創価大学

研究者情報データベース

日本語 English

TOP
所属別検索
キーワード検索
研究分野別検索
条件指定検索

創価大学
ホームページ

高瀬 明 (タカセ サヤカ,TAKASE Sayaka)

基本情報 研究分野 教育 研究 学内活動 学外活動

 

書籍等出版物
No.タイトル URL, 担当区分, 出版社, 出版年月, 担当範囲, ISBN 
1
神経病原性マウスレトロウイルス感染による海綿状脳症 , , 神経免疫学 13, 247-253 (日本神経免疫学会), 2005年, 神経免疫学 13, 247-253,  
2
Role of glial cells in neuropathogenesis of murine leukemia viruses , , Current Topics in Virology 3, 119-124 (Research Trends), 2003年, ,  

 

論文
No.論文タイトル URL, 誌名(出版物名), 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月, DOI 
1
Turkeys possess diverse Siaα2-3Gal glycans that facilitate their dual susceptibility to avian influenza viruses isolated from ducks and chickens , Virus Research, 315,  198771- 198771, 2022年07月02日, https://doi.org/10.1016/j.virusres.2022.198771 
2
インフルエンザウイルスの鳥型レセプター検出における諸問題—The issues in detection of avian-type receptors for influenza viruses , ウイルス, 71( 2), 175- 183, 2021年12月,  
3
Sulfated glycans containing NeuAcα2-3Gal facilitate the propagation of human H1N1 influenza A viruses in eggs , Virology, 562,  29- 39, 2021年10月, https://doi.org/10.1016/j.virol.2021.06.008 
4
E190V substitution of H6 hemagglutinin is one of key factors for binding to sulfated sialylated glycan receptor and infection to chickens , Microbiology and Immunology, 64( 4), 304- 312, 2020年04月, https://doi.org/10.1111/1348-0421.12773 
5
Optimization of Haemophilus influenzae adhesin transmembrane domain expression in Escherichia coli , Protein Expression and Purification, 145,  19- 24, 2018年05月, https://doi.org/10.1016/j.pep.2017.12.009 
6
Splicing of friend murine leukemia virus env-mRNA enhances its ability to form polysomes , Frontiers in Microbiology, 7( FEB), 7:160- , 2016年02月16日, https://doi.org/10.3389/fmicb.2016.00160 
7
Polyadenylation of Friend murine leukemia virus env-mRNA is affected by its splicing , Microbiology and Immunology, 58( 8), 474- 482, 2014年08月, https://doi.org/10.1111/1348-0421.12170 
8
A chicken influenza virus recognizes fucosylated α2,3 sialoglycan receptors on the epithelial cells lining upper respiratory tracts of chickens , Virology, 456-457( 1), 131- 138, 2014年05月, https://doi.org/10.1016/j.virol.2014.03.004 
9
Frequent glycan structure mining of influenza virus data revealed a sulfated glycan motif that increased viral infection , Bioinformatics, 30( 5), 706- 711, 2014年03月, https://doi.org/10.1093/bioinformatics/btt573 
10
A 38 nt region and its flanking sequences within gag of Friend murine leukemia virus are crucial for splicing at the correct 5′ and 3′ splice sites , Microbiology and Immunology, 58( 1), 38- 50, 2014年01月, https://doi.org/10.1111/1348-0421.12114 
11
Kinetic studies of the effect of a 17 nucleotide difference in the 0.3 kb region containing the R-U5-5’ leader sequence of Friend murine leukemia virus on viral gene expression , Microbiol. Immunol., 57( 8), 594- 599, 2013年08月, https://doi.org/10.1111/1348-0421.12072 
12
The 0.3-kb fragment containing the R-U5-5’leader sequence of Friend murine leukemia virus influences the level of protein expression from spliced mRNA , Virol. J., 10,  10:124- , 2013年04月, https://doi.org/10.1186/1743-422X-10-124 
13
O-sulfate groups of heparin are critical for inhibition of ecotropic murine leukemia virus infection by heparin , Virology, 424( 1), 56- 66, 2012年03月01日, https://doi.org/10.1016/j.virol.2011.11.030 
14
Narrowing down the critical region within env gene for determining neuropathogenicity of murine leukemia virus A8 , Microbiology and Immunology, 55( 10), 694- 703, 2011年10月, https://doi.org/10.1111/j.1348-0421.2011.00374.x 
15
