物学的アプローチ 癌関連糖鎖抗原とそれを合成する糖転移酵素 , 生化学, 70( 8), 673- 673, 1998年08月 
74
示I-188 家族性大腸腺腫症(FAP)における糖鎖抗原発現の意義(第52回日本消化器外科学会総会) , 日本消化器外科学会雑誌, 31( 6),  , 1998年06月 
75
大腸組織におけるルイス式血液型抗原とα1,2フコース転移酵素発現の検討 , 腫瘍マーカー研究会誌, 12,  163- 166, 1998年03月 
76
ゴルジ膜貫通部位に変異(Leu20 to Arg)を持つα1,3/1,4フコース転移酵素(Fuc-TIII)の解析と大腸組織におけるルイス抗原の発現 , 腫瘍マーカー研究会誌, 12,  169- 171, 1998年03月 
77
分泌型酵素(α1,2フコース転移酵素)による単純ムチンT抗原のフコシル化と,胃癌細胞におけるT抗原の発現の検討 , 腫瘍マーカー研究会誌, 12,  159- 162, 1998年03月 
78
特異的モノクロナール抗体を用いたα1,3/4フコース転移酵素のヒト生体内発現分布の解析 , 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 19th,  214- , 1996年07月 
79
α1,2フコース転移酵素に拠る単純ムチンT抗原のフコシル化と,胃癌細胞におけるT抗原の発現の検討 , 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 19th,  214- , 1996年07月 
80
Se遺伝子(α1,2フコース転移酵素遺伝子)の点突然変異の分布と頻度 , 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 19th,  213- , 1996年07月 

 

講演・口頭発表等
No.講演・口頭発表タイトル, 会議名, 発表年月日, 主催者, 開催地 
1
bFGFおよびフィーダー細胞を必要としない高硫酸化ヒアルロン酸を用いたヒトiPS細胞の新規培養法の確立, 第42回日本分子生物学会年会、福岡, 2019年12月01日, ,  
2
Function of glycans in pluripotent stem cells., 1st International Symposium on Glycans', Zhuhai, China, 2019年12月01日, ,  
3
Functional analyses of glycans in mammalian stem cells., 11th Asian Community of Glycoscience and Glycotechnology Conference, Busan, 2019年11月01日, ,  
4
多能性幹細胞におけるヘパラン硫酸とO-GlcNAc修飾によるシグナル制御., 第92回日本生化学会大会、シンポジウム、横浜, 2019年09月01日, ,  
5
ショウジョウバエ造血幹細胞における糖鎖機能の網羅的探索, 第38回日本質学会年会、名古屋, 2019年08月01日, ,  
6
Functional analysis of mucin-type O-glycans using Drosophila melanogaster., The 25th International Symposium on Glycoconjugates (GLYCO XXV), Milano, Italy, 2019年08月01日, ,  
7
O-GlcNAc on PKCζ inhibits differentiation of mouse embryonic stem cells., The 25th International Symposium on Glycoconjugates (GLYCO XXV), Milano, Italy, 2019年08月01日, ,  
8
Mucin-type O-glycosylation regulates pluripotency in mouse embryonic stem cell., The ISSCR (International Society for Stem Cell Research) 18th Annual Meeting, Los Angeles, USA, 2019年06月01日, ,  
9
マウスES細胞におけるO-GlcNAc糖鎖修飾による新規FGF4シグナル抑制機構, 第18回日本再生医療学会総会, 2019年03月01日, ,  
10
O-GlcNAc inhibits FGF4 signaling via inhibition of PKCζ phosphorylation to maintain naïve state in mouse embryonic stem cells., Glycobiology Gordon Research Conference, 2019年03月01日, ,  
11
Roles of glycans in Drosophila hematopoietic stem cells., GlycoTOKYO2018シンポジウム, 2018年12月01日, ,  
12
O-GlcNAcはFGF4シグナルを抑制しマウスES細胞の分化を抑制する, 第41回日本分子生物学会年会, 2018年11月01日, ,  
13
Negatively charged mucin-type core 1 glycan regulates neuromuscular junction morphology, The 10th Asian Community of Glycoscience and Glycotechnology Conferenc, 2018年11月01日, ,  
14
幹細胞における糖鎖の機能, 第12回多糖の未来フォーラム, 2018年11月01日, ,  
15
Identification of the O-GlcNAc modification site on PKCζ and functional analysis of O-GlcNAc in mouse embryonic stem cells., 第41回日本分子生物学会年会, 2018年11月01日, ,  
16
O-GlcNAc on PKCζ inhibits differentiation of mouse embryonic stem cells via inhibition of PKCζphosphorylation., 5th TERMIS World Congress, 2018年09月01日, ,  
17
Functional analysis of mucin-type core 1 glycan in Drosophila neuromuscular junction., 13th Japanese Drosophila Research Conference, 2018年09月01日, ,  
