創価大学

研究者情報データベース

日本語 English

TOP
所属別検索
キーワード検索
研究分野別検索
条件指定検索

創価大学
ホームページ

高瀬 明 (タカセ サヤカ,TAKASE Sayaka)

基本情報 研究分野 教育 研究 学内活動 学外活動

 

授業科目
No.授業科目名 
1
生命理学特別演習V 
2
生命理学特別演習VII 
3
生命理学特別演習IX 
4
生命理学特別演習X 
5
生命理学特別研究V 
6
生命理学特別研究VII 
7
生命理学特別研究IX 
8
生命理学特別研究X 
9
生命理学特別演習I 
10
生命理学特別演習III 
11
生命理学特別演習IV 
12
生命理学特別研究I 
13
生命理学特別研究III 
14
生命理学特別研究IV 
15
初年次プロジェクト 
16
環境共生工学入門 
17
先端理工学トピックス 
18
ケーススタディII:理工 
19
生命情報工学演習III 
20
卒業演習II 
21
卒業研究I:理工 
22
卒業研究II:理工 
23
環境微生物学 
24
微生物学実験 
25
免疫科学 
26
データ解析演習 
27
先端研究I 
28
先端研究II 
29
生命理学特別演習V 
30
生命理学特別演習VI 
31
生命理学特別演習VII 
32
生命理学特別演習VIII 
33
生命理学特別研究V 
34
生命理学特別研究VI 
35
生命理学特別研究VII 
36
生命理学特別研究VIII 
37
細胞生命科学総論 
38
ウイルス学 
39
細胞生物学特論 
40
生命機能科学総論 
41
生命理学特別演習I 
42
生命理学特別演習II 
43
生命理学特別研究I 
44
生命理学特別研究II 
45
特別講義II 

 