Friend murine leukemia virus A8 regulates Env protein expression through an intron sequence , Virology, 385( 1), 115- 125, 2009年03月01日, https://doi.org/10.1016/j.virol.2008.11.040 
16
Analysis of cis-regulatory elements in the 5’ Untranslated region of murine leukemia virus controlling protein expression , Microbiol. Immunol., 53( 3), 140- 148, 2009年03月, https://doi.org/10.1111/j.1348-0421.2008.00103.x 
17
Neuropathology induced by infection with Friend murine leukemia viral clone A8-V depends upon the level of viral antigen expression , Neuropathology, 26( 3), 188- 195, 2006年06月, https://doi.org/10.1111/j.1440-1789.2006.00680.x 
18
Cerebral metabolism in brains of rats infected with neuropathogenic murine leukemia viruses , Journal of Veterinary Medical Science, 68( 3), 259- 265, 2006年03月, https://doi.org/10.1292/jvms.68.259 
19
A viral non-coding region determining neuropathogenicity of murine leukemia virus A8 is responsible for envelope protein expression in the rat brain , Microbiology and Immunology, 50( 3), 197- 201, 2006年, https://doi.org/10.1111/j.1348-0421.2006.tb03786.x 
20
Interruption of env gene expression depending on the length of the SV40 early region used for the polyA signal , Japanese Journal of Infectious Diseases, 58( 6), 380- 382, 2005年12月,  
21
A 0.3-kb fragment containing the R-U5-5′ leader sequence is essential for the induction of spongiform neurodegeneration by A8 murine leukemia virus , Virology, 336( 1), 1- 10, 2005年05月25日, https://doi.org/10.1016/j.virol.2005.03.005 
22
Increased expression of c-myc is associated with thymoma in rats infected with murine leukemia virus A8 , Microbiology and Immunology, 49( 12), 1069- 1074, 2005年, https://doi.org/10.1111/j.1348-0421.2005.tb03704.x 
23
Analysis of the distribution of neuropathogenic retroviral antigens following PVC211 or A8-V infection , Microbiology and Immunology, 49( 12), 1075- 1081, 2005年, https://doi.org/10.1111/j.1348-0421.2005.tb03705.x 
24
Unique three-repeat sequences containing FVa, LVb/C4, and CORE motifs in LTR-U3 of Friend murine leukemia virus clone A8 accelerate the induction of thymoma in rat , Virology, 326( 1), 29- 40, 2004年08月15日, https://doi.org/10.1016/j.virol.2004.04.047 
25
Neuropathology of experimental autoimmune encephalomyelitis modified by retroviral infection , Neuropathology, 22( 4), 280- 289, 2002年12月, https://doi.org/10.1046/j.1440-1789.2002.00453.x 
26
Identification of genetic determinants that regulate tumorigenicity of friend murine leukemia virus in rats , Microbiology and Immunology, 46( 12), 885- 890, 2002年, https://doi.org/10.1111/j.1348-0421.2002.tb02777.x 
27
Implantation of BDNF-producing packaging cells into brain , Cell Transplantation, 11( 5), 459- 464, 2002年, https://doi.org/10.3727/000000002783985657 
28
Cell transplantation to the brain with microglia labeled by neuropathogenic retroviral vector system , Cell Transplantation, 11( 5), 471- 473, 2002年, https://doi.org/10.3727/000000002783985684 
29
Distribution of ecotropic retrovirus receptor protein in rat brains detected by immunohistochemistry , Journal of General Virology, 82( 8), 1815- 1820, 2001年08月, https://doi.org/10.1099/0022-1317-82-8-1815 
30
Properties of the naturally occurring soluble surface glycoprotein of ecotropic murine leukemia virus: Binding specificity and possible conformational change after binding to receptor , Journal of Virology, 74( 4), 1815- 1826, 2000年02月, https://doi.org/10.1128/JVI.74.4.1815-1826.2000 
31
