創価大学

研究者情報データベース

日本語 English

TOP
所属別検索
キーワード検索
研究分野別検索
条件指定検索

創価大学
ホームページ

郷田 秀一郎 (ゴウダ シュウイチロウ,GODA Shuichiro)

基本情報 研究分野 教育 研究 学内活動 学外活動

 

書籍等出版物
No.タイトル URL, 担当区分, 出版社, 出版年月, 担当範囲, ISBN 
1
はじめて学ぶ生命科学の基礎 , , 化学同人, 2011年, ,  
2
タンパク質工学による酵素の分子改質 , , シーエムシー, 2001年, ,  

 

論文
No.論文タイトル URL, 誌名(出版物名), 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月, DOI 
1
Development of a new gene expression vector for Thermus thermophilus using a silica-inducible promoter , , 19( 1),  , 2020年12月, https://doi.org/10.1186/s12934-020-01385-2 
2
Domain‐Swapping Design by Polyproline Rod Insertion , , 20( 19), 2454- 2457, 2019年10月, https://doi.org/10.1002/cbic.201900179 
3
Novel Ca2+-independent carbohydrate recognition of the C-type lectins, SPL-1 and SPL-2, from the bivalve Saxidomus purpuratus , Protein Science, 28,  766- 778, 2019年04月, https://doi.org/10.1002/pro.3592. 
4
Ca2+-Independent Carbohydrate-Recognition of the C-Type Lectins, Spl-1 and Spl-2, from the Bivalve Saxidomus Purpuratus and their Dimerization Properties , PROTEIN SCIENCE, 27,  136- 137, 2018年11月,  
5
A novel carbohydrate-binding surface layer protein from the hyperthermophilic archaeon Pyrococcus horikoshii. , Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 82( 8), 1327- 1334, 2018年08月, https://doi.org/10.1080/09168451.2018.1460571 
6
Mannose-recognition mutant of the galactose/N-acetylgalactosamine-specific C-type lectin CEL-I engineered by site-directed mutagenesis. , Biochimica et biophysica acta, 1850( 7), 1457- 1465, 2015年07月, https://doi.org/10.1016/j.bbagen.2015.04.004 
7
Hemolytic lectin CEL-III heptamerizes via a large structural transition from α-helices to a β-barrel during the transmembrane pore formation process. , The Journal of biological chemistry, 289( 18), 12805- 12812, 2014年05月, https://doi.org/10.1074/jbc.M113.541896 
8
Identification of the amino acid residues involved in the hemolytic activity of the Cucumaria echinata lectin CEL-III. , Biochimica et biophysica acta, 1830( 8), 4211- 4217, 2013年08月, https://doi.org/10.1016/j.bbagen.2013.04.010 
9
Crystallization and preliminary crystallographic study of oligomers of the haemolytic lectin CEL-III from the sea cucumber Cucumaria echinata , Acta Crystallographica Section F: Structural Biology and Crystallization Communications, 69( 4), 416- 420, 2013年04月, https://doi.org/10.1107/S1744309113004065 
10
大腸菌で生産される超好熱菌由来の不活性型グルタミン酸脱水素酵素の活性化機構 , 生化学, 81,  1049- 1055, 2009年,  
11
Characterization of the -Helix Region in Domain 3 of the Hemolytic Lectin CEL-III: Implications for Self-Oligomerization and Hemolytic Processes , J. Biochem., 143( 1), 79- 86, 2008年01月, https://doi.org/10.1093/jb/mvm195 
12
大腸菌体内で不活性型遺伝子組換え酵素として生産される好熱菌由来のグルタミン酸脱水素酵素の活性化とそれに伴う構造変化 , ビタミン, 82,  337- 343, 2008年,  
13
The first archaeal L-aspartate dehydrogenase from the hyperthermophile Archaeoglobus fulgidus: gene cloning and enzymological characterization. , Biochimica et biophysica acta, 1764( 6), 1087- 1093, 2006年06月, https://doi.org/10.1016/j.bbapap.2006.04.006 
14
超好熱菌タンパク質の耐熱化の分子戦略 , 化学と生物, 44( 5), 305- 312, 2006年, https://doi.org/10.1271/kagakutoseibutsu1962.44.305 
15
高温溶解性ゲルを用いた耐熱性膜酵素電極の構築とその特性評価 , Rev Polarogr, 51( 3), 215- , 2005年11月,  

