創価大学

研究者情報データベース

日本語 English

TOP
所属別検索
キーワード検索
研究分野別検索
条件指定検索

創価大学
ホームページ

舟生 日出男 (フナオイ ヒデオ,FUNAOI Hideo)

基本情報 研究分野 教育 研究 学内活動 学外活動

 

書籍等出版物
No.タイトル URL, 担当区分, 出版社, 出版年月, 担当範囲, ISBN 
1
教師のための情報リテラシー―知識基盤社会を生き抜く力を育てるために , 単著, ナカニシヤ出版, 2012年05月, , 4779506298 

 

論文
No.論文タイトル URL, 誌名(出版物名), 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月, DOI 
1
学校インターンシップの振り返りワークシートのテキスト分析に基づく教職志望学生の意識の把握 , 科学教育研究, 43( 4), 398- 410, 2019年12月10日, https://doi.org/10.14935/jssej.43.398 
2
協同学習の指導力を育成するマンガケースメソッド学習プログラムの開発と評価 , 理科教育学研究, 60( 1), 53- 69, 2019年07月, https://doi.org/10.11639/sjst.sp18002 
3
自己と他者の思考過程の比較を通したリフレクションを支援するコンセプトマップ作成ソフトウェアの開発と実践的評価 , 理科教育学研究, 57( 4), 337- 349, 2017年06月, https://doi.org/10.11639/sjst.sp16008 
4
理科実験技能に関する知識習得のための話し合い活動を促進するポインティング型注釈システム , 理科教育学研究, 57( 4), 359- 368, 2017年06月, https://doi.org/10.11639/sjst.sp16011 
5
コンセプトマップのノード圧縮を支援するソフトウェアの開発と実践的評価 , 理科教育学研究, 57( 1), 35- 44, 2016年08月, https://doi.org/10.11639/sjst.15066 
6
えでゅーすぼーど:タンジブル箱庭人形劇による授業シミュレーション支援システム , ヒューマンインタフェース学会論文誌, 18( 3), 195- 208, 2016年08月,  
7
小集団の議論と個人の振り返りを保証したワークショップ型授業研究の実践 , 教育システム情報学会誌, 33( 2), 126- 131, 2016年04月, https://doi.org/10.14926/jsise.33.126 
8
教員志望大学生の実験技能の習得と実験知識の獲得を目指したケースメソッド学習用マンガ教材の評価 ー手回し発電機によるコンデンサーの蓄電実験を題材としてー , 科学教育研究, 39( 1), 32- 41, 2015年03月,  
9
個人活動とグループ活動間の往復を可能にするタブレット型思考支援ツールの開発 , 日本教育工学会論文誌, 38( 3), 225- 240, 2014年12月25日, https://doi.org/10.15077/jjet.KJ00009649926 
10
モバイル端末を用いた植物観察支援システム「ポケット植物図鑑」の開発と評価 , 科学教育研究, 38( 4), 228- 237, 2014年12月10日, https://doi.org/10.14935/jssej.38.228 
11
デジタル運勢ラインシステムの実践的評価 , 理科教育学研究, 55( 1), 81- 93, 2014年06月, https://doi.org/10.11639/sjst.sp13012 
12
学生の自律的な協調学習活動に基づく課題解決型Cプログラミング演習の実践 , 教育システム情報学会誌, 30( 3), 226- 231, 2013年07月, https://doi.org/10.14926/jsise.30.226 
13
概念マップの作成を促進するヒントの自動生成とその実験的検証 , 教育システム情報学会誌, 30( 1), 32- 41, 2013年01月, https://doi.org/10.14926/jsise.30.32 
14
マンガ作成による「ごんぎつね」の心情と情景の理解 , 日本教育工学会論文誌, 36( Suppl.), 141- 144, 2012年12月,  
15
iPhone/iPod touch版デジタル運勢ラインシステムの開発と評価 , 理科教育学研究, 53( 2), 317- 328, 2012年11月,  
16
概念マップ作成方式の違いによる記憶効果の差異の比較 , 日本教育工学会論文誌, 35( 2), 125- 134, 2011年11月, https://doi.org/10.15077/jjet.KJ00007628683 
17
デジタル運勢ラインシステムの開発と評価 , 理科教育学研究, 51( 3), 33- 46, 2011年03月,  
18
再構成型コンセプトマップ作成ソフトウェアを利用した協同的概念整理型ノートテーキングの指導 : 中学校理科「電流のはたらき」での実践を通して(<特集>学習場面における他者との関わり-理論,実践,システム開発) , 科学教育研究, 34( 2), 86- 96, 2010年06月10日, https://doi.org/10.14935/jssej.34.86 
19
問題解決プロセスを利用した選択問題の誤選択肢及び解説の自動生成(教育工学) , 電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム, 93( 3), 292- 302, 2010年03月01日,  
20
工学系の学生を対象とした協調的調査活動のデザインと効力感の向上(<特集>協調学習とネットワーク・コミュニティ) , 日本教育工学会論文誌, 33( 3), 309- 319, 2010年01月,  
21
同期型CSCLを利用した遠隔学習における「聞き手の理解の認識」に関する研究 , 科学教育研究, 33( 4), 330- 337, 2009年12月10日, https://doi.org/10.14935/jssej.33.330 
22
社会人講師による教授活動を成立させるCSCLの活用 : 中学校理科「音」の学習における交流から , 日本教育工学会論文誌, 33( Suppl.), 157- 160, 2009年12月, https://doi.org/10.15077/jjet.KJ00005927801 
23
コンセプトマップの内容理解を促進するアウェアネスとしての作成者の視線情報の提示 , 日本教育工学会論文誌, 33( Suppl.), 49- 52, 2009年12月, https://doi.org/10.15077/jjet.KJ00005927774 
24
同期型CSCLによる自他のアイディアの可視化と創造的態度の変容 , 日本教育工学会論文誌, 33( Suppl.), 37- 40, 2009年12月, https://doi.org/10.15077/jjet.KJ00005927771 
25
協調型ノートテーキング活動の導入による講義内容理解の促進 , 工学教育, 57( 2), 7- 12, 2009年03月20日, https://doi.org/10.4307/jsee.57.2_7 
26
幾何証明課題の解決過程における推論の誤りのインタラクティブな可視化 , 日本教育工学会論文誌, 32( 4), 425- 433, 2009年02月20日, https://doi.org/10.15077/jjet.KJ00005353790 