18
ショウジョウバエ神経筋接合部におけるグルクロン酸化 T 抗原の生理機能解析., 第91回日本生化学会大会, 2018年09月01日, ,  
19
マウスES細胞におけるO-GlcNAc糖鎖修飾による新規FGF4シグナル制御機構., 第91回日本生化学会大会, 2018年09月01日, ,  
20
The inhibition of FGF4 signaling by O-GlcNAc is required for the maintenance of the undifferentiated state of mouse embryonic stem cells., 5th TERMIS World Congress, 2018年09月01日, ,  
21
ショウジョウバエ神経筋接合部におけるグルクロン酸化 T 抗原の生理機能解析., 第37回日本糖質学会年会, 2018年08月01日, ,  
22
Identification of the O-GlcNAc modefication site of PKCζ and functional analysis of O-GlcNAc on PKCζin mouse embryonic stem cells., The ISSCR 17th Annual Meeting, 2018年06月01日, ,  
23
Glucuronylated core 1 glycans are essential for localization of neuromuscular junctions and formation of basement membranes on Drosophila muscles., The 11th International Symposium on Glycosyltransferases, 2018年06月01日, ,  
24
The inhibitory mechanism of the FGF4 signaling by O-GlcNAc in mouse embryonic stem cells to maintain the undifferentiated state., The ISSCR 17th Annual Meeting, 2018年06月01日, ,  
25
O-GlcNAc regulates signaling in embryonic stem cells., The 24th IUBMB Congress & 15th FAOBMB Congress (IUBMBSEOUL2018), 2018年06月01日, ,  
26
マウスES細胞におけるO-GlcNAc糖鎖修飾による新規FGF4シグナル抑制機構., 第18回日本再生医療学会総会, 2018年03月01日, ,  
27
FGFR1を介した血管肉腫細胞株ISOS-1の増殖能抑制機構について, 2017年度生命科学系学会合同年次大会(Conbio2017), 2017年12月01日, ,  
28
ショウジョウバエ神経における、軸索近位部特異的な輸送をSpectraplakin (Shot) が仲介する, 2017年度生命科学系学会合同年次大会(Conbio2017), 2017年12月01日, ,  
29
Mucin type O-glycan in Drosophila nervous system., 9th Asian Community of Glycoscience and Glycotechnology Annual Conference, 2017年12月01日, ,  
30
幹細胞における糖鎖の機能, 2017年度生命科学系学会合同年次大会(Conbio2017), 2017年12月01日, ,  
31
Elucidation of the mechanism underlying the Elucidation of the mechanism underlying the trafficking of mucin-type O-glycans specifically to trafficking of mucin-type O-glycans specifically to the proximal region of an axon in Drosophila neuron., The 24th International Symposium on Glycoconjugates (GLYCO XXIV), 2017年08月01日, ,  
32
Biological roles of glycans: from Drosophila to embryonic stem cells, The 24th International Symposium on Glycoconjugates (GLYCO XXIV), 2017年08月01日, ,  
33
ショウジョウバエ神経における、T抗原の軸索近位部特異的な輸送メカニズムの解明, 第36回日本糖質学会年会, 2017年07月01日, ,  
34
O-GlcNAc is required for the transition from primed state to naïve state of mouse pluripotent stem cells, The ISSCR (International Society for Stem Cell Research) 15th Annual Meeting, at Boston, 2017年06月01日, ,  
35
O-GlcNAc is essential for the transition from primed state to naïve state of mouse pluripotent stem cells, 第15回 幹細胞シンポジウム, 2017年05月01日, ,  
36
Shot is required for the proximal localization of mucin type O-glycan in an axon of Drosophila neuron, The 4th Asia-Pacific Drosophila Research Conference, 2017年05月01日, ,  
37
細胞内糖鎖修飾であるO-GlcNAcによる多能性幹細胞のナイーブ状態とプライム状態の制御機構, 第16回日本再生医療学会総会、仙台, 2017年03月01日, ,  
38
Atomospheric-pressure plasma iraadiation regulates mouse embryonic stem cell proliferation and differentiation, nternational Conference on Plasma Medical Science Innovation (ICPMSI) 2017, at Nagoya, 2017年02月01日, ,  