High incidence of meningeal infiltration by leukemic cells after infection of chimeric virus between neuropathogenic and non-neuropathogenic retroviruses , Journal of NeuroVirology, 5( 4), 414- 420, 1999年08月, https://doi.org/10.3109/13550289909029482 
32
Contribution of virus-receptor interaction to distinct viral proliferation of neuropathogenic and nonneuropathogenic murine leukemia viruses in rat glial cells , Journal of Virology, 73( 5), 4461- 4464, 1999年05月, https://doi.org/10.1128/jvi.73.5.4461-4464.1999 
33
Unique sequence and lesional tropism of a new variant of neuropathogenic friend murine leukemia virus , Virology, 233( 2), 411- 422, 1997年07月07日, https://doi.org/10.1006/viro.1997.8619 
34
Gene transfer through implantation of embryonal carcinoma cells in the brain , Cell Transplantation, 5( 5 SUPPL. 1), S9- S12, 1996年09月, https://doi.org/10.1016/0963-6897(96)00030-9 
35
Retroviral pseudo-virus carrying the envelope proteins of neurotropic friend murine leukemia virus effectively transferred retroviral vector into glial cells , Virus Research, 42( 1-2), 97- 106, 1996年06月, https://doi.org/10.1016/0168-1702(96)01302-0 
36
Inhibition of neurotropic mouse retrovirus replication in glial cells by synthetic oligo(2′-O-methyl)ribonucleoside phosphorothioates , Antiviral Research, 28( 4), 359- 368, 1995年12月, https://doi.org/10.1016/0166-3542(95)00061-5 
37
Characterization of monoclonal antibodies recognizing neurotropic Friend murine leukemia virus , Virus Research, 38( 2-3), 297- 304, 1995年10月, https://doi.org/10.1016/0168-1702(95)00066-Y 
38
Gene expression of neurotropic retrovirus in the CNS , Progress in Brain Research, 105( C), 255- 262, 1995年01月01日, https://doi.org/10.1016/S0079-6123(08)63302-6 
39
Accumulation of unintegrated viral DNA in rat glial cells infected with neurotropic Friend murine leukemia virus , Virus Research, 32( 1), 1- 12, 1994年04月, https://doi.org/10.1016/0168-1702(94)90058-2 
40
Neutralization and fusion inhibition activities of monoclonal antibodies specific for the S1 subunit of the spike protein of neurovirulent murine coronavirus JHMV c1-2 variant , Journal of General Virology, 74( 7), 1421- 1425, 1993年07月, https://doi.org/10.1099/0022-1317-74-7-1421 
41
Localization of major neutralizing epitopes on the S1 polypeptide of the murine coronavirus peplomer glycoprotein , Virus Research, 18( 2-3), 99- 107, 1991年03月, https://doi.org/10.1016/0168-1702(91)90011-J 
42
EXPRESSION OF THE SPIKE PROTEIN OF MURINE CORONA VIRUS JHM USING A BACULOVIRUS VECTOR , CORONAVIRUSES AND THEIR DISEASES, 276,  211- 216, 1990年,  
43
Expression of the peplomer glycoprotein of murine coronavirus JHM using a baculovirus vector , Virology, 173( 2), 615- 623, 1989年12月, https://doi.org/10.1016/0042-6822(89)90573-4 
44
Spin-labeling of influenza virus hemagglutinin permits analysis of the conformational change at low pH and its inhibition by antibody , Virus Research, 4( 3), 251- 261, 1986年05月, https://doi.org/10.1016/0168-1702(86)90004-3 
45
Interference with a conformational change in the haemagglutinin molecule of influenza virus by antibodies as a possible neutralization mechanism , Vaccine, 3( 3), 219- 222, 1985年09月, https://doi.org/10.1016/0264-410X(85)90110-0 
46
Is bivalent binding of monoclonal antibodies to different antigenic areas on the hemagglutinin of influenza virus required for neutralization of viral infectivity? , Archives of Virology, 85( 3-4), 209- 216, 1985年09月, https://doi.org/10.1007/BF01314232 
47
An avian influenza virus of which infectivity is neutralized by antisera lacking hemagglutination-inhibition activity , Archives of Virology, 74( 2-3), 205- 210, 1982年06月, https://doi.org/10.1007/BF01314713 