教育方法の実践例
No.概要, 年度 
1
少人数のグループによる調査とプレゼンテーション、及び、討論の導入:「ケーススタディII」では、ウイルス感染症とその周辺分野の題材を学生自らに選ばせ、少人数のグループによる調査とプレゼンテーションを行わせる。分かりやすいプレゼンテーションが出来るよう、一人一人の学生に十分時間をとって指導することを実践した。各グループの発表に対して受講生全員による討論を行い、お互いに、よりよい発表へと仕上げていくよう工夫した。本年度はオンラインで行ったが、ブレークアウトルームを利用して行った。, 2022年度 
2
ポータルサイトを利用した予習課題提示による学習の動機付け、及び、復習課題による学習内容の定着:「微生物学」および「免疫科学」では、毎回、次回の授業のための予習課題をポータルサイトを利用して提示し、授業内容がより理解されるような教育方法を実践した。さらに、専門知識が不足している学生にも理解させることができるよう、時間内に復習課題を行わせ、習熟度を確認しながら授業を進めた。本年度はオンライン受講者もあったため、課題の提出は全てポータルサイトを通じて行った。, 2022年度 
3
少人数のグループによる調査とプレゼンテーション、及び、討論の導入:「ケーススタディII」では、ウイルス感染症とその周辺分野の題材を学生自らに選ばせ、少人数のグループによる調査とプレゼンテーションを行わせる。分かりやすいプレゼンテーションが出来るよう、一人一人の学生に十分時間をとって指導することを実践した。各グループの発表に対して受講生全員による討論を行い、お互いに、よりよい発表へと仕上げていくよう工夫した。本年度はオンラインで行ったが、ブレークアウトルームを利用して行った。, 2021年度 
4
ポータルサイトを利用した予習課題提示による学習の動機付け、及び、復習課題による学習内容の定着:「微生物学」および「免疫科学」では、毎回、次回の授業のための予習課題をポータルサイトを利用して提示し、授業内容がより理解されるような教育方法を実践した。さらに、専門知識が不足している学生にも理解させることができるよう、時間内に復習課題を行わせ、習熟度を確認しながら授業を進めた。本年度はオンライン受講者もあったため、課題の提出は全てポータルサイトを通じて行った。, 2021年度 
5
少人数のグループによる調査とプレゼンテーション、及び、討論の導入:「ケーススタディII」では、ウイルス感染症とその周辺分野の題材を学生自らに選ばせ、少人数のグループによる調査とプレゼンテーションを行わせる。分かりやすいプレゼンテーションが出来るよう、一人一人の学生に十分時間をとって指導することを実践した。各グループの発表に対して受講生全員による討論を行い、お互いに、よりよい発表へと仕上げていくよう工夫した。本年度はオンラインで行ったが、ブレークアウトルームを利用して行った。, 2020年度 
6
ポータルサイトを利用した予習課題提示による学習の動機付け、及び、復習課題による学習内容の定着:「微生物学」および「免疫科学」では、毎回、次回の授業のための予習課題をポータルサイトを利用して提示し、授業内容がより理解されるような教育方法を実践した。さらに、専門知識が不足している学生にも理解させることができるよう、時間内に復習課題を行わせ、習熟度を確認しながら授業を進めた。本年度はオンライン授業であったため、課題の提出は全てポータルサイトを通じて行った。, 2020年度 
7
少人数のグループによる調査とプレゼンテーション、及び、討論の導入:「ケーススタディII」では、ウイルス感染症とその周辺分野の題材を学生自らに選ばせ、少人数のグループによる調査とプレゼンテーションを行わせる。分かりやすいプレゼンテーションが出来るよう、一人一人の学生に十分時間をとって指導することを実践した。各グループの発表に対して受講生全員による討論を行い、お互いに、よりよい発表へと仕上げていくよう工夫した。, 2019年度 
8
ポータルサイトを利用した予習課題提示による学習の動機付け、及び、復習課題による学習内容の定着:「微生物学」および「免疫科学」では、毎回、次回の授業のための予習課題をポータルサイトを利用して提示し、授業内容がより理解されるような教育方法を実践した。さらに、専門知識が不足している学生にも理解させることができるよう、時間内に復習課題を行わせ、習熟度を確認しながら授業を進めた。, 2019年度 
9
少人数のグループによる調査とプレゼンテーション、及び、討論の導入:「ケーススタディI,II」では、ウイルス感染症とその周辺分野を題材に、少人数のグループによる調査とプレゼンテーションを行わせる。分かりやすいプレゼンテーションが出来るよう、一人一人の学生に十分時間をとって指導することを実践した。各グループの発表に対して受講生全員による討論を行い、お互いに、よりよい発表へと仕上げていくよう工夫した。, 2018年度 
10
ポータルサイトを利用した予習課題提示による学習の動機付け、及び、復習課題による学習内容の定着:「微生物学」および「免疫科学」では、毎回、次回の授業のための予習課題をポータルサイトを利用して提示し、授業内容がより理解されるような教育方法を実践した。さらに、専門知識が不足している学生にも理解させることができるよう、時間内に復習課題を行わせ、習熟度を確認しながら授業を進めた。, 2018年度 
11
ポータルサイトを利用した予習課題提示による学習の動機付け、及び、復習課題による学習内容の定着:「微生物学」および「免疫科学」では、毎回、次回の授業のための予習課題をポータルサイトを利用して提示し、授業内容がより理解されるような教育方法を実践した。さらに、専門知識が不足している学生にも理解させることができるよう、時間内に復習課題を行わせ、習熟度を確認しながら授業を進めた。, 2017年度 
12
少人数のグループによる調査とプレゼンテーション、及び、討論の導入:「ケーススタディI,II」では、ウイルス感染症とその周辺分野を題材に、少人数のグループによる調査とプレゼンテーションを行わせる。分かりやすいプレゼンテーションが出来るよう、一人一人の学生に十分時間をとって指導することを実践した。各グループの発表に対して受講生全員による討論を行い、お互いに、よりよい発表へと仕上げていくよう工夫した。, 2017年度 
13
生命情報工学演習I,IIでは、分子細胞生物学および基礎ウイルス学を題材に、パワーポイントを用いたプレゼンテーションが出来るよう、一人一人の学生に十分時間をとって指導することを実践した。 生命情報工学演習III,IVでは、レトロウイルス学の基礎を学ばせるとともに、余裕のある学生には、英語論文を読解させ内容について発表させることにより、さらに能力をのばせる教育方法を実践した。, 2016年度 
14
生命情報工学演習I,IIでは、分子細胞生物学および基礎ウイルス学を題材に、パワーポイントを用いたプレゼンテーションが出来るよう、一人一人の学生に十分時間をとって指導することを実践した。 生命情報工学演習III,IVでは、レトロウイルス学の基礎を学ばせるとともに、余裕のある学生には、英語論文を読解させ内容について発表させることにより、さらに能力をのばせる教育方法を実践した。 免疫科学では、専門知識が少ない学生にも理解させることができるよう、時間内に課題を行わせ、習熟度を確認しながら授業を進めた。, 2015年度 
15
生命情報工学演習I,IIでは、分子細胞生物学および基礎ウイルス学を題材に、パワーポイントを用いたプレゼンテーションが出来るよう、一人一人の学生に十分時間をとって指導することを実践した。 生命情報工学演習III,IVでは、レトロウイルス学の基礎を学ばせるとともに、余裕のある学生には、英語論文を読解させ内容について発表させることにより、さらに能力をのばせる教育方法を実践した。 免疫科学では、専門知識が少ない学生にも理解させることができるよう、時間内に課題を行わせ、習熟度を確認しながら授業を進めた。, 2014年度 