39
ショウジョウバエ造血器官におけるN-結合型糖鎖の機能解析, GlycoTOKYO2016シンポジウム、東京, 2016年11月01日, ,  
40
ヒトH1インフルエンザウイルスは硫酸化糖鎖をレセプターとして認識するか?, 第64回日本ウイルス学会学術集会、札幌, 2016年10月01日, ,  
41
プラズマ照射によるES細胞の分化制御効果:各種シグナル経路の活性化と抑制, 第57回日本組織細胞化学会総会・学術集会 シンポジウム, 2016年09月01日, ,  
42
Atmospheric-pressure plasma irradiation on embryonic stem cells: signals and differentiation, 6th International Conference on Plasma Medicine (ICPM-6), at Bratislava, Slovakia, 2016年09月01日, ,  
43
ショウジョウバエにおけるT抗原の生理機能解析, 第35回日本糖質学会年会、高知, 2016年09月01日, ,  
44
ショウジョウバエの筋肉および神経筋接合部におけるムチン型糖鎖の生理機能解析, 第89回日本生化学会大会、仙台, 2016年09月01日, ,  
45
Dual roles of mucin-type O-glycan in maintenance of hematopoietic stem cells in Drosophila, The ISSCR (International Society for Stem Cell Research) 14th Annual Meeting, at San Francisco, 2016年06月01日, ,  
46
6−硫酸化糖鎖はヒトH1インフルエンザウイルスのレセプターとなるか?, 第30回インフルエンザ研究者交流の会シンポジウム、山形市, 2016年06月01日, ,  
47
Mucin-type core 1 glycans contribute to the formation of neuromuscular junction, The 10th International Symposium on Glycosyltransferases at Toronto,, 2016年06月01日, ,  
48
Effects of low-temperature atmospheric-pressure plasma irradiation on mouse embryonic stem cells, 5th International Conference on Advanced Plasma Technologies, at Zrece, Slovenia, 2016年02月01日, ,  
49
ミツバチで見出された末端にT抗原を持つN-結合型糖鎖の生合成に関わるβ1,3ガラクトース転移酵素の同定, 第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会合同大会(BMB2015)、神戸, 2015年12月01日, ,  
50
神経系におけるムチン型糖鎖, 第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会合同大会 (BMB2015)ワークショップ, 2015年12月01日, ,  
51
Drosophila core 1 β1,3-galactosyltransferase mutants cannot maintain hematopoietic stem cells, 7th Asian Community of Glycoscience and Glycotechnology Annual Conference, at Miyagi, 2015年11月01日, ,  
52
The filopodia of the hematopoietic niche transmit the signals, which are essential for the maintenance of HSCs, from the niche to HSCs, 7th Asian Community of Glycoscience and Glycotechnology Annual Conference, at Miyagi, 2015年11月01日, ,  
53
T antigen is essential for the maintenance of hematopoietic stem cells in Drosophila., XXIIIth International Symposium on Glycoconjugates, at Split (Croatia), 2015年09月01日, ,  
54
プラズマ照射のES細胞の分化への影響, 新学術領域研究「プラズマ医療科学の創成」+「統合的神経機能の制御を標的とした糖鎖の作動原理解明」合同公開シンポジウム「新学術の最前線~プラズマと生物と医療の協奏曲~」, 2015年08月01日, ,  
55
マウスES細胞の分化を制御するFasシグナルの分子機構解析, 第34回日本糖質学会年会、東京, 2015年07月01日, ,  
56
ヒトH1インフルエンザウイルスは6硫酸化糖鎖構造をレセプターとするか?, 第34回日本糖質学会年会、東京, 2015年07月01日, ,  
57
ショウジョウバエ T 抗原は,造血ニッチから伸びるフィロポディアを介した造血幹細胞維持に必要である, 第34回日本糖質学会年会、東京, 2015年07月01日, ,  
58
T抗原合成酵素変異体では造血幹細胞が維持できない, 2015年度比較グライコーム研究会、福岡, 2015年06月01日, ,  
59
Effect of low-temperature atmospheric-pressure plasma irradiation on the proliferation and differentiation of mouse embryonic stem cells, The 2nd International Workshop on Plasma for Cancer Treatment, at Nagoya, 2015年03月01日, ,  
60
マウスES細胞の分化時におけるFasシグナル活性化の分子機構, 第14回日本再生医療学会総会、横浜, 2015年03月01日, ,  
61