 

MISC
No.MISCタイトル URL, 誌名, 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月(日) 
1
ヒトH1N1インフルエンザAウイルスは発育鶏卵の羊膜・尿膜に発現するα2,3結合シアル酸を含む硫酸化糖鎖分子をレセプターとして利用する , 日本ウイルス学会学術集会プログラム・予稿集(Web), 68th,   , 2021年 
2
シチメンチョウの気管上皮に発現する多様な鳥インフルエンザウイルスレセプターの構造解析 , 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 164th (CD-ROM),   , 2021年 
3
ヒトH1インフルエンザAウイルスの発育鶏卵での増殖に寄与するレセプター構造の解明 , 日本糖質学会年会要旨集, 40th,   , 2021年 
4
鳥インフルエンザウイルスの中間宿主としてのウズラおよびシチメンチョウにおけるシアル酸糖鎖分布の解析 , 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 163rd,   , 2020年 
5
鳥インフルエンザウイルスのα2,3硫酸化シアル酸糖鎖認識機構の解析 , 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 161st,  355- , 2018年08月21日 
6
ヒトH1インフルエンザウイルスは6硫酸化糖鎖構造をレセプターとするか? , 日本糖質学会年会要旨集, 34th,   , 2015年 
7
ニワトリのインフルエンザウイルスはフコシル化および硫酸化α2,3シアル酸糖鎖をレセプターとする , 日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 62nd,  154- , 2014年10月31日 
8
ニワトリのインフルエンザウイルスはフコシル化α2,3シアル酸糖鎖をレセプターとする , 日本糖質学会年会要旨集, 33rd,  62- , 2014年07月23日 
9
糖鎖アレイデータベースから抽出されたインフルエンザウイルス感染を増強する糖鎖構造 , 日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 61st,  239- , 2013年10月29日 
10
ニワトリのインフルエンザウイルスはニワトリ気管上皮に発現するフコシル化α2,3シアル酸糖鎖をレセプターとして認識する , 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 155th,  229- , 2013年03月04日 
11
The level of viral antigen expression determined neuropathogenicity induced by A8 infection , JOURNAL OF NEUROIMMUNOLOGY, 178,  254- 254, 2006年09月 
12
A 0.3-kb fragment containing the R-U5-5 ' leader sequence controls Env expression and is essential for induction of spongiform neurodegeneration by A8 murine leukemia virus , JOURNAL OF NEUROIMMUNOLOGY, 178,  254- 255, 2006年09月 
13
神経病原性レトロウイルスA8-Vの env 遺伝子発現に見られた奇妙なスプライシング , 慶應醫學, 83( 1), 29- 35, 2006年03月25日 
14
レトロウイルス感染による EAE の修飾 , Neuropathology : official journal the Japanese Society of Neuropathology, 20,  198- 198, 2000年06月01日 
15
神経病原性レトロウイルスの抗原分布の検索 , Neuropathology : official journal the Japanese Society of Neuropathology, 17,  66- 66, 1997年05月26日 

 

