創価大学

研究者情報データベース

日本語 English

TOP
所属別検索
キーワード検索
研究分野別検索
条件指定検索

創価大学
ホームページ

髙山 佳樹 (タカヤマ ヨシキ,TAKAYAMA Yoshiki)

基本情報 研究分野 教育 研究 学内活動 学外活動

 

論文
No.論文タイトル URL, 誌名(出版物名), 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月, DOI 
1
Energy-saving in fucoxanthin production by Chaetoceros gracilis in a flat-bag photobioreactor with intermittent mixing , Biocatalysis and Agricultural Biotechnology, 50,  102693- 102693, 2023年07月, https://doi.org/10.1016/j.bcab.2023.102693 
2
海産浮遊性カイアシ類の大量培養 , プランクトン工学研究, 3,  1- 19, 2023年06月,  
3
Practical Science and Environmental Education Workshop in Manaus, Brazil , プランクトン工学研究, 3,  51- 61, 2023年06月,  
4
Effects of organic carbon sources on algal biofilm formation and insight into mechanism , Algal Research, 71,  103075- 103075, 2023年04月, https://doi.org/10.1016/j.algal.2023.103075 
5
Insight into the formation mechanism of algal biofilm in soy sauce wastewater , Journal of Cleaner Production, 394,  136179- 136179, 2023年03月25日, https://doi.org/10.1016/j.jclepro.2023.136179 
6
Evaluation of Microalgal Diet to Culture Adult Oithona oculata Farran (Copepoda, Cyclopoida) , AQUACULTURE RESEARCH, 2023,  1- 7, 2023年02月25日, https://doi.org/10.1155/2023/2089803 
7
Enhancing biomass yield, nutrient removal, and decolorization from soy sauce wastewater using an algae-fungus consortium , Algal Research, 68,  102878- 102878, 2022年11月, https://doi.org/10.1016/j.algal.2022.102878 
8
EVALUATION OF DIETARY MICROALGAE IN THE CULTURE OF Acartia steueri (Copepoda, Calanoida) , Journal of Sustainability Science and Management, 18,  186- 198, 2022年09月,  
9
カイアシ類1個体からのDNA抽出方法の改良とホルマリン固定期間がミトコンドリア遺伝子のPCR増幅に与える影響—Improvement of the extraction of DNA from single copepod samples and the effect of formalin fixation time on the PCR amplification of a mitochondrial gene , 創価大学プランクトン工学研究 = Soka University bulletin of plankton eco-engineering research, 2( 2), 56- 65, 2022年06月,  
10
浮遊性カイアシ類Acartia steueriの幼生・幼体の培養における微細藻類餌料の検討—Examination of dietary microalgae for larval stage in the culture of Acartia steueri , 創価大学プランクトン工学研究 = Soka University bulletin of plankton eco-engineering research, 2( 2), 32- 43, 2022年06月,  
11
Suppression of cannibalism in the intertidal copepod Tigriopus japonicus (Mori, 1932) and improvements in population density using artificial substrates , Aquaculture, Fish and Fisheries, ,   , 2022年02月, https://doi.org/10.1002/aff2.31 
12
Bioreactor cultivation of the planktonic copepod Acartia steueri Smirnov for egg collection , Aquaculture Research, 52( 11), 5912- 5917, 2021年11月, https://doi.org/10.1111/are.15421 
13
抱卵型カイアシ類Oithona oculataのバイオリアクターを用いた試験的培養—Experimental cultivation of the egg-carrying copepod Oithona oculata in a pilot bioreactor , 創価大学プランクトン工学研究 = Soka University bulletin of plankton eco-engineering research, ( 1), 22- 31, 2021年06月,  
14
Are egg production and respiration of the marine pelagic copepod Acartia steueri influenced by crowding? , Aquaculture Research, 51( 9), 3741- 3750, 2020年09月01日, https://doi.org/10.1111/are.14723 
15
海産浮遊性カイアシ類の集約的培養技術の確立 , 創価大学, ,   , 2020年09月,  
16
Switch from production of subitaneous to delayed-hatching and diapause eggs in Acartia japonica Mori, 1940 (Copepoda: Calanoida) from Sagami Bay, Japan , Regional Studies in Marine Science, 29,   , 2019年05月, https://doi.org/10.1016/j.rsma.2019.100673 
17
First record of Acartia japonica Mori, 1940 (Copepoda, Calanoida) from Sagami Bay, the Pacific coast of Japan , Coastal Marine Science, 41( 1), 11- 14, 2018年07月, https://doi.org/10.15083/00076339 
18
植物プランクトン由来有用物質の探索と生産ならびに機能性評価に関する研究 , 共同研究報告書(非公開), ,   , 2017年09月,  
19
Occurrence and egg production of Acartia japonica Mori, 1940 (Copepoda, Calanoida) in Sagami Bay, Japan , , ,   , 2017年03月,  