Glycans are required for the maintenance and induction of naïve and primed pluripotent stem cells, The 18th Takeda Science Foundation Symposium, at Osaka, 2015年01月01日, ,  
62
Glycan structures regulate the states of pluripotent stem cells, Joint Meeting of the Society for Glycobiology and the Japanese Society of Carbohydrate Research, at Honolulu, 2014年11月01日, ,  
63
大気圧走査型電子顕微鏡を用いた、ショウジョウバエ神経初代培養細胞の軸索内境界におけるBP102抗原と細胞骨格タンパク質の局在解析, 第37回日本分子生物学会年会、横浜, 2014年11月01日, ,  
64
ショウジョウバエ神経初代培養細胞におけるBP102抗原の局在解析, GlycoTOKYO2014シンポジウム、千葉, 2014年11月01日, ,  
65
多能性幹細胞の状態を制御する糖鎖とその制御様式, 第87回日本生化学会大会シンポジウム、京都, 2014年10月01日, ,  
66
The atmospheric scanning electron microscope (ASEM) observes axonal segmentation and synaptic induction in solution, Microscopy & Microanalysis 2014 Meeting, Hartford, 2014年09月01日, ,  
67
The atmospheric scanning electron microscope (ASEM) observes axonal segmentation and platelet generation in solution, The 18th International Microscopy Congress, at Prague, 2014年09月01日, ,  
68
Wnt/b-catenin signaling through heparan sulafate is important for the maintenance of self-renewal in mouse embryonic stem cells, 2nd IPCB (International Post Graduate Conference in Biotechnology ), Hachioji, 2014年08月01日, ,  
69
マウス ES 細胞の分化におけるヘパラン硫酸硫酸化構造の役割., 第33回日本糖質学会年会ワークショップ、名古屋, 2014年08月01日, ,  
70
Fas signaling cascade during the differentiation of mouse embryonic stem cells, The ISSCR (International Society for Stem Cell Research) 12th Annual Meeting, at Vancouver, 2014年06月01日, ,  
71
Effects of low-temperature atmospheric-pressure plasma irradiation on the differentiation of mouse embryonic stem cells, 5th International Conference on Plasma Medicine (ICPM5), at Nara, 2014年05月01日, ,  
72
マウスES細胞からエピ幹細胞への分化にへパラン硫酸3-O-硫酸化構造を介したFasシグナルが必要である, 第13回日本再生医療学会、京都, 2014年03月01日, ,  
73
Analysis of intra-axonal compartmentalization in Drosophila neuron by Atmospheric Scanning Electron Microscopy (ASEM), International Symposium on Glyco-Neuroscience, at Awaji, 2014年01月01日, ,  
74
パラン硫酸の3位の硫酸化構造により制御されるFasシグナルは、マウスES細胞の様々な分化に関与する, 第36回日本分子生物学会年会、神戸, 2013年12月01日, ,  
75
糖鎖アレイデータベースから抽出されたインフルエンザウイルス感染を増強する糖鎖構造, 第61回日本ウイルス学会学術集会、神戸, 2013年11月01日, ,  
76
マウスES細胞の分化におけるヘパラン硫酸の硫酸化構造の役割, GlycoTOKYO2010シンポジウム、東京, 2013年11月01日, ,  
77
as signaling via 3-O-sulfated heparan sulfate is involved in a novel mechanism of the differentiation of mouse ES cells, Annual Conference of the Society for Glycobiology, at St Petersburg (FL), 2013年11月01日, ,  
78
Effects of Reactive Species Generated by Low-Temperature Atmospheric-Pressure Plasmas on Mouse Embryonic Stem (ES) Cells, 2013 JSAP-MRS Joint Symposia, at Kyoto, 2013年09月01日, ,  
79
ケラタン硫酸はバーキットリンパ腫細胞株において放射線誘導性アポトーシスを低下させる, 第86回日本生化学会大会、横浜, 2013年09月01日, ,  
80
胚性幹細胞のナーブ状態の維持とプライム状態への遷移に関わる糖鎖フィールド, 第86回日本生化学会大会, 2013年09月, ,  
81
3-O sulfated heparan sulfate structure activates Fas signal, and promotes the differentiation of mouse embryonic stem cells, 8th International Conference on Proteoglycans, at Frankfurt, Germany, 2013年08月01日, ,  
82
ヘパラン硫酸の3位の硫酸化の増加がFasシグナルを活性化し、様々なマウスES細胞の分化を誘導する, 第32回日本糖質学会年会, 2013年08月, ,  