27
理科実験における学習の停滞を打開する模倣の研究 : 同期型CSCLシステムを利用した小学校5年「もののとけかた」の実践から , 日本教育工学会論文誌, 32( Suppl.), 9- 12, 2008年12月, https://doi.org/10.15077/jjet.KJ00005126146 
28
二次元マトリックスによる仮説の外化と操作に関する研究 : 小学校6年生「水よう液の性質」の実践から , 理科教育学研究, 49( 2), 59- 65, 2008年11月30日,  
29
協同学習における基本的構成要素の活性化支援 : ジョンソンらの協同学習論に基づいた思考外化テクノロジ利用のデザイン原則の提案 , 理科教育学研究, 49( 2), 41- 58, 2008年11月30日,  
30
同期型CSCLシステムのサムネイルによるアウェアネス支援の研究 : 小学校6年生「水よう液の性質」の班別実験活動から , 日本教育工学会論文誌, 31( Suppl.), 49- 52, 2008年02月, https://doi.org/10.15077/jjet.KJ00004964345 
31
発見的学習活動における創発的分業を支援するCSCLシステムの開発 (特集 教育実践に役立つシステムの研究開発) , メディア教育研究, 4( 2), 7- 13, 2008年,  
32
協同学習における対面的-積極的相互作用の活性化 : テクノロジを利用した思考の外化に着目して , 理科教育学研究, 48( 1), 35- 49, 2007年07月31日,  
33
理科教育におけるテクノロジを利用したリフレクション支援の研究動向 , 科学教育研究, 31( 2), 71- 85, 2007年06月10日, https://doi.org/10.14935/jssej.31.71 
34
創発的分業を支援するCSCLシステムの実践的評価 , 科学教育研究, 30( 5), 269- 284, 2006年12月27日, https://doi.org/10.14935/jssej.30.269 
35
あんどう君プロジェクト : リフレクションを指向した学習コミュニティの発展(<特集>社会に提案した社会と協働する科学教育研究をめざして) , 科学教育研究, 30( 3), 132- 144, 2006年09月10日, https://doi.org/10.14935/jssej.30.132 
36
理科授業における再構成型コンセプトマップ作成ソフトウェアの利用と中学生にとっての勉強の大切さとの関係性に関する研究 , 日本教育工学会論文誌, 29( Suppl.), 157- 160, 2006年03月, https://doi.org/10.15077/jjet.KJ00004286954 
37
理科実験の授業展開の見直しと同期型CSCLの利用:学びの変容に関する事例から , 理科の教育(投稿分野), 56( 3), 60- 63, 2006年03月,  
38
創発的分業支援システムによる教室内のコミュニティの変容と科学的実践 : 6年生「電磁石のはたらき」の実践から , 理科教育学研究, 46( 2), 11- 19, 2006年01月31日,  
39
再構成型コンセプトマップ作成ソフトウェアの機能拡張と実験的評価 : 再生プロセスのブックマーク機能の有効性について(<特集>新世紀型理数科系教育の展望研究) , 科学教育研究, 29( 2), 120- 132, 2005年06月10日, https://doi.org/10.14935/jssej.29.120 
40
再構成型コンセプトマップ共同作成ソフトウェアに関する実践的研究 , 科学教育研究, 29( 1), 12- 24, 2005年03月10日, https://doi.org/10.14935/jssej.29.12 
41
Peer learningの特性を有した中学校理科授業における学習の効果 , 日本教育工学会論文誌, 28( Suppl.), 217- 220, 2005年03月, https://doi.org/10.15077/jjet.KJ00003730706 
42
発言者割り当て方式を採用した電子掲示板によるコミュニティ形成支援--コミュニティ・インキュベータの概念および実践利用 , メディア教育研究, 2( 1), 71- 80, 2005年,  
43
再構成型コンセプトマップ作成ソフトウェア:学校でどのように利用されているか? , 日本科学教育学会研究会研究報告, 18・5, p49-p52,   , 2004年05月,  
44
再構成型コンセプトマップ共同作成ソフトウェアの内省と対話の支援における有効性について , 科学教育研究, 27( 5), 318- 332, 2003年12月25日,  
45
再構成型コンセプトマップ作成ソフトウェアに関する実験的研究 : 再生・修正機能が学習者の内省や対話に及ぼす効果の分析 , 科学教育研究, 26( 5), 336- 349, 2002年12月27日, https://doi.org/10.14935/jssej.26.336 
46
再構成型コンセプトマップ作成ソフトウェアに関する実践的研究 : 小学校の授業における利用可能性の検討 , 理科教育学研究, 43( 2), 15- 28, 2002年11月15日,  
47
共同学習の支援におけるコンセプトマップ共同作成システムの有効性について , 教育システム情報学会誌, 19・4, p292-p297,   , 2002年10月,  
48
コンセプトマップ : 理科教育における研究動向とその現代的意義 , 理科教育学研究, 43( 1), 29- 51, 2002年09月10日,  
49
状況論的学校改革プロジェクトの本質的困難と対処戦略 , 認知科学 = Cognitive studies : bulletin of the Japanese Cognitive Science Society, 9( 3), 385- 397, 2002年09月01日, https://doi.org/10.11225/jcss.9.385 
50
リプライ , 認知科学 = Cognitive studies : bulletin of the Japanese Cognitive Science Society, 9( 3), 404- 408, 2002年09月01日,  
51
帰納的な知識獲得を促進するメディアベースシステムの開発と評価 : 情報の検索と吟味における可視化された概念構造の利用 , 日本教育工学雑誌, 26( 1), 21- 32, 2002年06月20日,  
52
学習者間対話の支援をとおした創発的学習領域の構成 , 科学教育研究, 26( 1), 42- 55, 2002年03月10日, https://doi.org/10.14935/jssej.26.42 
53
再構成型コンセプトマップ作成ソフトウェアの開発と評価 , 科学教育研究, 25( 5), 304- 315, 2001年12月10日, https://doi.org/10.14935/jssej.25.304 
54
知識の帰納的な獲得を支援するメディアベースシステムの開発と評価(次世代教育(学習)支援システム論文特集) , 電子情報通信学会論文誌. D-I, 情報・システム, I-情報処理, 83( 6), 588- 598, 2000年06月25日,  
55
コンピュータの研修会が教員のコンピュータ活用に対する意識に与える影響 , 日本教育工学雑誌, 21( Suppl.), 77- 80, 1997年08月,  