 

MISC
No.MISCタイトル URL, 誌名, 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月(日) 
1
大腸菌体内で不活性型として生産される超好熱アーキア由来リコンビナント酵素の機能・構造解析 , 日本結晶学会誌, 58,  215-220- , 2016年11月 
2
超好熱古細菌リボヌクレアーゼPの高次構造解析を目指した再構成酵素の精製 , 生化学, ,  ROMBUNNO.1P-0113- , 2010年 
3
極性有機溶媒環境下における耐熱性D‐プロリン脱水素酵素固定化電極の特性評価 , 電子情報通信学会技術研究報告, 107( 154(MBE2007 20-43)), 75- 78, 2007年07月 
4
1P024 海鼠(グミ)由来溶血性レクチンCEL-IIIの多量化機構のX線小角散乱による解析(蛋白質(構造・構造機能相関),口頭発表,第45回日本生物物理学会年会) , 生物物理, 47( 0),  , 2007年 
5
超好熱菌酵素を素子とするバイオセンサーの開発:ポリアミン関連酵素の機能解析とD-プロリン脱水素酵素機能電極センサーの開発 , 工学部研究報告, 0( 0), 0-0- , 2005年 
6
自ら学ぶ最先端の学生実験:生物工学創成実験 , 工学シンポジウム2005, 0( 0), 38- 43, 2005年 
7
新規酵素バイオセンサーの開発 , 徳島大学地域共同研究センター研究成果報告書, 13,  68- 69, 2004年 
8
ヒト白血球抗原(HLA)とNK細胞受容体の相互作用の熱量計を用いた解析 , 生化学, 74( 8), 871- 871, 2002年08月25日 
9
MHCクラスI分子及びヒトNK細胞阻害受容体(KIR)の効率的な巻き戻しと相互作用の熱力学的解析 , 日本生物物理学会年会講演予稿集, 39th,  S47- , 2001年10月 
10
不溶性か粒から巻き戻した各種受容体細胞外ドメインの機能評価 , 日本生物物理学会年会講演予稿集, 39th,  S47- , 2001年10月 
11
1P060不溶性顆粒から巻き戻した各種受容体細胞外ドメインの機能評価 , 生物物理, 41( 1),  , 2001年09月10日 
12
1P059MHCクラスI分子及びヒトNK細胞阻害受容体(KIR)の効率的な巻き戻しと相互作用の熱力学的解析 , 生物物理, 41( 1),  , 2001年09月10日 
13
不溶性か粒で調製した各種受容体細胞外ドメインの効率よい巻き戻し系の構築 , 生化学, 73( 8), 959- , 2001年08月25日 

 