83
Nishihara S, The 3rd Austria/Japan Seminar on Comparative and Developmental Glycobiology, at Wako (Japan),, 2013年07月01日, ,  
84
Up-regulation of 3-O-sulfated heparan sulfate structure activates Fas signaling and promotes the differentiation of mouse embryonic stem cells, The 3rd Austria/Japan Seminar on Comparative and Developmental Glycobiology, at Wako (Japan), 2013年07月01日, ,  
85
Roles of glycans in the pluripotent stem cells, 3rd Austria/Japan Seminar on Comparative and Developmental Glycobiology, 2013年07月, ,  
86
糖鎖アレイデータから抽出されたインフルエンザウイルスの感染に関与する糖鎖構造, 第27回インフルエンザ研究者交流の会シンポジウム、札幌, 2013年06月01日, ,  
87
The localized Fas on cell surface induces the differentiation of mouse embryonic stem cells, The ISSCR (International Society for Stem Cell Research) 11th Annual Meeting, at Boston, 2013年06月01日, ,  
88
3-O-sulfated heparan sulfate structure contributes to the differentiation of mouse embryonic stem cells by activating Fas signaling, XXII International Symposium on Glycoconjugates, 2013年06月, ,  
89
糖鎖異常に起因する疾患のショウジョウバエモデルを用いた解析:筋ジストロフィー, 第35回日本分子生物学会年会 ワークショップ、福岡, 2012年12月01日, ,  
90
マウスES細胞の分化に3-O-硫酸化構造が必要である, 第85回日本生化学会大会、福岡, 2012年12月01日, ,  
91
マウスES細胞の分化におけるヘパラン硫酸テトラ硫酸化構造の役割, GlycoTOKYO2010シンポジウム、芝, 2012年11月01日, ,  
92
糖鎖異常に起因する疾患のショウジョウバエモデルを用いた解析:筋ジストロフィー, 第35回日本分子生物学会年会, 2012年11月, ,  
93
ヘパリンによるエコトロピックマウス白血病ウイルスの感染阻害, 第31回日本糖質学会年会、鹿児島, 2012年09月01日, ,  
94
硫酸化オリゴ糖に対するα1,3/1,4フコース転移酵素群の基質特異性の解析, 第31回日本糖質学会年会、鹿児島, 2012年09月01日, ,  
95
Regulation pf activin/nodal signaling during cell-fate specification in the mouse blastocyst and in embryonic stem cells., The ISSCR (International Society for Stem Cell Research) 9th Annual Meeting, at Yokohama, 2012年06月01日, ,  
96
LacdiNAc structure regulates LIF/STAT3 signaling and is required for self-renewal of naïve state pluripotent stem cells., he 8th International Symposium on Glycosyltransferases, at Hannover, 2012年06月01日, ,  
97
LacdiNAc 構造はナイーブ状態の多能性幹細胞の維持と誘導に重要である, 第11回日本再生医療学会総会、横浜, 2012年06月01日, ,  
98
3-O-sulfated heparan sulfate structure contributes to the differentiation of mouse embryonic stem cells, The ISSCR (International Society for Stem Cell Research) 9th Annual Meeting, at Yokohama, 2012年06月01日, ,  
99
LacdiNAc structure regulates LIF/STAT3 signaling and is required for self-renewal of naïve state pluripotent stem cells, 8th International Symposium on Glycosyltransferases, 2012年06月, ,  
100
ES/iPS細胞の自己再性能と多能性維持、及び、分化を制御する糖鎖構造, CPhI Japan 2012 TLO/大学知的財産本部 技術移転セミナー, 2012年04月01日, ,  
101
硫酸化阻害剤による早期神経分化誘導法, GlycoTOKYO2010シンポジウム、和光, 2011年12月01日, ,  
102
LIF/STAT3 signaling through LacdiNAc glycan structure distinguishes between naïve and primed state pluripotent stem cells, 第34回日本分子生物学会年会、横浜, 2011年12月01日, ,  
103
The cell surface glycan LacdiNAc (GalNAcβ1-4GlcNAc) contributes to self-renewal of mouse embryonic stem cells by regulating LIF/STAT3 signaling, Annual Conference of the Society for Glycobiology, at Seattle, 2011年11月01日, ,  
104