 

MISC
No.MISCタイトル URL, 誌名, 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月(日) 
1
里山環境保全教育コンテンツ「里山管理ゲーム」:複数の里山への対応 , 情報処理学会研究報告, 2020-HCI-186( 32), 1- 3, 2020年01月 
2
里山環境保全教育コンテンツ「里山管理ゲーム」の発展過程と今後の展望 , 日本科学教育学会研究会研究報告, 34( 3), 131- 134, 2019年12月 
3
里山環境保全教育コンテンツ「里山管理ゲーム」 , 日本科学教育学会研究会研究報告, 34( 3), 237- 240, 2019年12月 
4
里山管理を学習するためのシミュレーションゲーム体験中の視線の分析 , 日本科学教育学会研究会研究報告, 34( 3), 241- 244, 2019年12月 
5
Development of a Method and Application to Enhance Seminar-based Learning by Helping Learners Appropriate their Instructor's Words and to Use them as Cognitive Artifacts , S. Carliner (Ed.), Proceedings of E-Learn: World Conference on E-Learning in Corporate, Government, Healthcare, and Higher Education (pp. 596-601). New Orleans, Louisiana, United States: Association for the Advancement of Computing in Education (AACE)., ,  596- 601, 2019年11月08日 
6
協同学習の指導力を育成するマンガケースメソッド学習プログラム:ジグソー編の開発 , 日本科学教育学会研究会研究報告, 33( 7), 39- 32, 2019年06月 
7
環境教育コンテンツ「里山管理ゲーム」評価のための視線計測に関する研究 , 情報処理学会研究報告, Vol.2019-DCC-21( 10), 1- 3, 2019年01月 
8
Augmentation of Environmental Education Using a Forest Management Game to Stimulate Learners’ Self-Discovery , Proceedings of XVIII IOSTE Symposium: Future Educational Challenges from Science and Technology Perspectives, ,  122- 127, 2019年01月 
9
Student Teachers’ Discourse During Puppetry-Based Microteaching , B. Eagan et al. (Eds.): ICQE 2019, CCIS 1112, pp. 234–244, 2019., ,  234- 244, 2019年 
10
EDA sensor-based evaluation of a vegetation succession learning system , Proceedings of the 12th International Conference on Sensing Technology (ICST 2018), ,  353- 357, 2018年12月 
11
生活科指導法における反転授業用マンガ教材の活用: 学習者による教材への評価と指導上の留意点の変容 , 日本科学教育学会研究会研究報告, 33( 2), 117- 122, 2018年12月 
12
Vegetation succession learning support system for virtual forestry management: Toward the maintenance and conservation of the natural environment , International Journal of Education and Research, 7( 1), 203- 218, 2018年12月 
13
Gaze-measurement-technology-based evaluation of a vegetation-succession learning system , International Journal of Education and Research, 6( 12), 191- 200, 2018年12月 
14
Let’s build forests for 300 years: Game-based learning in environmental education , Proceedings of the 12th European Conference on Games Based Learning, ,  881- 886, 2018年10月 
15
里山管理ゲーム:効果的な環境教育のための植生遷移学習支援システム , 日本理科教育学会(SJST2018)全国大会発表論文集第16号, ,  494- 494, 2018年08月 
16
里山管理ゲームを用いた植生遷移学習支援システムの研究-理科教育へのロボ・メカ技術の活用- , 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2018(ROBOMECH2018)講演論文集, ,  2P2-B06(1)- 2P2-B06(2), 2018年06月 
17
A forestry management game as a learning support system for increased understanding of vegetation succession: Effective environmental education towards a sustainable society , Proceedings of 10th International Conference on Computer Supported Education, ( Volume 1), 322- 327, 2018年03月 
18
Enhancing Online Structured Dialogue During Teaching Internship through Digital Storytelling to Promote Professional Socialization , In J. Kay and R. Luckin (Eds.) Rethinking Learning in the Digital Age: Making the Learning Sciences Count, 13th International Conference of the Learning Sciences (ICLS) 2018, 3,  1403- 1404, 2018年 
19
Accuracy evaluation of hand motion measurement using 3D range image sensor , Proceedings of the 11th International Conference on Sensing Technology, ,  101- 104, 2017年12月 
20
SATOYAMA: Simulating and teaching game optimal for young children to learn vegetation succession as management of an actual forest , Proceedings of the 25th International Conference on Computers in Education, ,  796- 801, 2017年12月 
21
生活科指導法における反転授業用教材の開発 , 日本科学教育学会研究会研究報告, 32( 5), 41- 44, 2017年12月 
22
協同学習の指導力を育成するマンガケースメソッド学習の評価:教員養成における教育の方法及び技術に着目して , 日本科学教育学会年会論文集(CD-ROM), 41st,  295‐296- , 2017年08月29日 
23
植生遷移の学習支援のための里山管理ゲーム , 日本理科教育学会(SJST2017)全国大会発表論文集第15号, ,  511- 511, 2017年08月 
24
協働から個の思考を深める学習モデル 実証研究レポート~主体的,対話的で深い学びを実現するためのICT活用と評価の実践 , ベネッセ教育総合研究所, ,   , 2017年04月 
25
SATOYAMA: Time-limited decision game for students to learn hundreds years forestry management , Proceesings of 9th International Conference on Computer Supported Education, ( Volume 1), 481- 486, 2017年04月 
26
Effects of Perspective-Taking Through Tangible Puppetry in Microteaching Role-Play. , 12th International Conference on Computer Supported Collaborative Learning, CSCL 2017, Philadelphia, Pennsylvania, USA, June 18-22, 2017, ,   , 2017年 
27
3次元の多声的視点転換機能を持つタンジブル人形劇システムによる授業シミュレーションの検討 , 日本教育工学会研究報告集, 17( 1), 547-552- , 2016年12月 
28
