創価大学

研究者情報データベース

日本語 English

TOP
所属別検索
キーワード検索
研究分野別検索
条件指定検索

創価大学
ホームページ

遠藤 幸彦 (エンドウ ユキヒコ,ENDO Yukihiko)

基本情報 研究分野 教育 研究 学内活動 学外活動

 

教育方法の実践例
No.概要, 年度 
1
心理学特講A、心理学特講B、障害者の心理・生理・病理B、知的障害者の心理・生理・病理においては、各回の講義にあたり、事前学習課題を記入したうえで授業に臨み、4名程度のグループ内で、各自の調べてきた内容を発表することとした。さらに、講義内で話し合いの時間を設け、講義後には講義で考えたこと、感じたことをレポートとしてポータルサイトに提出を求めた。さらに、障害者の心理・生理・病理B、知的障害者の心理・生理・病理では、授業ごとに1グループづつ、事前に提示した課題について、パワーポイントを作成しプレゼンテーションを行った。ポータルサイトに期限内に提出されたレポートに対しては、すべてコメントを付した。, 2019年度 
2
心理学特講B、障害者の心理・生理・病理においては、各回の講義にあたり、事前学習課題を記入したうえで授業に臨み、4名程度のグループ内で、各自の調べてきた内容を発表することとした。さらに、講義内で話し合いの時間を設け、講義後には講義で考えたこと、感じたことをレポートとしてポータルサイトに提出を求めた。さらに、障碍者の心理・生理・病理では、授業ごとに1グループづつ、事前に提示した課題について、パワーポイントを作成しプレゼンテーションを行った。ポータルサイトに期限内に提出されたレポートに対しては、すべてコメントを付した。, 2018年度 
3
毎回の講義に対して事前学習課題を課し、ポータルサイトにて講義の前に提出を求めた。期限内に提出された小レポートに対してはコメントを付した。講義では、話し合いの時間を設け、講義後に小レポートの提出を求め、期限内に提出されたものに対してはコメントを付した。、, 2017年度 
4
後期の授業では、毎回の講義に対して事前学習課題を課し、ポータルサイトにて講義の前に提出を求めた。期限内に提出された小レポートに対してはコメントを付した。講義では、話し合いの時間を設け、講義後に小レポートの提出を求め、期限内に提出されたものに対してはコメントを付した。, 2016年度 

 

作成した教材
No.作成者, 使用授業科目名, 作成年度 
1
遠藤幸彦, 精神医学特講Ⅰ, 2019年度 
2
遠藤幸彦, 心理学特講A, 2019年度 
3
遠藤幸彦, 心理学特講B, 2019年度 
4
遠藤幸彦, 障害者の心理・生理・病理, 2019年度 
5
遠藤幸彦, 知的障害者の心理・生理・病理, 2019年度 
6
遠藤幸彦, 心理療法特論G, 2019年度 

 

FD活動への参加
No.実施年月, 主催団体名, 研修名 
1
2020年03月, 創価大学, 学士課程教育機構FD・SDセミナー 
2
2020年01月, 教育学部, シラバス作成のためのFD研修会 
3
2019年05月, 創価大学, 創価大学事業計画説明会 
4
2018年10月, 教育学部, 第6回教育学部研究会 
5
2018年09月, AP推進本部, フォローアップ研修 
6
2018年05月, 教育学部, 第2回教育学部研究会 
7
2017年06月, 教育学部, 第2回教育学部 
8
2017年03月, 創価大学, 創価大学AP研修 
9
2017年01月, 教育学部, 教育学部研究会 
10
2016年10月, 教育学部, 第5回教育学部研究会 
11
2016年06月, 教育学部, 第3回教育学部研究会 
12
2016年06月, 教育学部, 第2回教育学部研究会 
13
2016年05月, 教育学部, 第1回教育学部研究会