Proteoglycans involved in the maintenance and differentiation of ES and iPS cells, Glycobiology Japan-Netherland Joint Seminar, at Nagoya, 2011年10月01日, ,  
105
Functional analysis of sulfated glycans for the maintenance and the differentiation of ES cells and iPS cells, The 7th International Conference on Proteoglycans, at Sydney, 2011年10月01日, ,  
106
Maintenance and induction of naïve state embryonic stem cells require LacdiNAc carbohydrate structure, The 71st Okazaki International Conference, at Okazaki, 2011年10月01日, ,  
107
Maintenance and induction of naïve state embryonic stem cells require LacdiNAc carbohydrate structure., 71st Okazaki International Conference, 2011年10月, ,  
108
Proteoglycans involved in the maintenance and differentiation of ES and iPS cells., Glycobiology Japan-Netherland Joint Seminar, 2011年10月, ,  
109
Functional analysis of sulfated glycans for the maintenance and the differentiation of ES cells and iPS cells., 7th International Conference on Proteoglycans, 2011年10月, ,  
110
ES細胞及びiPS細胞からの早期神経分化誘, 第84回日本生化学会大会、京都, 2011年09月01日, ,  
111
he cell surface LacdiNAc (GalNAcβ1–4GlcNAc) contributes to self-renewal of mouse embryonic stem cells by regulating LIF/STAT3 signaling, The 31th Naito Conference on Glycan Expression and Regulation [II]: Metabolites, Stress Response, Microdomains, and Beyond, at Sapporo, 2011年09月01日, ,  
112
Disorganization of muscle ultrastructure along with defective motor function and increased apoptosis of myoblasts in Drosophila model for the Walker-Warburg syndrome, XXI International Symposium on Glycoconjugates, 2011年08月, ,  
113
PAPS輸送体の大腸ガンにおける発現と機能, 第30回日本糖質学会年会、長岡, 2011年07月01日, ,  
114
LacdiNAc構造は、LIF/STATシグナルを制御してマウスES細胞の自己再生に関わっている, 第30回日本糖質学会年会, 2011年07月, ,  
115
LacdiNAc carbohydrate structure contributes to self renewal of mouse embryonic stem cells by regulating LIF/STAT3 signaling, The ISSCR (International Society for Stem Cell Research) 9th Annual Meeting, at Toronto, 2011年06月01日, ,  
116
Wnt/β-catenin signaling negatively regulates ERK pathway in mouse embryonic stem cells, The ISSCR (International Society for Stem Cell Research) 9th Annual Meeting, at Toronto, 2011年06月01日, ,  
117
DrosophilaのO-マンノース転移酵素突然変異体における筋組織の微細構造解析, 日本顕微鏡学会第67回学術講演会、福岡, 2011年05月01日, ,  
118
LIF/STAT3 signaling is regulated by LacdiNAc (GalNAcβ1–4GlcNAc) glycan structures on mouse embryonic stem cells, 9th Stem Cell Research Symposium, 2011年05月, ,  
119
硫酸化阻害剤によるマウスES細胞およびヒトiPS細胞の神経分化誘導, 第10回日本再生医療学会総会、東京, 2011年03月01日, ,  
120
進行性筋ジストロフィー、ウォーカー・ワールブルク症候群のモデルとなるショウジョウバエO-マンノース転移酵素の突然変異体, 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会合同大会(BMB2010)、神戸, 2010年12月01日, ,  
121
Expression and role of 3'-phosphoadenosine 5'-phosphosulfate transporters in human colorectal carcinoma, 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会合同大会(BMB2010)、神戸, 2010年12月01日, ,  
122
ES細胞の未分化性・多能性維持、分化シグナルの拠点となる硫酸化糖鎖, 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会合同大会, 2010年12月, ,  
123