 

講演・口頭発表等
No.講演・口頭発表タイトル, 会議名, 発表年月日, 主催者, 開催地 
1
相模湾における菌類の鉛直分布、季節変動:珪藻との宿主―寄生者関係, 日本生態学会, 2024年03月16日, ,  
2
小さなプランクトンの大きな可能性, 海まちラボ 海トーク, 2024年01月16日, ,  
3
ネグロ川・ソロモンエス川の境界域における水塊構造と動物プランクトン群集の空間変動, 2023年プランクトン・ベントス学会合同大会, 2023年09月01日, ,  
4
相模湾の珪藻ブルーム終息の鍵は寄生性ツボカビか, 2023年度日本海洋学会秋季大会, 2023年09月, ,  
5
Development of a floating closed photobioreactor for outdoor production of high-value compounds by microalgae, 6th International Postgraduate Conference on Biotechnology, 2023年08月23日, ,  
6
Feeding response of Tigriopus japonicus using high algal concentrations of Tetraselmis suecica under different stocking densities, 6th International Postgraduate Conference on Biotechnology, 2023年08月23日, ,  
7
カイアシ類培養における繊毛虫の餌料価値とは?, 日本海洋学会海洋生物研究会 海洋生物シンポジウム2023, 2023年03月20日, ,  
8
海洋における動物プランクトンの多様な生存戦略と生産生態, 国立研究開発法人海洋研究開発機構 地球表層システム研究センター 海洋生態系研究グループセミナー, 2023年01月26日, ,  
9
High-density aggregation of meso-zooplankton at sea surface micro layer in temperate coastal water of Sagami Bay, Japan., ECSA59 Using the best scientific knowledge for the sustainable management of estuaries and coastal seas, 2022年09月07日, ,  
10
A stepwise acclimation method of a freshwater microalgae Haematococcus lacustris to high salinity to supply the natural astaxanthin to marine aquaculture organisms., 2022年ベントス・プランクトン学会合同大会, 2022年09月03日, ,  
11
カイアシ類の二次生産推定に及ぼす死亡個体の影響とは?, 2022年ベントス・プランクトン学会合同大会, 2022年09月03日, ,  
12
Improvement of the Extraction of DNA from Single Copepod Samples and the Effect of Formalin Fixation Time on the PCR Amplification of a Mitochondrial Gene, COSMOS International Conference 2022 (CIC 2022), 2022年08月24日, ,  
13
Growth Rates and Nutritional Compositions of Selected Freshwater Chlorophyta and Chrysophyta for Potential Use in Aquaculture, COSMOS International Conference 2022 (CIC 2022), 2022年08月23日, ,  
14
Dietary Effects of Microalgae-Bacterial Bioencapsulation on the Reproductive Performance of a Cladoceran, Ceriodaphnia cornuta G.O. Sars, 1885, COSMOS International Conference 2022 (CIC 2022), 2022年08月23日, ,  
15
Preliminary Study: Strategies to Improve Biomass Productivity of Isochrysis galbana in an Outdoor Scale-Up Multiple Bags Reactor System, COSMOS International Conference 2022 (CIC 2022), 2022年08月23日, ,  
16
Energy-Saving Fucoxanthin Production of Chaetoceros gracilis in A Flat Bag Reactor with Intermittent Mixing, COSMOS International Conference 2022 (CIC 2022), 2022年08月23日, ,  
17
Effect of A Novel Salinity Acclimation Method on Survival Rate and Astaxanthin Accumulation of Freshwater Microalgae Haematococcus Lacustris Under Seawater Salinity, COSMOS International Conference 2022 (CIC 2022), 2022年08月23日, ,  
18
Status and development of floating photobioreactors for outdoor microalgae cultivation, COSMOS International Conference 2022 (CIC 2022), 2022年08月23日, ,  
19
“水中の宝石”微細藻類でマレーシアの海を救う 〜SATREPS-COSMOSにおける水上浮上型バッグリアクターの開発〜, 創価大学-アフリカPLANE3Tシンポジウム:SDGs達成に向けた環境・教育・健康・ビジネス分野の学際的国際協力, 2022年03月21日, ,  
20
浮遊性カイアシ類の培養における卵・ノープリウス幼生の分離・回収, 日本海洋学会海洋生物研究会海洋生物シンポジウム2022, 2022年03月19日, ,  
21
繊毛虫Euplotes vannusを餌料として培養した 浮遊性かいあし類2種の摂餌と再生産, , 2022年03月19日, ,  
22
半底生かいあし類Pseudodiaptomus nihonkaiensisの 培養に付着基質が与える影響, 日本海洋学会海洋生物研究会海洋生物シンポジウム2022, 2022年03月19日, ,  
23