講演・口頭発表等
No.講演・口頭発表タイトル, 会議名, 発表年月日, 主催者, 開催地 
1
A novel carbohydrate-binding surface layer protein from the hyperthermophilic archaeon Pyrococcus horikoshii, 12th International Congress of Extremophiles, 2018年09月18日, ,  
2
溶血性レクチンCEL-III膜貫通部位の多量体化に与える影響の解明, 第42回蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム, 2018年08月29日, ,  
3
Ca2+-Independent Carbohydrate-Recognition of the C-type Lectins, SPL-1 and SPL-2, from the Bivalve Saxidomus purpuratus and their Dimerization Properties, The 32nd Annual Symposium of The Protein Society, 2018年07月10日, ,  
4
赤痢アメーバ由来レクチンIglの組換え体の発現とその特性, 平成30年度日本生化学会九州支部例会, 2018年07月01日, ,  
5
組換え型Ca2+-非依存性C型レクチンSPLの二量体形成機構と糖結合, 平成30年度日本生化学会九州支部例会, 2018年07月01日, ,  
6
サンゴ由来レクチン様タンパク質の赤血球凝集活性の解析, 第18回日本蛋白質科学会年会, 2018年06月27日, ,  
7
溶血性レクチンCEL-IIIのドメイン3変異体を用いた多量体化機構の解明, 日本農芸化学会2018年度大会, 2018年03月16日, ,  
8
超好熱アーキアPyrobaculum islandicum由来リコンビナントグルタミン酸脱水素酵素の活性に対するプロリン異性化の影響の解析, 2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBIo2017), 2017年12月06日, ,  
9
超好熱アーキア Sulufolubus tokodaii由来糖トランスポーター関連タンパク質に関する研究, 2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBIo2017), 2017年12月06日, ,  
10
超好熱アーキアPyrococcus horikoshii由来S-layerタンパク質の機能と熱安定性, 第18回極限環境生物学会年会, 2017年11月12日, ,  
11
大腸菌で生産されるPyrobaculum islandicum由来グルタミン酸脱水素酵素の活性に対するFK506結合タンパク質の影響, 第55回日本生物物理学会年会, 2017年09月20日, ,  
12
超好熱アーキアPyrobaculum islandicum由来リコンビナントグルタミン酸脱水素酵素の活性に対するプロリンの異性化の影響の解明, 第41回蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム, 2017年08月31日, ,  
13
超好熱アーキア由来トランスポーターの大腸菌を用いた生産系の確立, 第41回蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム, 2017年08月31日, ,  
14
溶血性レクチンCEL-III膜貫通部位欠損変異体の多量体化に関する研究, 第41回蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム, 2017年08月31日, ,  
15
サンゴ由来レクチン様タンパク質の大腸菌を宿主に用いた発現系の構築, 第41回蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム, 2017年08月31日, ,  
16
超好熱アーキア由来リコンビナント酵素の活性に対するシャペロンの影響の解析, 第17回日本蛋白質科学会年会, 2017年06月21日, ,  
17
超好熱アーキアSulfolobus tokodaii由来アルコール脱水素酵素の熱活性化に伴う構造変化の解明, 2016年度量子ビームサイエンスフェスタ, 2017年03月14日, ,  
18
超好熱アーキアSulfolobus tokodaii由来アルコール脱水素酵素の熱活性化による構造変化, 第89回日本生化学会大会, 2016年09月25日, ,  
19
超好熱アーキアSulfolobus tokodaii由来アルコール脱水素酵素の熱活性化における構造変化の解明, 第40回蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム, 2016年08月26日, ,  
20
超好熱アーキアPyrobaculum islandicum由来リコンビナントグルタミン酸脱水素酵素の活性に対するシャペロンの影響の解明, 第40回蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウ0, 2016年08月26日, ,  
21
サンゴ由来レクチン様タンパク質のチオレドキシン融合体としての生産, 第40回蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム, 2016年08月26日, ,  
22
Crystal structure of a novel Ca2+-dependent lectin GJL-I from the sea anemone Gyractis japonica and its carbohydrate-recognition mechanism, The 30th Anniversary Symposium of the Protein Society, 2016年07月16日, ,  
23
Structure and carbohydrate-binding properties of a C-type lectin SPL with novel carbohydrate-recognition motifs, The 30th Anniversary Symposium of the Protein Society, 2016年07月16日, ,  
24
超好熱アーキア由来アルコール脱水素酵素の熱活性化による酵素活性及び構造の経時変化の解明, 日本農芸化学会2016年度大会, 2016年03月29日, ,  
25