Apoptosis of myoblasts is increased in Drosophila model for Walker-Warburg syndrome, Annual Conference of the Society for Glycobiology, at St Petersburg (FL), 2010年11月01日, ,  
124
ヒト大腸癌におけるPAPS輸送体の発現と機能, GlycoTOKYO2010シンポジウム, 2010年11月01日, ,  
125
硫酸化糖鎖の新しい機能:ES細胞・iPS細胞の未分化性・多能性維持と分化の制御, 第8回糖鎖科学コンソーシアムシンポジウム, 2010年11月, ,  
126
Identification of neural specific glycosylation regulators using functional glycomics, The 25th International Carbohydrate Symposium (ICS2010), at Makuhari, 2010年08月01日, ,  
127
Functional analysis of sulfated glycans in the differentiation of embryonic stem cells, 25th International Carbohydrate Symposium, 2010年08月, ,  
128
Heparan sulfate is required for the maintenance of self-renewal in mouse embryonic stem cells, The 8th Naito Conference on Glycan Expression and Regulation [I] Functions and Disease Mechanisms, at Kanagawa, 2010年07月01日, ,  
129
Novel sugar nucleotide transporter candidate contributes to tracheal formation in Drosophila, The 7th International Symposium on Glycosyltransferases, at Tokyo, 2010年07月01日, ,  
130
Functional analysis of sulfation in the maintenance of mouse embryonic stem cells, the differentiation of the embryoid body and the progression of neurogenesis, The 8th Naito Conference on Glycan Expression and Regulation [I] Functions and Disease Mechanisms, at Kanagawa, 2010年07月01日, ,  
131
Regulation of protein O-glucuronylation in the Drosophila melanogaster embryo by a Toll-like receptor, The 7th International Symposium on Glycosyltransferases, at Tokyo, 2010年07月01日, ,  
132
Sulfated glycan function in development: from Drosophila to ES cells, 28th Naito Conference on Glycan Expression and Regulation [I] Functions and Disease Mechanisms, 2010年07月, ,  
133
Sulfation contributes to the maintenance of mouse embryonic stem cells, the differentiation of the embryoid body and the progression of neurogenesis, 第8回幹細胞シンポジウム, 2010年05月, ,  
134
硫酸化修飾はES細胞の維持および分化に重要である, 第9回日本再生医療学会総会、広島, 2010年03月01日, ,  
135
RNAi、及び、変異体を用いた糖鎖機能解析:種を越えて保存されている機能, CREST糖鎖領域最終(公開)シンポジウム、東京(品川), 2010年01月01日, ,  
136
ES細胞の未分化性・多能性維持に関わる硫酸化糖鎖, 第32回日本分子生物学会年会、ワークショップ、横浜, 2009年12月01日, ,  
137
The 3’-phosphoadenosine 5’-phosphosulfate transporters, PAPST1 and PAPST2, are important for the maintenance and the differentiation of mouse embryonic stem cells, XX International Symposium on Glycoconjugates, at San Juan (Puerto Rico), 2009年11月01日, ,  
138
マウスPAPS輸送体 mPAPST1, mPAPST2 の機能解析, GlycoTOKYO2009シンポジウム、東京, 2009年11月01日, ,  
139
ショウジョウバエの翅の形態形成に関わる新規糖ヌクレオチド輸送体候補遺伝子 dUGTrel1, 第82回日本生化学会大会、神戸, 2009年10月01日, ,  
140
Functional analysis of heparan sulfate in mouse embryonic stem cells, The 1st ACGG (Asian Communications of Glycobiology and Glycotechnology) Conference, at Tsukuba, 2009年10月01日, ,  
141
ショウジョウバエを用いた糖鎖機能解析:ショウジョウバエとヒトとで保存されている糖鎖の機能, 立命館大学理工学研究所ワークショップ「糖鎖と神経研究の新展開ー創薬への発展に向けてー」、滋賀, 2009年10月01日, ,  
142
日本糖鎖科学コンソーシアムのデータベース, 第82回日本生化学会大会、神戸, 2009年10月01日, ,  
143
PAPST1抑制によるBurkittリンパ腫細胞の放射線感受性の増加について, 第82回日本生化学会大会、神戸, 2009年10月01日, ,  
144