Evaluation of dietary microalgae for culture of the marine planktonic copepod Acartia steueri., 5th International Postgraduate Conference on Biotechnology (IPCB) 2021, 2021年12月08日, ,  
24
相模湾沿岸域の海面ミクロ層から得られた動物プランクトン群集, 2021年ベントス・プランクトン学会合同大会, 2021年09月18日, ,  
25
Incursion and reproductive strategy of a planktonic copepod Acartia japonica in Sagami Bay, Japan., ECSA 58 - EMECS 13 Estuaries and coastal seas in the Anthropocene, 2021年09月07日, ,  
26
Variability of Phytoplankton Functional Types (PFTs) in the Temperate Coastal Waters of Sagami Bay, Japan, 日本海洋学会海洋生物研究会海洋生物シンポジウム2021, 2021年03月, ,  
27
浮遊性カイアシ類Acartia steueriの培養における餌料藻類の検討, 日本海洋学会海洋生物研究会海洋生物シンポジウム2021, 2021年03月, ,  
28
繊毛虫Euplotes vannusがかいあし類Oithona oculataの卵生産に与える影響, 日本海洋学会海洋生物研究会海洋生物シンポジウム2021, 2021年03月, ,  
29
Intensive cultivation of the planktonic copepod Acartia steueri using a bioreactor to collect its eggs: Laboratory-scale trial, International Conference on Marine Science & Aquaculture, 2020年12月, ,  
30
SUPPRESSION OF CANNIBALISM AND IMPROVEMENT OF POPULATION DENSITY USING ARTIFICIAL SUBSTRATES IN THE INTERTIDAL COPEPOD Tigriopus japonicus Mori, 1932, International Conference on Marine Science & Aquaculture, 2020年12月, ,  
31
底生性かいあし類Tigriopus japonicusの培養密度と付着基質表面積の関係, 2020年度日本プランクトン学会・日本ベントス学会合同大会, 2020年09月, ,  
32
内湾性かいあし類Acartia steueriの卵生産における餌料藻類の脂肪酸の影響, 日本海洋学会海洋生物研究会海洋生物シンポジウム2020, 2020年03月, ,  
33
かいあし類の大量培養に向けた共食い速度の測定~Oithona oculataの共食いと成体・幼生個体密度の関係~, 日本海洋学会海洋生物研究会海洋生物シンポジウム2020, 2020年03月, ,  
34
付着基質の表面積が底生性かいあし類Tigriopus japonicusの培養密度に与える影響, 日本海洋学会海洋生物研究会海洋生物シンポジウム2020, 2020年03月, ,  
35
Physiological ecology of copepods and its utilization for aquaculture industry., Borneo Ocean Talk, 2019年09月, ,  
36
高個体密度環境に対する浮遊性カイアシ類Acartia steueriの応答, 2019年度日本ベントス学会・日本プランクトン学会合同大会, 2019年09月, ,  
37
餌料藻類が浮遊性かいあし類Acartia steueri幼生期の発達に与える影響, 海洋生物シンポジウム2019, 2019年03月, ,  
38
高密度培養がカイアシ類Acartia steueriの卵生産に与える影響, 海洋生物シンポジウム2019, 2019年03月, ,  
39
かいあし類Acartia steueriの卵生産に及ぼす脂質組成の影響, 2018年度日本プランクトン学会・日本ベントス学会 合同大会, 2018年09月, ,  
40
海産浮遊性カイアシ類の新規培養装置の開発, 2018年度日本プランクトン学会・日本ベントス学会合同大会, 2018年09月, ,  
41
Effect of lipid component on egg production of a calanoid copepod Acartia steueri, 4th International Postgraduate Conference on Biotechnology 2018 (IPCB 2018), 2018年08月, ,  
42
Reproductive strategy of Acartia japonica using three types of eggs in Sagami Bay, Japan, 4th International Postgraduate Conference on Biotechnology 2018 (IPCB 2018), 2018年08月, ,  
43
夏季沿岸域における溶存態有機物の分子量分布, 海洋生物シンポジウム2018, 2018年03月, ,  
44
相模湾真鶴港に出現するカイアシ類Acartia japonicaが生産する3種類の卵, 海洋生物シンポジウム2018, 2018年03月, ,  
45
相模湾内湾域に出現したカイアシ類Acartia japonicaの休眠卵, 第1回海洋生物学シンポジウム, 2017年03月, ,  
46
Resting egg production of the non-native copepod Acartia japonica in Sagami Bay, Japan, 3rd International Postgraduate Conference on Biotechnology 2016 (IPCB 2016), 2016年08月, ,  
47
相模湾沿岸域におけるカイアシ類Acartia japonicaの出現と卵生産, 日本海洋学会2016年度春季大会, 2016年03月, ,  
48
Resting egg production of the invasive copepod Acartia japonica in Sagami Bay, Japan, Mares Conference on Marine Ecosystems Health and Conservation., 2016年02月, ,  
49
Occurrence and egg production of the copepod Acartia japonica in Sagami Bay, Japan, Estuarine Coastal Sciences Association (ECSA 55), 2015年09月, ,  