 

作成した教材
No.作成者, 使用授業科目名, 作成年度 
1
高瀬 明、黒沢則夫, 微生物学実験, 2021年度 
2
高瀬 明、黒沢則夫, 微生物学実験, 2020年度 
3
高瀬 明、黒沢則夫, 微生物学実験, 2019年度 
4
高瀬 明, 細胞生物学特論, 2019年度 
5
高瀬 明, 微生物学, 2019年度 
6
高瀬 明, ウイルス学, 2019年度 
7
高瀬 明, 免疫科学, 2019年度 
8
高瀬 明, 細胞生物学特論, 2018年度 
9
高瀬 明, 微生物学, 2018年度 
10
高瀬 明, ウイルス学, 2018年度 
11
高瀬 明, 免疫科学, 2018年度 
12
高瀬 明、黒沢則夫, 微生物学実験, 2018年度 
13
高瀬 明, 微生物学, 2017年度 
14
高瀬 明、黒沢則夫, 微生物学実験, 2017年度 
15
高瀬 明, ウイルス学, 2017年度 
16
高瀬 明, 免疫科学, 2017年度 
17
高瀬 明、黒沢則夫, 微生物学実験, 2016年度 
18
伊藤佑子、高瀬明、塚本精一、宍戸英樹、久松光湖、黒沢則夫, 微生物学実習, 2015年度 

 

FD活動への参加
No.実施年月, 主催団体名, 研修名 
1
2022年12月, 学事部, 研究倫理教育FDセミナー 
2
2022年06月, 創価大学, 科目担当者会基礎科目 
3
2022年06月, 学習支援課, 基礎科目群 第1回担当者会 
4
2022年05月, 創価大学, 事業説明会 
5
2021年10月, 創価大学 学事部研究支援課, エルゼビアによるオンライン講習会 「Scopusセミナー ~Scopusをお薦めする5つの理由~」 
6
2021年10月, 創価大学 学事部研究支援課, エルゼビアによるオンライン講習会 「SciValセミナー ~戦略的な研究企画を支援する」 
7
2021年06月, 創価大学 学士課程教育機構, 2021年度 第1回共通科目担当者会(基礎科目) 
8
2020年11月, 創価大学教務課, 2020年度 第2回 共通科目 基礎科目担当者会 
9
2020年11月, 創価大学衛生委員会, メンタルヘルスセミナー 
10
2020年06月, 創価大学教務課, 2020年度 第1回共通科目 基礎科目担当者会 
11
2019年12月, 創価大学, 2019年度 第2回 共通科目、基礎科目担当者会 
12
2019年10月, 創価大学, キャンパスハラスメント防止研修 
13
2019年06月, 創価大学, 2019年度 第1回「共通科目群」科目担当者会 
14
2018年04月, 理工学部安全委員会, TA安全ガイダンス 
15
2017年09月, 創価大学, アクテイブラーニング推進のための授業設計研修 
16
2017年04月, 理工学部安全委員会, TA安全ガイダンス 
17
2015年04月, 工学部安全委員会, TA安全ガイダンス