Functional analysis of glycans using Drodsophila, Austria/Japn Seminar on Comparative and Developmental Glycobiology , at Hayama, 2009年09月01日, ,  
145
日本糖鎖科学コンソーシアムのデータベース, 第29回日本糖質学会年会、高山, 2009年09月01日, ,  
146
ショウジョウバエ糖ヌクレオチド輸送体ファミリーの機能解析, 第29回日本糖質学会年会、高山, 2009年09月01日, ,  
147
Heparan sulfate contributes to self-renewal and pluripotency in mouse embryonic stem cells, 第8回幹細胞シンポジウム、淡路, 2009年05月01日, ,  
148
Drosophila putative sugar nucleotide transporter contributes to Dpp signaling, Joint Meeting Clinical and Translational Research on Cancer: Glycomics Applications & The 2nd Seminar on Functional Glycomics for Young Investigators, at Mie, 2009年03月01日, ,  
149
ショウジョウバエコア1β1,3-ガラクトース転移酵素は、胚の中枢神経系におけるT抗原を合成する, 第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会合同大会(BMB2008)、神戸, 2008年12月01日, ,  
150
A novel role of Notch monosaccharide O-fucose modification is required for Delta-Notch but not Serrate-Notch signaling in Drosophila, 第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会合同大会(BMB2008)、神戸, 2008年12月01日, ,  
151
細胞質PNGaseホモログのショウジョウバエ発生における機能解析, 第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会合同大会(BMB2008)、神戸, 2008年12月01日, ,  
152
ショウジョウバエ新規糖ヌクレオチド輸送体候補遺伝子の機能解析, 第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会合同大会(BMB2008)、神戸, 2008年12月01日, ,  
153
Heparansulfate regulates self-renewal and pluripotency of embryonic stem cells, The 23rd Naito Conference on Molecular Basis for Maintenance and Differentiation of Stem Cells, at Kanagawa, 2008年11月01日, ,  
154
Functional analysis of a novel sugar nucleotide transporter candidate gene in Drosophila, Annual Conference of the Society for Glycobiology, at Fort Worth, 2008年11月01日, ,  
155
小胞体とゴルジ体にそれぞれ局在する2つのGDP-フコース輸送体はNotchのO-フコシル化に重複した機能をもっている, 第28回日本糖質学会年会、筑波, 2008年08月01日, ,  
156
へパラン硫酸はマウス胚性幹細胞の未分化性と多能性を制御する, 第28回日本糖質学会年会、筑波, 2008年08月01日, ,  
157
Heparan sulfate regulates self-renewal and pluripotency of mouse embryonic stem cells, The 6th International Symposium on Glycosyltransferases, at Atlanta, 2008年05月01日, ,  
158
ヘパラン硫酸はマウスES細胞の未分化性と多能性を制御する, 第7回日本再生医療学会総会、名古屋, 2008年03月01日, ,  
159
ショウジョウバエにより解明される糖鎖の役割, 特定領域研究「糖鎖によるタンパク質と分子複合体の機能調節」(グライコミクス)公開シンポジウム「第3の生命鎖:糖鎖の謎が今、解る」, 2008年01月01日, ,  

 

共同研究・競争的資金等の研究課題
No.提供機関, 制度名, 課題名等, 資金種別, 研究期間 
1
文部科学省, , 成熟血球細胞の糖鎖関連分子が担う「造血幹細胞へのフィードバック制御」の探索と解明, ,  2016年04月 - 2017年04月 
2
日本私立学校振興・共済事業団, , ES/iPS細胞のナイーブ状態を決める糖鎖と再生医療への応用 —糖鎖の網羅的探索と新規培養法の開発 —, ,  2016年04月 - 2016年04月 
3
文部科学省, , ヒトES/iPS細胞の維持と分化におけるプラズマ照射効果と分子生物学的基盤の形成, ,  2015年04月 - 2016年04月 
4
文部科学省, , ES/iPS細胞の分化におけるプラズマ照射効果とその分子生物学的機構の解明, ,  2013年04月 - 2014年04月 
5
文部科学省, , 神経近位部特異的に局在する糖鎖の構造と軸索区画化における機能の解明, ,  2012年04月 - 2013年04月 
6
文部科学省, , 造血幹細胞の維持と分化を制御する糖鎖関連遺伝子の網羅的探索と解析, ,  2012年04月 - 2013年04月 
7
文部科学省, , 硫酸化修飾のPAPS輸送体制御による統合的機能解析, ,  2008年04月 - 2010年04月 
8
科学技術振興機構, , 一細胞を生きたままリアルタイムで解析するOn Chip One Cell解析システムの開発, ,  2007年04月 - 2008年04月 

 

産業財産権
No.産業財産権の種類, 産業財産権の名称, 出願番号, 出願日, 特許番号/登録番号, 登録日, 発行日 
1
特許権 , 分化制御剤、分化抑制基材及び分化抑制方法並びにその使用, , 2008年06月01日, 特願2008-167493,  ,   
2
特許権 , 「分化制御剤及び自己再生制御剤」, , 2006年06月01日, 特許第5250790号, 2013年04月01日,