講演・口頭発表等
No.講演・口頭発表タイトル, 会議名, 発表年月日, 主催者, 開催地 
1
ポリラクトサミン構造過剰発現細胞株の樹立, GlycoTOKYO2023 シンポジウム, 2023年12月09日, ,  
2
マウス白血病ウイルス全長mRNAのgag領域内に存在する核外輸送に寄与するシスエレメントの解析, 第46回日本分子生物学会年会, 2023年12月06日, ,  
3
MLV感染におけるsyndecan-1の発現の重要性, 第46回日本分子生物学会年会, 2023年12月06日, ,  
4
マウス白血病ウイルス全長mRNAのgag領域に存在する核外輸送エレメントの解析, 第70回日本ウイルス学会学術集会, 2023年09月26日, ,  
5
Syndecanによるマウス白血病ウイルス感染の促進機構の解明, 第70回日本ウイルス学会学術集会, 2023年09月26日, ,  
6
マウス白血病ウイルス全長mRNAのgag領域に存在するポリソーム形成を促進するシスエレメントの同定, 第70回日本ウイルス学会学術集会, 2023年09月26日, ,  
7
マウス白血病ウイルス感染における標的細胞のsyndecan 1発現の重要性, 第25回日本レトロウイルス研究会夏期セミナー(SRC2023), 2023年07月19日, ,  
8
マウス白血病ウイルス全長mRNAの核外輸送に寄与する機能領域の同定, 第25回日本レトロウイルス研究会夏期セミナー(SRC2023), 2023年07月19日, ,  
9
マウス白血病ウイルス全長mRNAの核外輸送に寄与するシスエレメントの解析, 第45回日本分子生物学会年会, 2022年12月01日, , 千葉 
10
マウス白血病ウイルス感染におけるsyndecanの役割の解明, 第45回日本分子生物学会年会, 2022年12月01日, , 千葉 
11
マウス白血病ウイルスのスプライス部位選択に関与する細胞因子の検索, 第45回日本分子生物学会年会, 2022年12月01日, , 千葉 
12
細胞表面プロテオグリカンであるSyndecanはマウス白血病ウイルスの感染を促進する, 第69回日本ウイルス学会学術集会, 2022年11月14日, , 長崎 
13
マウス白血病ウイルス全長mRNAのポリソーム形成を促進するシスエレメントはgag-pol領域に複数個存在する, 第69回日本ウイルス学会学術集会, 2022年11月13日, , 長崎 
14
Receptor structures that contribute to the propagation of human H1N1 influenza A viruses in embryonated chicken eggs, Sialoglyco2022, 2022年09月06日, Nagoya University, ハイブリッド開催 
15
細胞表面プロテオグリカンであるSyndecanはマウス白血病ウイルスのcell-free感染またはcell-to-cell感染のどちらを促進するか?, 日本レトロウイルス研究会(SRC)夏季セミナー, 2022年07月14日, , オンライン開催 
16
マウス白血病ウイルス全長mRNAのポリソーム形成を促進するシスエレメントの同定, 日本レトロウイルス研究会(SRC)夏季セミナー, 2022年07月14日, , オンライン開催 
17
インフルエンザウイルスに対するレセプターの多様性と宿主域に関する研究, 人獣共通感染症研究拠点研究シンポジウム, 2022年03月17日, 北海道大学 人獣共通感染症国際共同研究所, Web開催 
18
マウス白血病ウイルス感染におけるSyndecanの機能解析, 第44回日本分子生物学会年会, 2021年12月02日, 日本分子生物学会,  
19
Turkeys possess diverse α2,3 sialoside on the tracheal epithelia that support dual susceptibility to duck and chicken influenza viruses, 第68回日本ウイルス学会学術集会, 2021年11月16日, 日本ウイルス学会,  
20
ヒトH1N1インフルエンザAウイルスは発育鶏卵の羊膜・尿膜に発現するα2,3結合シアル酸 を含む硫酸化糖鎖分子をレセプターとして利用する, 第68回日本ウイルス学会学術集会, 2021年11月16日, 日本ウイルス学会,  
21
マウス白血病ウイルス全長mRNAのポリソーム形成促進に寄与するシスエレメントの解析, 第68回日本ウイルス学会学術集会, 2021年11月16日, 日本ウイルス学会,  
22
ヒトH1インフルエンザAウイルスの発育鶏卵での増殖に寄与するレセプター構造の解明, 第40回日本糖質学会年会, 2021年10月28日, 日本糖質学会,  
23
シチメンチョウの気管上皮に発現する多様な鳥インフルエンザウイルスレセプターの構造解析, 第164回日本獣医学会学術集会, 2021年09月07日, 日本獣医学会,  
24
鳥インフルエンザウイルスの中間宿主と考えられるシチメンチョウの気管上皮に発現する多様なレセプターの構造解析, 第54回日本ウイルス学会北海道支部会夏季シンポジウム, 2021年07月31日, 日本ウイルス学会北海道支部,  
25