タンジブル人形劇による多声的視点転換の効果 , 日本教育工学会第32回大会講演論文集, ,  239-240- , 2016年09月 
29
集散型学習支援システムを用いた授業検討会の実践と評価 : 教員経験者と未経験者の比較から , 宇都宮大学教育学部研究紀要. 第1部 = The research bulletin of the Faculty of Education, Utsunomiya University, ( 66), 215- 221, 2016年03月 
30
Framework of kit-build concept map for automatic diagnosis and its preliminary use , Research and Practice in Technology Enhanced Learning, 10,   , 2015年10月 
31
Preparing Pre-Service Teachers for Practice Teaching: Digital Storytelling Using Cartoon-Based Imagination and Interventions in the LMS , Proceedings of E-Learn 2015, ,  1258- 1263, 2015年10月 
32
Development of Functions of a Mind Map System that Prompts Learners to Refocus on Keywords Aside from the Discussion for a Long Time , Proceedings of E-Learn 2015, ,  130- 135, 2015年10月 
33
東京学芸大学 全学共通科目「情報」における単元「ICTを活用した問題解決」指導の現状調査 , 東京学芸大学紀要. 自然科学系, 67,  189- 204, 2015年09月 
34
P20 気体検知管操作の知識獲得を高めるマンガ反転授業用教材改良版IIの開発(ポスター発表) , 日本理科教育学会全国大会要項, ( 65),  , 2015年08月01日 
35
Supporting transition between personal and collective activity through a tablet-based CSCL system , Oskar Lindwall, Päivi Häkkinen, Timothy Koschmann, Pierre Tchounikine, and Sten Ludvigsen (ed.) Exploring the Material Conditions of Learning: The Computer Supported Collaborative Learning (CSCL) Conference 2015, June 7-11, 2015, Gothenburg, Sweden., 2,  755-756- , 2015年06月09日 
36
2PA7 マンガ表現法による教育実習のイメージ化とLMSを利用した教育実習の支援の効果(教育実践,一般研究,教育情報と人材育成~未来を育む子供たちのために~) , 年会論文集, ( 31), 240- 241, 2015年 
37
A-1 実験操作技能を高めるマンガ反転授業用教材の評価 : 初期版と改良版の比較から(一般研究発表,研究発表) , 日本理科教育学会近畿支部大会(大阪大会)発表要旨集, 2014,   , 2014年10月15日 
38
タブレットPCを利用したコミットメント可視化システム:ユーザビリティに着目した予備的評価 , 教育システム情報学会研究報告, 29( 3), 35- 36, 2014年09月 
39
PO-02 実験操作技能を高めるマンガ反転授業用教材の改良 : 気体検知管の操作(ポスター発表) , 日本理科教育学会全国大会要項, ( 64),  , 2014年08月23日 
40
Multiple line system for visualizing and sharing students’ commitment on the tablet PC , Proceedings of the 6th International Conference on Computer Supported Education, 2,  258- 263, 2014年04月 
41
同期型CSCLでの投票機能の効果と評価に関する研究 : 小学校5年生電磁石の学習から , 上越教育大学研究紀要, 33,  295- 302, 2014年03月 
42
1G1-K2 「ごんぎつね」の続き話をマンガで作り,学習者間で共有することの有効性(高等科学教育・教育方法と評価(1),一般研究発表,学びの原点への回帰-イノベーティブ人材育成のための科学教育研究-) , 日本科学教育学会年会論文集, 38( 0), 343- 344, 2014年 
43
A03 実験のためのマンガケースメソッド教材の開発と特徴(口頭発表,研究発表) , 日本理科教育学会近畿支部大会(大阪大会)発表要旨集, 2013,   , 2013年11月30日 
44
実験のためのマンガケースメソッド教材の評価-教員志望大学生の手回し発電機を用いた実験方法の理解- , 日本科学教育学会研究会研究報告, 28( 2), 9-14- , 2013年11月 
45
PO-002 実験操作技能を高めるマンガケースメソッド教材の開発(ポスター発表) , 日本理科教育学会全国大会要項, ( 63),  , 2013年08月10日 
46
2G2-B3 調べた情報を比較・整理し、変化を発見する授業のデザイン : 小学校3年総合的な学習の時間「自然がいっぱい!船岡山」の実践から(教育実践・科学授業開発,一般研究,学びの原点への回帰-学習の質を高める科学教育研究-) , 日本科学教育学会年会論文集, 37( 0), 300- 301, 2013年 
47
Evaluation of the ‘Pocket Plant Guide’ to support learning about plants in vegetation succession , Proceedings of the 21st International Conference on Computers in Education, ,  642- 644, 2013年 
48
Enhancement and evaluation of the counting function of the digital fortune line system toward supporting science learning , Proceedings of E-Learn2012, ,  2044- 2049, 2012年10月 
49
2B1-K21 タブレットPCによるマンガを用いたケースメソッド教材のポインティング型注釈の試み(インタラクティブセッション,次世代の科学力を育てる : 社会とのグラウンディグを進展させるために) , 年会論文集, 36,  536- 537, 2012年08月27日 
50
Voicing Board を活用した「ごんぎつね」の心情と情景の読みに関する研究 , 日本教育工学会研究報告集, 2012( 1), 105- 110, 2012年03月03日 
51
2B1-K22 創発的分業支援におけるWebカメラを用いた手書きメモの取り込みによる情報共有の促進(インタラクティブセッション,次世代の科学力を育てる : 社会とのグラウンディグを進展させるために) , 日本科学教育学会年会論文集, 36( 0), 538- 539, 2012年 
52
A-20 調べた情報を比較・整理し,生き物の変化を見つめ直す実践研究 : 小学校3年総合的な学習の時間「自然がいっぱい!船岡山」の実践から , 日本理科教育学会北陸支部大会発表要旨集, 2012,   , 2012年 
53
1B2-B16 創発的分業支援における投票カテゴリーの可視化による知識構築の促進(インタラクティブセッション,次世代の科学力を育てる : 社会とのグラウンディングを実現するために) , 日本科学教育学会年会論文集, 35( 0), 462- 463, 2011年 
54
2G4-A2 iPhone/iPod touch版デジタル運勢ラインシステムの試験的評価 : ユーザインターフェースの観点から(IT・メディア利用の科学教育システム(2),一般研究発表,次世代の科学力を育てる-社会とのグラウンディングを求めて-) , 年会論文集, 34( 0), 391- 392, 2010年09月10日 
55
知識の多様な外化表現と創発的分業による協同的な知識構築 , 日本教育工学会研究報告集, 2010( 2), 159- 166, 2010年05月15日 
56
1P1-C6 創発的分業支援システムにおける内部リソース間のリンクや外部リソースとのリンクによる知識構築(インタラクティブ(1),インタラクティブセッション,次世代の科学力を育てる-社会とのグラウンディングを求めて-) , 日本科学教育学会年会論文集, 34( 0), 463- 464, 2010年 
57
教育工学系の学生を対象とした英語論文読解の指導法の開発と実践 , 拓殖大学語学研究, 0( 121), 71- 89, 2009年12月 
58
2P1-G11 コンセプトマップ作成とリフレクションを支援するソフトウェア「あんどう君」(インタラクティブセッション,次世代の科学力を育てる) , 年会論文集, 33( 0), 505- 506, 2009年08月25日 
59
1E-07 デジタル運勢ラインシステムと紙ベース運勢ラインの比較研究 : 概念変化に寄与する教室談話の観点から(一般研究発表(口頭発表),日本理科教育学会第59回全国大会) , 日本理科教育学会全国大会要項, 0( 59),  , 2009年08月18日 
60
P-04 再構成型コンセプトマップ作成ソフトウェアの機能拡張 : ラベルの統合による階層化表現の実装(ポスター発表,日本理科教育学会第59回全国大会) , 日本理科教育学会全国大会要項, 0( 59),  , 2009年08月18日 
61
思考プロセスにおける差分の吟味に基づくリフレクションを支援するソフトウェアの開発 , 人工知能学会研究会資料, SIG-ALST-A901-07(07/25),pp.39-,   , 2009年07月 
