創価大学

研究者情報データベース

日本語 English

TOP
所属別検索
キーワード検索
研究分野別検索
条件指定検索

創価大学
ホームページ

久米川 宣一 (クメカワ ノリカズ,KUMEKAWA Norikazu)

基本情報 研究分野 教育 研究 学内活動 学外活動

 

授業科目
No.授業科目名 
1
人間教育論:人間教育と創価大学 
2
人間教育論:人間教育と創価大学 
3
総合科目:平和と人権b 
4
環境科学:多様な植物のもつ有用性 
5
環境共生工学入門 
6
先端理工学トピックス 
7
基礎科学実験 
8
基礎科学実験 
9
生物学序論 
10
生物学実験 
11
ケーススタディII:理工 
12
卒業演習I 
13
卒業演習II 
14
卒業研究I:理工 
15
卒業研究II:理工 
16
植物生理生態学 
17
理工学総論 
18
基礎科学実験 
19
基礎科学実験 
20
人間教育論I 
21
人間教育論I 
22
人間教育論I 
23
平和学II 
24
環境科学I 
25
先端理工学トピックス 
26
基礎科学実験 
27
生物学実験 
28
ケーススタディII:理工 
29
演習I:理工 
30
演習II:理工 
31
卒業研究I:理工 
32
卒業研究II:理工 
33
植物生理生態学 

 

教育方法の実践例
No.概要, 年度 
1
クリッカーを講義科目において今年度より利用を開始し、学生からを好評であった。少人数クラスでの意見の集約やグループ形成にも利用できることを見出し、クリッカーシステムを開発した担当課長にも報告した。, 2019年度 
2
授業の最後に「なんでも帳」の記入を学生に行ってもらい、積極的に授業の問題点の改善と、学生からの質問の対応をすべての授業で行った。 さらに、今年度からは復習及び予習時間の確保のため、授業で使用する資料を前の週で配布したり、授業内小テストを行った。また、授業内で使用したテキストやパワーポイントの資料などをすべて公開し、予習・復習を促した。ポータルサイトの活用を行い、講義の諸連絡などもポータルサイトにて行った。, 2009年度 

 

作成した教材
No.作成者, 使用授業科目名, 作成年度 
1
久米川 宣一、山川 圭, 生物学実験、基礎科学実験, 2018年度 

 

FD活動への参加
No.実施年月, 主催団体名, 研修名 
1
2023年01月, 創価大学理工学部, 授業改善シンポジウム 
2
2022年11月, 創価大学, 理工学部・授業改善シンポジウム 
3
2022年10月, 創価大学, アドバイザー研修 
4
2022年10月, 創価大学, 教育フォーラム 
5
2022年10月, 創価大学, 教育フォーラム 
6
2022年07月, 創価大学, 共通科目運営委員会 
7
2022年05月, 創価大学, 事業説明会 
8
2022年05月, 創価大学, 事業説明会 
9
2022年01月, 創価大学, カリキュラムコーディネーター研修会 
10
2021年12月, 株式会社ネットラーニング, 教職員のための情報セキュリティ最新脅威 
11
2021年12月, 創価大学理工学部, 授業改善シンポジウム 
12
2021年10月, 一般財団法人公正研究推進協会, 􏰔􏰕􏰖􏰗􏰘􏰙􏰚􏰛􏰜􏰝􏰞􏰟􏰠􏰡􏰢􏰣􏰤􏰥􏰦􏰧􏰨􏰩􏰪􏰫􏰬􏰭􏰔􏰕􏰖􏰗􏰘􏰙􏰚􏰛􏰜􏰝􏰞􏰟􏰠􏰡􏰢􏰣􏰤􏰥􏰦􏰧􏰨􏰩􏰪􏰫􏰬􏰭専任教員 理工系標準コース カリキュラム 
13
2021年10月, 創価大学, 第8回創価大学教育フォーラム 
14
2020年12月, 創価大学理工学部, 授業改善シンポジウム 
15
2020年12月, 創価大学, 第2回共通科目 科目担当者会 
16
2020年07月, 創価大学, 第2回学士課程教育機構FD・SDセミナー 
17
2020年06月, 創価大学, 第1回共通科目 科目担当者会 
18
2020年05月, 創価大学理工学部, 理工学部におけるオンライン授業に関する勉強会 
19
2020年02月, 創価大学学士課程教育機構, 数理AI教育に関するFD勉強会 
20
2020年02月, 創価大学, 第7回創価大学教育フォーラム(第18回FD・SDフォーラム) 
21
2019年12月, 創価大学理工学部, 授業改善シンポジウム 
22
2019年10月, 創価大学, キャンパス・ハラスメント防止研修 
23
2019年05月, 創価大学, 2019年度学校法人創価大学事業計画説明会 
24
2012年02月, 大学コンソーシアム京都, 第17回FDフォーラム 
25
2011年12月, 創価大学, 第9回FDフォーラム