ヒトH1N1インフルエンザAウイルスの感染に寄与する発育鶏卵羊・尿膜レセプターの構造, 第34回インフルエンザ研究者交流の会シンポジウム, 2021年07月02日, インフルエンザ研究者交流の会,  
26
シチメンチョウの気管上皮に発現する多様な鳥インフルエンザウイルスレセプターの分布と構造の解析, 第34回インフルエンザ研究者交流の会シンポジウム, 2021年07月02日, インフルエンザ研究者交流の会,  
27
マウス白血病ウイルス感染におけるSyndecanの役割の解明, 日本レトロウイルス研究会(SRC)夏季セミナー, 2021年07月01日, 日本レトロウイルス研究会,  
28
鳥インフルエンザウイルスの中間宿主としてのウズラおよびシチメンチョウにおけるシアル酸糖鎖分布の解析, 第163回 日本獣医学会学術集会, 2020年09月, ,  
29
マウス白血病ウイルスのスプライシングを制御するgag遺伝子内11nt領域の機能解明, 第42回日本分子生物学会年会, 2019年12月03日, ,  
30
マウス白血病ウイルスmRNAのポリソーム形成に関する研究, 第42回日本分子生物学会年会, 2019年12月03日, ,  
31
シンデカンはマウス白血病ウイルスのcell-to-cell感染を促進する, 第42回日本分子生物学会年会, 2019年12月03日, ,  
32
インフルエンザウイルスの宿主間伝播に関わる新規分子機構の解明, 感染症研究革新イニシアティブ(J-PRIDE)研究成果発表会、重症・難治性感染症の理解と予防・治療法の開発に向けて〜若手研究者たちの挑戦〜, 2019年11月18日, ,  
33
マウス白血病ウイルスのスプライス部位選択を制御するgag遺伝子内11nt領域の機能, , 2019年10月29日, ,  
34
マウス白血病ウイルスのcell-to-cell伝播におけるシンデカンの機能解析, 第67回日本ウイルス学会学術集会, 2019年10月29日, ,  
35
鳥インフルエンザウイルスのH6ヘマグルチニンのE190V変異が硫酸化シアル酸糖鎖への結合とニワトリへの感染に関与する, , 2019年10月29日, ,  
36
マウス白血病ウイルスの全長mRNAのポリソーム形成に関与するエレメントの解析, 第67回日本ウイルス学会学術集会, 2019年10月29日, ,  
37
ヒトH1インフルエンザウイルスの卵馴化に寄与するレセプター構造の解析, 第67回日本ウイルス学会学術集会, 2019年10月29日, ,  
38
マウス白血病ウイルスの全長mRNAのポリソーム形成に関する研究, 第 22 回 日本レトロウイルス研究会 夏期セミナー, 2019年07月11日, ,  
39
マウス白血病ウイルスのcell-to-cell感染におけるsyndecanの役割, 第 22 回 日本レトロウイルス研究会 夏期セミナー, 2019年07月11日, ,  
40
Promotion of polysome formation of murine leukemia virus env-mRNA, 第66回日本ウイルス学会学術集会, 2018年10月, ,  
41
マウス白血病ウイルスenv-mRNAのポリソーム形成の促進, 第 21 回 日本レトロウイルス研究会 夏期セミナー, 2018年07月, ,  
42
鳥インフルエンザウイルスのα2,3硫酸化シアル酸糖鎖認識機構の解析, 第32回 インフルエンザ研究者交流の会シンポジウム, 2018年06月, ,  
43
インフルエンザウイルスと宿主細胞レセプターの結合特異性に関する研究, 人獣共通感染症研究拠点シンポジウム, 2018年02月, ,  
44
アドヘシン膜貫通ドメインのシグナル配列非依存的な大腸菌外膜局在, 生命科学系学会合同年次大会(第40回日本分子生物学会年会、第90回生化学会大会), 2017年12月, ,  
45
マウス白血病ウイルスenv-mRNAのポリソーム形成がスプライシングに依存する要因, 第65回日本ウイルス学会学術集会, 2017年10月, ,  
46
マウス白血病ウイルスenv-mRNAのポリソーム形成, 第 20 回 日本レトロウイルス研究会 夏期セミナー, 2017年06月, ,  
47
マウス白血病ウイルス感染における重感染阻害の機構解析, 第39回日本分子生物学会年会, 2016年11月, ,  
48
マウス白血病ウイルス感染におけるシンデカンの役割, 第39回日本分子生物学会年会, 2016年11月, ,  
49
マウス白血病ウイルスmRNAの生成におけるgag遺伝子内38nt領域の機能解析, 第39回日本分子生物学会年会, 2016年11月, ,  
50
マウス白血病ウイルスenv-mRNAのポリソーム形成は何故スプライシングに依存するか?, 第64回日本ウイルス学会学術集会, 2016年10月, ,  
51
マウス白血病ウイルス感染における細胞表面ヘパラン硫酸プロテオグリカンの機能, 第64回日本ウイルス学会学術集会, 2016年10月, ,  
52
Do human H1 influenza viruses recognize sulfated glycan motif as a receptor?, 第64回日本ウイルス学会学術集会, 2016年10月, ,  
53