62
プレゼンテーションの多声的生成を支援するマンガ表現法の拡張 (教育工学) , 電子情報通信学会技術研究報告, 108( 470), 41- 52, 2009年03月07日 
63
マンガ表現法におけるプレゼンテーション構成の多声性と論理性を高める多声論理図の提案 , 電子情報通信学会技術研究報告. ET, 教育工学, 108( 470), 47- 52, 2009年02月28日 
64
課02-3 Kneading Boardによる情報の再構成と学びの発展(課題2「理科教育における知識のマップ型表現とその実践的意義」,課題研究発表,日本理科教育学会第59回全国大会) , 日本理科教育学会全国大会要項, ( 59),  , 2009年 
65
2P1-G1 実践事例集に見るKneading Board活用の類型(インタラクティブセッション,次世代の科学力を育てる) , 日本科学教育学会年会論文集, 33( 0), 485- 486, 2009年 
66
2P1-G2 Kneading Boardの実践的運用を目指したサーバ用KNOPPIXの改善(インタラクティブセッション,次世代の科学力を育てる) , 日本科学教育学会年会論文集, 33( 0), 487- 488, 2009年 
67
2M-07 デジタル運勢ラインシステムの機能拡張 : 集計機能の改良と評価(一般研究発表(口頭発表),日本理科教育学会第58回全国大会) , 日本理科教育学会全国大会要項, 0( 58),  , 2008年09月14日 
68
1G1-B3 理科授業におけるテクノロジを利用したリフレクションの促進 : 小学校第3学年「磁石」における実践(教育実践・科学授業開発(1),一般研究発表,転換期の科学教育:これからの科学的リテラシー) , 年会論文集, 32( 0), 59- 60, 2008年08月08日 
69
Java ベースのCSCLシステムにおける Skype 通信機能の利用 , 日本教育工学会研究報告集, 2008( 1), 203- 206, 2008年03月01日 
70
2P1-J8 同期型CSCLシステムにおける非同期型活用を支援する履歴再生機能について(インタラクティブセッション,転換期の科学教育:これからの科学的リテラシー) , 日本科学教育学会年会論文集, 32( 0), 297- 298, 2008年 
71
3B1-B7 創造的問題解決を可能とする中学校理科の授業デザインと評価 : 発散的思考を中心に(科学教育における学校現場での『学び合い』研究の最前線,自主企画課題研究,転換期の科学教育:これからの科学的リテラシー) , 日本科学教育学会年会論文集, 32( 0), 361- 362, 2008年 
72
3B1-B5 理科実験における模倣の促進とその学びの研究(科学教育における学校現場での『学び合い』研究の最前線,自主企画課題研究,転換期の科学教育:これからの科学的リテラシー) , 日本科学教育学会年会論文集, 32( 0), 357- 358, 2008年 
73
Evaluation of digital fortune line system: How does it mediate sharing of learners' commitment? , W. Chen & H. Ogata (Eds.) The Supplementary Proceedings of International Conference on Computers in Education (ICCE) 2007 Poster Papers, 5-6,   , 2007年11月 
74
同期型CSCLにおける仮説の操作と「学び合い」に関する研究 : 仮説に対する「自信」と「証拠」の二次元マトリックスの利用を通して , 年会論文集;日本科学教育学会, 31,  199- 200, 2007年08月17日 
75
同期型CSCLを利用した遠隔学習の評価 : 小学校5年「雪国のくらし」における新潟県と茨城県の小学校の交流から , 年会論文集;日本科学教育学会, 31,  119- 120, 2007年08月17日 
76
CD-ROMから起動可能な Kneading Board システムの開発 : Kneading Board System for KNOPPIX , 年会論文集;日本科学教育学会, 31,  347- 348, 2007年08月17日 
77
発見的学習活動における創発的分業を支援するシステムの機能的要件 , 電子情報通信学会技術研究報告. ET, 教育工学, 107( 109), 19- 24, 2007年06月16日 
78
Digital Fortune Line System: Technology for Promoting Conceptual Change through Visualization and Sharing of Learnersユ Conceptual Ecologies. Proceedings of World Conference of Educational Multimedia , Proceedings of World Conference on Educational Multimedia, Hypermedia & Telecommunications 2006. Orlando, FL, United States, 3837-3842,   , 2007年06月 
79
Thinking Process Based Reflection Promotes Conceptual Change: In the lesson of “Three States of Matter” Using Concept Mapping Software for Reconstructing Learning Processes , Proceedings of the National Association for Research in Science Teaching 2007 Annual Meeting, New Orleans, LA.[CD-ROM], 9p,   , 2007年04月 
80
1G1-I3 同期型CSCLを利用した遠隔学習の評価 : 小学校5年「雪国のくらし」における新潟県と茨城県の小学校の交流から(ITメディアII,一般研究発表,転換期の科学教育) , 日本科学教育学会年会論文集, 31( 0), 119- 120, 2007年 
81
2B1-J5 同期型CSCLにおける仮説の操作と「学び合い」に関する研究 : 仮説に対する「自信」と「証拠」の二次元マトリックスの利用を通して(教育現場における科学教育に見られる学び合いの今日的課題,自主企画課題研究,転換期の科学教育) , 日本科学教育学会年会論文集, 31( 0), 199- 200, 2007年 
82
2P1-O6 CD-ROMから起動可能なKneadingBoardシステムの開発 : KneadingBoard System for KNOPPIX(インタラクティブセッション,転換期の科学教育) , 日本科学教育学会年会論文集, 31( 0), 347- 348, 2007年 
83
Digital fortune line system: Externalizing and sharing learners' commitments , Proceedings of E-Learn 2006, pp.2823-2828,   , 2006年09月 
84
フリーの協同学習ツール「Kneading Board」で授業を変える : 実践事例紹介と操作実習 , 年会論文集;日本科学教育学会, 30,  133- 134, 2006年08月10日 
85
デジタル運勢ラインシステム:開発理念と実装 , 日本科学教育学会研究会研究報告, 第20巻,第6号,pp.53-56,   , 2006年06月 
86
Situated Evaluation of Concept Mapping Software with Bookmarking Function for Supporting Reflection and Dialogue: Interaction Analysis of Collaborative Learning Processes , Proceedings of World Conference on Educational Multimedia, Hypermedia & Telecommunications 2006. Orlando, FL, United States, pp.2111-2118,   , 2006年 
87
再構成型コンセプトマップ作成ソフトウェアを利用した理科授業のデザイン実験:「物質の三態変化」における概念理解に着目して , 日本科学教育学会研究会研究報告, 第21巻,第1号,pp.103-108,   , 2006年 
88
1W1-T1 フリーの協同学習ツール「Kneading Board」で授業を変える : 実践事例紹介と操作実習(ワークショップ,日本科学教育学会 第30回年会論文集) , 日本科学教育学会年会論文集, 30( 0), 133- 134, 2006年 
89
アナロジーを活用した理解深化支援に関する実践的研究:中学校理科「電流と電圧」を事例として , 日本科学教育学会研究会研究報告, 第21巻,第1号,pp.109-112,   , 2006年 
90
あんどう君プロジェクト:リフレクションを指向した学習コミュニティにおけるアクティブ・グループの役割 , 日本科学教育学会研究会研究報告, 20・2, p15--p18,   , 2005年09月 
91
Kneading Board を活用した理科授業の実践 : 5年「ふりこの動きとおもりのはたらき」の単元において , 年会論文集;日本科学教育学会, 29,  233- 236, 2005年08月31日 
92
コンピュータを利用した遠隔協同作業におけるマウスカーソルの機能 : 他者マウスカーソル表示機能の効果 , 年会論文集;日本科学教育学会, 29,  167- 170, 2005年08月31日 
93
同期型CSCLシステム KneadingBoard の理念 : 創発的分業の支援を目指して , 年会論文集;日本科学教育学会, 29,  223- 226, 2005年08月31日 