溶血性レクチンCEL-III の細胞膜ポア形成ドメイン内におけるアミノ酸残基の機能解析, 第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会, 2015年12月02日, ,  
26
超好熱アーキア由来アルコール脱水素酵素の熱活性化による酵素活性及び構造の変化の解明, 第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会, 2015年12月02日, ,  
27
超好熱アーキアPyrococcus horikoshii由来S-layerタンパク質の機能及び安定性の解明, 第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会, 2015年12月02日, ,  
28
ポア形成レクチンCEL-III の溶血活性に関与するアミノ酸残基の機能解析, 日本農芸化学会2015年度中四国・西日本支部合同大会, 2015年09月18日, ,  
29
超好熱アーキアPyrococcus horikoshii由来S-layerタンパク質相同体の機能・安定性解析, 第39回蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム, 2015年09月10日, ,  
30
サンゴ由来レクチンの糖結合ドメインの機能解析, 第39回蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム, 2015年09月10日, ,  
31
超好熱アーキア由来アルコール脱水素酵素の熱活性化による機能・構造変化の解明, 第39回蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム, 2015年09月10日, ,  
32
超好熱アーキア由来アルコール脱水素酵素の熱活性化による酵素活性及び構造の経時変化, 第15回日本蛋白質科学会年会, 2015年06月26日, ,  
33
Expression and characterization of the recombinant lectin SUL-1 derived from the venom of the sea urchin Toxopneustes pileolus, SFG & JSCR 2014 Joint Annual Meeting, 2014年11月16日, ,  
34
Alteration of the carbohydrate-binding specificity of the C-type lectin CEL-I by site-directed mutagenesis, SFG & JSCR 2014 Joint Annual Meeting, 2014年11月16日, ,  
35
Transmembrane pore structure formed by the hemolytic lectin CEL-III heptamer, The 27th Annual Symposium of The Protein Society, 2013年07月20日, ,  
36
Roles of the amino acid residues in domain 3 of the hemolytic lectin CEL-III as examined by site-directed mutagenesis, The 27th Annual Symposium of The Protein Society, 2013年07月20日, ,  
37
Analysis of the structural change of the pore forming toxin by stopped-flow small-angle X-ray scattering, 3rd International Workshop on Expression, Structure and Function of Membrane Proteins, 2012年09月23日, ,  
38
Crystallization of the pore forming toxin CEL-III from marine invertebrate, Cucumaria echinata, 3rd International Workshop on Expression, Structure and Function of Membrane Proteins, 2012年09月23日, ,  
39
Analysis of the oligomerization mechanism of hemolytic lectin CEL-III derived from sea cucumber by small-angle X-ray scattering, PACIFICHEM2010, 2010年12月13日, ,  
40
ANALYSIS OF THE OLIGOMERIZATION MECHANISM AND STRUCTURE OF THE HEMOLYTIC LECTIN CEL-III DERIVED FROM SEA CUCUMBER BY SMALL-ANGLE X-RAY SCATTERING, JSST2010, 2010年06月25日, ,  
41
Analysis of the oligomerization Mechanism and structure of the hemolytic lectin CEL-III derived from sea cucumber by small-angle x-ray scattering, Joint international open symposium: Molecular science of fluctuations toward biological functions and chemistry of biological processes created by water and biomolecules, 2009年03月16日, ,  
42
Analysis of the oligomerization mechanism and structure of CEL-III by small-angle x-ray scattering, 日本生物物理学会, 2009年, ,  
43
海産無脊椎動物グミ由来溶血性レクチンCEL-IIIの多量体化機構のX線小角散乱による解析, 第33回 蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウ, 2009年, ,  
44
溶血性レクチンCEL-IIIの自己会合ドメイン中のアミノ酸残基の役割, 日本蛋白質科学会年会, 2009年, ,  
45