6−硫酸化糖鎖はヒトH1インフルエンザウイルスのレセプターとなるか?, 第30回インフルエンザ研究者交流の会シンポジウム, 2016年06月, ,  
54
A 38nt fragment within gag of murine leukemia virus is multifunctional region in viral mRNA production, 第63回日本ウイルス学会学術集会, 2015年11月, ,  
55
細胞に発現したエコトロピックマウス白血病ウイルスEnvは同種ウイルスの重感染を阻害する, 第63回日本ウイルス学会学術集会, 2015年11月, ,  
56
細胞表面ヘパラン硫酸とマウス白血病ウイルスEnvタンパク質の相互作用は感染を促進する, 第63回日本ウイルス学会学術集会, 2015年11月, ,  
57
マウス白血病ウイルス感染における細胞表面へパラン硫酸の機能解析, 第34回糖質学会年会, 2015年07月, ,  
58
ヒトH1インフルエンザウイルスは6硫酸化糖鎖構造をレセプターとするか?, 第34回糖質学会年会, 2015年07月, ,  
59
マウス白血病ウイルスmRNAのポリソーム形成に作用するシスエレメントの解析, 第62回日本ウイルス学会学術集会, 2014年11月, ,  
60
マウス白血病ウイルス感染における細胞表面ヘパラン硫酸の促進的役割, 第62回日本ウイルス学会学術集会, 2014年11月, ,  
61
細胞表面ヘパラン硫酸によるマウス白血病ウイルス感染初期過程への影響, 第37回日本分子生物学会年会, 2014年11月, ,  
62
エコトロピックマウス白血病ウイルス感染における干渉現象の機構解明, 第37回日本分子生物学会年会, 2014年11月, ,  
63
ニワトリのインフルエンザウイルスはフコシル化および硫酸化α2,3シアル酸糖鎖をレセプターとする, 第62回日本ウイルス学会学術集会, 2014年11月, ,  
64
Effects of splicing of Friend murine leukemia virus env-mRNA on its polysome structure formation and 3’end processing, XVIth International Congress of Virology, 2014年08月, ,  
65
Contribution of heparan sulfate on the cell surface to murine leukemia virus infection, XVIth International Congress of Virology, 2014年08月, ,  
66
ニワトリのインフルエンザウイルスはフコシル化α2,3シアル酸糖鎖をレセプターとする, 第33回 日本糖質学会年会, 2014年08月, ,  
67
ニワトリのインフルエンザウイルスのヘマグルチニン 220 ループの構造がフコース付加α2,3 レセプターとの結合特異性を決定する, 第28回インフルエンザ研究者交流の会シンポジウム, 2014年07月, ,  
68
細胞表面のヘパラン硫酸はマウス白血病ウイルスの感染に寄与する, 第36回 日本分子生物学会年会, 2013年12月, ,  
69
マウス白血病ウイルス感染における干渉現象の機構解明, 第61回日本ウイルス学会学術集会, 2013年11月, ,  
70
エコトロピックマウス白血病ウイルス感染における細胞表面のヘパラン硫酸の役割, 第61回日本ウイルス学会学術集会, 2013年11月, ,  
71
糖鎖アレイデータベースから抽出されたインフルエンザウイルス感染を増強する糖鎖構造, 第61回日本ウイルス学会学術集会, 2013年11月, ,  
72
マウス白血病ウイルスの神経病原性に関与する遺伝子領域とその役割, 第61回日本ウイルス学会学術集会, 2013年11月, ,  
73
糖鎖アレイデータから抽出されたインフルエンザウイルスの感染に関与する糖鎖構造, 第27回インフルエンザ研究者交流の会シンポジウム, 2013年06月, ,  
74
鳥インフルエンザウイルスのレセプターについて, 第27回インフルエンザ研究者交流の会シンポジウム, 2013年06月, ,  
75
ニワトリのインフルエンザウイルスはニワトリ気管上皮に発現するフコシル化α2,3シアル酸糖鎖をレセプターとして認識する, 第155回 日本獣医学会学術集会, 2013年03月, ,  
76
Splicing-regulatory mechanisms of murine leukemia virus, XV International Congress of Virology, 2011年, ,  
77
A 0.3-kb fragment containing the R-U5-5’leader sequence of the murine leukemia virus regulates splicing efficiency, XV International Congress of Virology, 2011年, ,  
78
Interaction of the murine leukemia virus Env protein and heparan sulfate, XV International Congress of Virology, 2011年, ,  