94
創発的分業支援システムを用いた理科学習コミュニティの拡張 : 6年生「電磁石のはたらき」の実践から , 年会論文集;日本科学教育学会, 29,  231- 232, 2005年08月31日 
95
児童の創造性を伸ばすディベート学習の在り方 : 小学校第5学年, 国語「身近な生活について討論しよう」を通して , 年会論文集;日本科学教育学会, 29,  237- 240, 2005年08月31日 
96
同期型CSCLシステム Kneading Board の通信と同期の処理について , 年会論文集;日本科学教育学会, 29,  227- 230, 2005年08月31日 
97
Development and Evaluation of Concept Mapping Software with Bookmarking Function for Supporting Reflection and Dialogue , Proceedings of World Conference of Educational Multimedia, Hypermedia and Telecommunications 2005, , p3547-p3554,   , 2005年06月 
98
再構成型コンセプトマップ作成ソフトウェアの機能拡張:リンキングワードの位置調節と絵・写真ラベルのサイズ設定 , 日本科学教育学会研究会研究報告, 19・6, p11-p16,   , 2005年05月 
99
再構成型コンセプトマップ作成ソフトウェアの機能拡張に関する実践的評価:小学校第4学年「状態変化」におけるブックマーク機能利用場面の相互行為分析 , 日本科学教育学会研究会研究報告, 19・4, p39-p44,   , 2005年03月 
100
再構成型コンセプトマップ作成ソフトウェアの機能拡張に関する実践的評価:中学生からみたブックマーク機能の有効性 , 日本科学教育学会研究会研究報告, 19・3, p45-p50,   , 2005年01月 
101
2J-08 創発的分業支援システム(Kneading Board)による学びの再構成 : 小学校6年生「電磁石のはたらき」の実践から(教育工学・視聴覚教育・情報教育,一般研究,日本理科教育学会第55回全国大会) , 日本理科教育学会全国大会要項, ( 55),  , 2005年 
102
理科において小集団の相互作用を活性化するCSCLの活用法(5 教科教育,自由研究発表I,発表要旨) , 日本教育学会大會研究発表要項, 64( 0), 96- 97, 2005年 
103
1B3-A3 創発的分業支援システムを用いた理科学習コミュニティの拡張 : 6年生「電磁石のはたらき」の実践から(創発的分業支援システム「Kneading Board」の理念と実践事例) , 日本科学教育学会年会論文集, 29( 0), 231- 232, 2005年 
104
1B3-A5 児童の創造性を伸ばすディベート学習の在り方 : 小学校第5学年,国語「身近な生活について討論しよう」を通して(創発的分業支援システム「Kneading Board」の理念と実践事例) , 日本科学教育学会年会論文集, 29( 0), 237- 240, 2005年 
105
1B3-A2 同期型CSCLシステムKneading Boardの通信と同期の処理について(創発的分業支援システム「Kneading Board」の理念と実践事例) , 日本科学教育学会年会論文集, 29( 0), 227- 230, 2005年 
106
1B3-A1 同期型CSCLシステムKneadingBoardの理念 : 創発的分業の支援を目指して(創発的分業支援システム「Kneading Board」の理念と実践事例) , 日本科学教育学会年会論文集, 29( 0), 223- 226, 2005年 
107
1B2-C6 コンピュータを利用した遠隔協同作業におけるマウスカーソルの機能 : 他者マウスカーソル表示機能の効果(ユビキタス社会における学習環境のデザイン(2)) , 日本科学教育学会年会論文集, 29( 0), 167- 170, 2005年 
108
1B3-A4 Kneading Boardを活用した理科授業の実践 : 5年「ふりこの動きとおもりのはたらき」の単元において(創発的分業支援システム「Kneading Board」の理念と実践事例) , 日本科学教育学会年会論文集, 29( 0), 233- 236, 2005年 
109
再構成型コンセプトマップ作成ソフトウェア:作成プロセスを再生する機能の拡張 , 日本科学教育学会研究会研究報告, 19・2, p67-p72,   , 2004年11月 
110
Concept Mapping Software to Reconstruct Learning Processes: Enhancement Based on the Teachers' Requests and Its Evaluation from the Viewpoint of Teachers , Proceedings of International Conference on Computers in Education, , p935-p940,   , 2004年11月 
111
CSCLシステムを利用した授業のデザイン実験(主題「社会と協働する科学教育研究」) , 日本科学教育学会研究会研究報告, 19( 1), 1- 4, 2004年10月30日 
112
再構成型コンセプトマップ作成ソフトウェアの機能拡張に関する実験的評価:再生プロセスのブックマーク機能の有効性について , 日本科学教育学会研究会研究報告, 19・1, p25-p28,   , 2004年10月 
113
「多声スクリプト構成法」: プレゼンテーション教育における多声対話の支援 , 日本教育工学会大会講演論文集, 20,  323- 324, 2004年09月23日 
114
再構成型コンセプトマップ作成ソフトウェア:ユーザーのニーズを反映した機能拡張に対する教師の評価 , 日本科学教育学会研究会研究報告, 18・6, p37-p40,   , 2004年06月 
115
再構成型コンセプトマップ作成ソフトウェアを活用した理科授業:小学校第5学年「てんびんとてこ」での実践 , 日本科学教育学会研究会研究報告, 18・3, p39-p42,   , 2003年11月 
116
創発的分業支援システムの実践的評価:小学校6年生「人体」への導入を通して , 日本科学教育学会研究会研究報告, 18・3, p47-p52,   , 2003年11月 
117
小学校第6学年「電流と電磁石」における学習者の思考過程の評価:再構成型コンセプトマップ作成ソフトウェアを利用して , 日本科学教育学会研究会研究報告, 18・3, p43-p46,   , 2003年11月 
118
対話性に注目したプレゼンテーション教育手法の提案と実践評価 , 日本教育工学会大会講演論文集, 19( 1), 19- 20, 2003年10月11日 
119
協調学習における創発的分業を支援するシステムの機能的要件 , 日本教育工学会大会講演論文集, 19( 2), 599- 602, 2003年10月11日 
120
コンピューターソフトウエアを利用したディスカッションの内容理解に及ぼす影響 : 中学校理科授業での事例 , 日本教育工学会大会講演論文集, 19( 2), 739- 740, 2003年10月11日 
121
CSCLシステム開発におけるインターネットセキュリティに関する技術的課題と解決策 , 年会論文集;日本科学教育学会, 27,  185- 188, 2003年07月25日 
122
1C4-22 再構成型コンセプトマップ作成ソフトウェアを使って授業過程を記録しリフレクション活動を支援する授業の事例 , 年会論文集, 27,  209- 210, 2003年07月20日 
123
3B5-11 CSCL システム開発におけるインターネットセキュリティに関する技術的課題と解決策 , 日本科学教育学会年会論文集, 27( 0), 185- 188, 2003年 
124
対話性に注目したプレゼンテーション教育の提案 , 日本教育工学会大会講演論文集, 18,  405- 406, 2002年11月02日 
125
自己学習に活用できる「疑似生活体験型健康ゲーム」の開発 , 電子情報通信学会技術研究報告. ET, 教育工学, 101( 609), 39- 43, 2002年01月18日 
126
再構成型コンセプトマップ協調作成ソフトウェアの開発と評価:小学校教師からみた授業利用の可能性 , 電子情報通信学会技術研究報告(教育工学), ET2001・90, p53-p60,   , 2002年01月 
127
Connecting formal and informal discourses to create yet another zone of learning , Proceedings of CSCL2002, ,  627-628- , 2002年 
128
GE-5 作品協同制作場面における創発的分業過程の分析 , 日本科学教育学会年会論文集, 26( 0), 161- 162, 2002年 
129
Forming collaborative learning environment through supporting question-answer activity , Proceedings of ICCE/SchoolNet2001, ,  895-901- , 2001年 
130
KG-0 科学教育における学びの道具としてのコンピュータ : CSCL研究は授業をどう変えるか , 日本科学教育学会年会論文集, 25( 0), 127- 128, 2001年 
131
再構成型コンセプトマップ作成ソフトウェアのデザイン , 日本科学教育学会研究会研究報告, 13・6, p51-p54,   , 1999年04月 
132
情報表現の並置を支援する児童用表現ツールの開発 , 日本教育工学会大会講演論文集, 14,  333- 334, 1998年09月26日 
133
パラグラフ・テンプレ-トを利用したCALライティング指導システムの開発 , 文化女子大学紀要, 人文・社会科学研究, ,  53- 65, 1998年01月 