海産無脊椎動物グミ由来溶血性レクチンCEL-IIIのX線小角散乱による多量体構造及び形成機構の解析, 日本蛋白質科学会年会, 2009年, ,  
46
溶血性レクチンの構造解析, 第2回長崎プリオン研究会, 2009年, ,  
47
Fast thermal denaturation of the hyperthermophilic protein, ST1625 product, Fifth East Asian Biophysics Symposium & Forty-Fourth Annual Meeting of the Biophysical Society of Japan (EABS & BSJ 2006), 2006年11月, ,  
48
大腸菌内で不活性な構造で生産される超好熱アーキア Pyrobaculum islandicum 由来グルタミン酸脱水素酵素の活性化機構の解明, 日本ビタミン学会第58回大会, 2006年, ,  
49
低温菌Janthinobacterium lividum UTB1302が生産するNAD依存性グルタミン酸脱水素酵素の遺伝子クローニング, 日本ビタミン学会第58回大会, 2006年, ,  
50
超好熱アーキアSulfolobus tokodaii strain7 由来2-keto-3-deoxygluconate (KDG) aldolase の機能解析, 日本農芸化学会大会, 2006年, ,  
51
Preparation and electrochemical characteristics of thermostable D-Proline dehydrogenase immobilized electrode, Advanced Materials Development & Performance, 2005年07月, ,  
52
大腸菌体内で不活性な状態で生産される超好熱アーキアPyrobaculum islandicum由来グルタミン酸脱水素酵素の活性化による構造変化の解明, 日本分子生物学会, 2005年, ,  
53
Conformational change in Aeropyrum pernix 5'-methylthioadenosine phosphorylase under extremely high temperature conditions, 日本生化学会年会, 2005年, ,  
54
Bacillus subtilis CotAのビリルビンオキシダーゼ活性, 日本生物工学会年会, 2005年, ,  
55
耐熱性D-プロリン脱水素酵素固定化電極の作製とその電気化学特性評価, 第66回分析化学討論会, 2005年, ,  
56
Purification and partial characterization of a dorsal lectin from the redfin velvetfish, Hypodytes rubripinnis, 日本生化学会年会, 2005年, ,  
57
高温溶解性ゲルを用いた耐熱性膜酵素電極の構築とその特性評価, 第51回ポーラログラフィーおよび電気分析化学討論会, 2005年, ,  
58
Crystallization of archaeal 2-keto-3-deoxygluconate kinase from Sulfolobus tokodaii strain7, 日本生化学会年会, 2005年, ,  
59
超好熱アーキアPyrococcus horikoshiiに存在する新規ATP含有アミノ酸脱水素酵素, 日本農芸化学会大会, 2005年, ,  
60
The study of mercuric reductase from a hyperthermophilic archaeon Sulfolobus tokodaii strain7:, 日本生化学会年会, 2005年, ,  
61
X線小角散乱法を用いた超好熱アーキア由来リコンビナント酵素の活性化による構造変化の解明, 日本農芸化学会大会, 2005年, ,  
62
超好熱アーキアArchaeoglobus fulgidusのNAD生合成に機能すると予想されるL-AspDHホモログの機能解析, 日本ビタミン学会第57回年会, 2005年, ,  
63
大腸菌体内でミスフォールドして生産される超好熱アーキアPyrobaculum islandicum由来グルタミン酸脱水素酵素の活性化機構の解明, 日本生物物理学会, 2005年, ,  
64
超好熱アーキア Aeropyrum pernix K1由来5'-methylthioadenosine phosphorylase の高温耐性機構, 日本生物工学会年会, 2005年, ,  
65
Structural study on the heat activation process of recombinant glutamate dehydrogenase from a hyperthermophilic archaeon Pyrobaculum islandicum: analysis by small-angle X-ray scattering, Satelite workshop of BSR2004 SAXS in the 21st Century, 2004年09月, ,  
66
Intersubunit Interaction Induced by Change in the Subunit Arrangement Is Essential for the Generation of Activity on Hyperthermophilic Glutamate Dehydrogenase from Pyrobaculum islandicum, MPI-Seminar, 2004年09月, ,  
67
A novel hyperthermophilic archaeal agmatinase from Pyrococcus horikoshii, International Congress on Biocatalysis 2004 (biocat 2004), 2004年08月, ,  
68
Novel dye-linked L-proline dehydrogenase from anaerobic hyperthermophilic archaea, Thermococcus profundus and Pyrococcus horikoshii OT-3, The 1st Pacific-Rim International Conference on Protein Science, 2004年04月, ,  
69
超好熱アーキア由来アグマチナーゼの大腸菌を用いた発現系の構築とその酵素機能の解析, 日本農芸化学会, 2004年, ,  