 

共同研究・競争的資金等の研究課題
No.提供機関, 制度名, 課題名等, 資金種別, 研究期間 
1
日本学術振興会, 科学研究費助成事業 若手研究, 海表面ミクロ層における動物プランクトン群集の生態学的役割に関する研究, ,  2023年04月 - 2026年03月 
2
創価大学理工学部, 理工学部国際共同研究費, ブラジル・アマゾンにおける実践的サイエンス環境教育ワークショップ, ,  2022年04月 - 2024年03月 
3
日本学術振興会, 科学研究費助成事業 若手研究, 食品廃棄物を起点とする微生物食物連鎖を利用した海産浮遊性カイアシ類生産技術の開発, ,  2021年04月 - 2023年03月 
4
創価大学理工学部, 理工学部国際共同研究費, ジブチに集団で出現するジンベイザメ(Rhincodon typus)の遠隔モニタリングシステムの開発, ,  2021年04月 - 2023年03月 
5
科学技術振興機構, 国際的な科学技術共同研究などの推進 SATREPS, ナイルの源流エチオピア・タナ湖で過剰繁茂する水草バイオマスの管理手法と有効利用プロセスの確立, ,  2020年 - 2025年 
6
日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 連続大量培養技術の確立によるスーパーかいあし類の生産, ,  2019年04月 - 2023年03月 
7
日本科学協会, 笹川科学研究助成, 海産浮遊性のカイアシ類の継代・大量培養に用いる新規培養装置の開発, ,  2019年04月 - 2020年02月 
8
科学技術振興機構, 国際的な科学技術共同研究などの推進 SATREPS, 微細藻類の大量培養技術の確立による持続可能な熱帯水産資源生産システムの構築, ,  2015年 - 2021年 

 

産業財産権
No.産業財産権の種類, 産業財産権の名称, 出願番号, 出願日, 特許番号/登録番号, 登録日, 発行日 
1
特許権 , 炭酸ガス溶解装置, 特願2022-179730, 2022年11月09日, ,  ,   
2
特許権 , 微細藻類培養装置、培養システム、および培養方法, 特願2022-027387, 2022年02月25日, ,  ,   
3
特許権 , アスタキサンチンの製造及びその利用, 特願2022-004929, 2022年01月17日, ,  ,   

 

研究プロジェクトへの参加
No.プロジェクト名, 参加開始年月 
1
食品廃棄物を起点とする微生物食物連鎖を利用した海産浮遊性カイアシ類生産技術の開発,  2021年04月 - 2023年03月 
2
SATREPS-COSMOS,  2020年09月 - 2021年03月 
3
連続大量培養技術の確立によるスーパーかいあし類の生産(分担研究者),  2020年09月 - 2023年03月 
4
SATREPSーEARTH 『ナイルの源流エチオピア・タナ湖で過剰繁茂する水草バイオマスの管理手法と有効利用プロセスの確立』,  2020年09月 - 2025年09月