 

講演・口頭発表等
No.講演・口頭発表タイトル, 会議名, 発表年月日, 主催者, 開催地 
1
Exploiting Bodily Movement to Regulate Collaborative Learning by Designing a Tablet-Based CSCL System., Human-Computer Interaction. Interaction Contexts - 19th International Conference, HCI International 2017, Vancouver, BC, Canada, July 9-14, 2017, Proceedings, Part II, 2017年, Springer,  
2
Supporting transition between personal and collective activity through a tablet-based CSCL system, The Computer Supported Collaborative Learning (CSCL) Conference 2015, 2015年06月10日, ,  
3
Development and Evaluation of Case Method Teaching Materials using Manga on Tablet PCs - A Trial with Pointing Type Annotations., CSEDU 2013 - Proceedings of the 5th International Conference on Computer Supported Education, Aachen, Germany, 6-8 May, 2013, 2013年, ,  
4
Interactive Use of Kit-Build Concept Map with Media Tablets., 2012 IEEE Seventh International Conference on Wireless, Mobile and Ubiquitous Technology in Education, WMUTE 2012, Takamatsu, Kagawa, Japan, March 27-30, 2012, 2012年, ,  
5
Kit-Build Concept Map for Automatic Diagnosis., Artificial Intelligence in Education - 15th International Conference, AIED 2011, Auckland, New Zealand, June 28 - July 2011, 2011年, ,  
6
Concept of Emergent Division of Labor and its Implementation to the Design of a Collaborative Concept Mapping Tool - "Kneadingboard"., Cognition and Exploratory Learning in Digital Age, CELDA 2005, 14-16 December 2005, Porto, Portugal, Proceedings, 2005年, ,  
7
Connecting formal and informal discourses to create yet another zone of learning., Proceedings of the Conference on Computer Support for Collaborative Learning: Foundations for a CSCL Community, CSCL '02, Boulder, CO, USA, 2002, 2002年, ,  
8
Collaborative Concept Mapping Software to Reconstruct Learning Processes., ICCE 2002, 2002年, ,  