70
藍染め染色液中の好アルカリ性菌の分離とインジゴ還元酵素の諸性質の解明, 日本農芸化学会, 2004年, ,  
71
超好熱アーキアMethanococcus jannaschii由来bifunctional ADP依存性Glucokinase/PhosphofructokinaseのX線結晶構造解析, 日本農芸化学会, 2004年, ,  
72
超好熱アーキアArchaeoglobus fulgidusのL-アスパラギン酸脱水素酵素ホモログ(AF1838)の機能解析, 日本農芸化学会中四国支部大会, 2004年, ,  
73
オニオコゼの毒棘タンパク質の精製と生理活性について, 日本農芸化学会中四国支部大会, 2004年, ,  
74
低温菌 Janthinobacterium lividum UTB1302由来のグルタミン酸脱水素酵素の特徴, 日本生物工学会年会, 2004年, ,  
75
土壌由来環境DNAからのアラニン脱水素酵素遺伝子の探索, 日本生物工学会年会, 2004年, ,  
76
X線小角散乱法を用いた低活性超好熱アーキア由来リコンビナント酵素の活性化機構の解明, 日本農芸化学会中四国支部日本生物工学会西日本支部合同若手研究交流会, 2004年, ,  
77
大腸菌で発現された超好熱アーキア由来酵素の活性化機構の解明, 日本生化学会中国四国支部大会, 2004年, ,  
78
超好熱アーキアPyrococcus horikoshii OT-3の色素依存性L-プロリン脱水素酵素の性質と構造, 日本農芸化学会, 2004年, ,  
79
大腸菌で発現される超好熱アーキア由来のグルタミン酸脱水素酵素の活性化機構, 日本農芸化学会, 2004年, ,  
80
Heat and Urea Induced Activations by Subunit Rearrangement of Hyperthermophilic Glutamate Dehydrogenase Produced in Escherichia coli, Thermophile2003, 2003年09月, ,  
81
大腸菌で発現された低活性超好熱菌由来グルタミン酸脱水素酵素の活性化機構の解析, 超好熱古細菌ワークショップ, 2003年, ,  
82
Crystallization and preliminary X-ray diffraction analysis of ADP-dependent glucokinase/phosphofructokinase, a bifunctional enzyme from the hyperthermophilic archaeon Methanococcus jannaschii, 日本生化学会大会, 2003年, ,  
83
Pyrococcus horikoshii agmatinase: gene expression in E. coli and characterization, 日本生化学会大会, 2003年, ,  
84
Unique tetrameric structure of 2-deoxyribose-5-phosphate aldolase from the hyperthermophile archaea Aeropyrum pernix, 日本生化学会, 2003年, ,  
85
超好熱アーキア Pyrococcus horikoshii OT-3に存在する2種類の色素依存性L-プロリン脱水素酵素の特徴, 日本生物工学会年会, 2003年, ,  
86
超好熱アーキア Pyrococcus horikoshii OT-3に存在する2種類の色素依存性L-プロリン脱水素酵素の特徴, 日本生物工学会年会, 2003年, ,  
87
大腸菌によって発現された低活性超好熱菌由来グルタミン酸脱水素酵素の熱及び尿素による活性化過程のX線小角散乱と熱量計による解析, 日本アーキア研究会, 2003年, ,  
88
超好熱アーキアThermococcus profundusの色素依存性L-プロリン/NADH脱水素酵素複合体の機能解析, 日本農芸化学会, 2003年, ,  
89
超好熱アーキアで最初のATP依存性グルコキナーゼ : Aeropyrum pernix 酵素の発現系の構築及び諸性質の解明, 日本農芸化学会, 2003年, ,  
90
好熱菌由来グルタミン酸脱水素酵素の熱及び尿素による成熟化過程の物理化学的解明, 日本農芸化学会, 2003年, ,  
91
超好熱アーキアAeropyrum pernix 由来2-Deoxyribose-5-Phosphate Aldolaseの結晶構造解析, 日本農芸化学会, 2003年, ,  
92
超好熱性アーキアD-アミノ酸脱水素酵素の性質, 極限環境微生物学会, 2002年, ,  
93
超好熱アーキア由来2-デオキシリボース-5-リン酸アルドラーゼの大量発現系の構築及び諸性質の解明, 日本生化学会年会, 2002年, ,  
94
超好熱アーキアPyrococcus horikoshii OT3のADP依存性グルコキナーゼの構造特性, 日本生化学会年会, 2002年, ,  
95
複数の構造ドメインからなる蛋白質の不溶性顆粒からの巻き戻し系の構築, 日本生化学会年会, 2002年, ,  
96
ヒト白血球抗原(HLA)とNK細胞受容体の相互作用の熱量計を用いた解析, 日本生化学会年会, 2002年, ,  
97
好気性超好熱アーキアAeropyrum pernix由来のATP依存性グルコキナーゼ:発現系の構築及び諸性質の解明, 極限環境微生物学会, 2002年, ,  
98
凝集蛋白質を再生する:不溶性顆粒の巻き戻し, 日本生化学会年会, 2002年, ,  
99
好熱好酸性アーキアSulfolobus tokodaii strain 7由来D-乳酸脱水素酵素の特徴, 日本生物工学会年会, 2002年, ,  
100
超好熱アーキアPyrococcus horikoshii OT-3の色素依存性L-プロリン脱水素酵素の精製と酵素遺伝子の同定, 日本生物工学会年会, 2002年, ,  
101
蛋白質大量調製系への応用を目指した巻き戻しシステムの構築, 日本蛋白質化学会年会, 2002年, ,  
102
ヒト白血球抗原(HLA)と各種受容体の大腸菌を用いた効率的な発現系の構築及び相互作用の熱力学的解析, 日本蛋白質化学会年会, 2002年, ,  
103
Amyloid fibril formation of hen egg lysozyme in concentrated ethanol solution, Protein Society, 1999年07月, ,  

 

受賞
No.受賞年月, 授与機関, 賞名, (対象業績)タイトル 
1
2012年12月, 極限環境生物学会, 研究奨励賞,