 

共同研究・競争的資金等の研究課題
No.提供機関, 制度名, 課題名等, 資金種別, 研究期間 
1
日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 細胞の全糖鎖構造解析に基づくインフルエンザウイルスの新たな侵入受容体の構造の解明, 競争的資金,  2023年04月 - 2026年03月 
2
北海道大学人獣共通感染症国際共同研究所, 一般共同研究, インフルエンザウイルスに対するレセプターの多様性と宿主域に関する研究(継続), 競争的資金,  2023年04月 - 2024年03月 
3
北海道大学人獣共通感染症国際共同研究所, 一般共同研究, インフルエンザウイルスに対するレセプターの多様性と宿主域に関する研究(継続), 競争的資金,  2022年07月 - 2023年03月 
4
創価大学糖鎖生命システム融合研究所, 共同利用・共同研究, 動物インフルエンザウイルスのレセプター結合特異性に関する研究 (継続), 競争的資金,  2022年04月 - 2023年03月 
5
創価大学糖鎖生命システム融合研究所, 共同利用・共同研究, 動物インフルエンザウイルスのレセプター結合特異性に関する研究(継続), 競争的資金,  2021年08月 - 2022年03月 
6
北海道大学人獣共通感染症国際共同研究所, 一般共同研究, インフルエンザウイルスに対するレセプターの多様性と宿主域に関する研究, 競争的資金,  2021年06月 - 2022年03月 
7
創価大学糖鎖生命システム融合研究所, 共同利用・共同研究, 動物インフルエンザウイルスのレセプター結合特異性に関する研究, 競争的資金,  2021年02月 - 2021年03月 
8
国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED), 感染症研究革新イニシアティブ(J-PRIDE), インフルエンザウイルスの宿主間伝播に関わる新規分子機構の解明, 競争的資金,  2017年 - 2019年 
9
北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター, 一般共同研究, インフルエンザウイルスと宿主細胞レセプターの結合特異性に関する研究, 競争的資金,  2016年07月 - 2017年03月 
10
日本私立学校振興・共済事業団, 学術振興資金, ES/iPS細胞のナイーブ状態を決める糖鎖と再生医療への応用, 競争的資金,  2016年 - 2016年 
11
文部科学省, 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業, モデル生物による in vivo 糖鎖生物学 -ES細胞から病態モデルへ-, 競争的資金,  2009年 - 2013年 
12
日本学術振興会, 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究), ウイルスとの結合親和性データからの糖鎖プロファイルの抽出, 競争的資金,  2009年 - 2010年 
13
日本学術振興会, 科学研究費助成事業, ラボCDベース1細胞アッセイ用ハイスループットスクリーニングシステム, ,  2007年 - 2008年 
14
文部科学省, 私立大学学術研究高度化推進事業ハイテク・リサーチ・センター整備事業, 中枢神経系の発生・分化および病態における糖鎖機能の解明 〜再生医療への応用をめざして〜, 競争的資金,  2004年 - 2008年 
15
日本学術振興会, 科学研究費補助金(基盤研究C), がん遺伝子を持たないレトロウイルスの腫瘍原性に関する研究, 競争的資金,  2003年 - 2004年 
16
日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 実験的レトロウイルス脳症での局所一酸化窒素の測定, ,  2000年 - 2002年 
17
日本学術振興会, 科学研究費補助金(基盤研究C), レトロウイルスの神経病原性発現におけるグリア細胞の役割, 競争的資金,  2000年 - 2001年 
18
日本学術振興会, 科学研究費助成事業, ^<13>C-磁気共鳴スペクトロスコピーによる脳疾患モデル動物の脳内アミノ酸代謝の研究, ,  1998年 - 2000年 
19
文部省, 科学研究費補助金(奨励研究A)「, 中枢神経系におけるマウスレトロウイルスレセプターに関する研究, 競争的資金,  1993年 - 1993年