 

受賞
No.受賞年月, 授与機関, 賞名, (対象業績)タイトル 
1
2015年09月, 日本教育工学会, 論文賞, 個人活動とグループ活動間の往復を可能にするタブレット型思考支援ツールの開発 
2
2011年08月, 日本科学教育学会, 科学教育実践賞, Kneading board協調学習支援システムの開発と実践 
3
2005年09月, 日本科学教育学会, 科学教育実践賞, 再構成型コンセプトマップ作成ソフトウェアの開発と教育実践研究の展開 
4
2004年08月, 日本科学教育学会, 奨励賞, 再構成型コンセプトマップ共同作成ソフトウェアの内省と対話の支援における有効性について 
5
2002年09月, 日本科学教育学会, 年会発表賞, 再構成型コンセプトマップ作成ソフトウェアの拡張:協同作成を支援する機能の実装 

 

共同研究・競争的資金等の研究課題
No.提供機関, 制度名, 課題名等, 資金種別, 研究期間 
1
日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 継続的で体系的な知識の関連付けを志向した構造的読解力の育成手法の開発, ,  2019年04月 - 2023年03月 
2
文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), 学修の構造的な深化と自己効力感の強化を同時に促進するポートフォリオシステムの開発, 競争的資金,  2015年 - 2018年 
3
文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), 理科の授業構成力と実践的指導力を養成する教師教育用ケースメソッド教材の開発, 競争的資金,  2012年 - 2014年 
4
文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), 主張と関連情報の可視化と比較吟味に基づく合意創成型議論スキルの指導方法の開発, 競争的資金,  2012年 - 2014年 
5
文部科学省, 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究), 智恵の創出過程の共有に着目した論拠を探る議論支援ツールの開発, 競争的資金,  2012年 - 2013年 
6
文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), 共感的思考と論理的思考の統合に着目した協同課題解決型議論のための訓練手法の開発, 競争的資金,  2011年 - 2013年 
7
文部科学省, 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究), 協同学習に特化したノート・テーキングスキルの明確化と訓練手法の開発, 競争的資金,  2011年 - 2011年 
8
文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 工学系の学生を対象とした学術的英文読解の指導法と支援システムの開発, 競争的資金,  2009年 - 2011年 
9
文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), 協同参画型FDのための多声的授業計画・改善手法の研究, 競争的資金,  2008年 - 2010年 
10
文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), プロジェクト・ベース学習による協調学習の支援と評価に関する実践的研究, 競争的資金,  2007年 - 2009年 
11
文部科学省, 科学研究費補助金(萌芽研究), 大学生の授業外議論を支援するテーブル型情報スタンドの研究, 競争的資金,  2007年 - 2008年 
12
文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(A)), ユビキタス社会における創造的人材育成をめざした科学教育プログラムの開発と評価, 競争的資金,  2006年 - 2009年 
13
文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), 学習者の概念整理能力の向上を目指したノートテーキング指導法の確立, 競争的資金,  2006年 - 2007年 
14
文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), 相互的・社会的納得観に基づく納得技術教育手法および学習支援システムの開発, 競争的資金,  2005年 - 2007年 
15
文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), WWW文書のコラージュ的編集から学術的な論作文へと高める文章技術指導法の確立, 競争的資金,  2004年 - 2005年 
16
文部科学省, 科学研究費補助金(特定領域研究), 科学のオーセンティックアセスメントを浸透させるデジタルポートフォリオ・ライブラリ, 競争的資金,  2003年 - 2004年 
17
文部科学省, 科学研究費補助金(萌芽研究), 質問バケツリレー方式を取り入れた電子掲示板による知的探求コミュニティの形成支援, 競争的資金,  2003年 - 2005年 
18
, 科学研究費補助金, 対話的プレゼンテーション教育手法の確立, 競争的資金,  2002年 - 2004年 
19
文部科学省, 科学研究費補助金(特定領域研究), 科学のオーセンティック・アセスメントを実現するデジタルポートフォリオ作成システム, 競争的資金,  2002年 - 2002年 
20
文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), 遠隔高等教育を対象とした創発的分業を支援する学習環境の開発と評価, 競争的資金,  2001年 - 2003年