創価大学

研究者情報データベース

日本語 English

TOP
所属別検索
キーワード検索
研究分野別検索
条件指定検索

創価大学
ホームページ

﨑山 朋子 (サキヤマ トモコ,SAKIYAMA Tomoko)

基本情報 研究分野 教育 研究 学内活動 学外活動

 

論文
No.論文タイトル URL, 誌名(出版物名), 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月, DOI 
1
Temporary Suspension brings about the Cooperative Evolution in the Hawk-Dove Game , Proceedings of the 2019 IEEE Symposium Series on Computational Intelligence (SSCI), ,  3230-3233- , 2020年02月01日,  
2
Interactions between worker ants may influence the growth of ant cemeteries , Scientific Reports, 10( 1), 1-7- , 2020年02月01日,  
3
Reversible Transitions in a Cellular Automata-Based Traffic Model with Driver Memory , Complexity, 2019( 1956521), 1-8- , 2019年12月01日,  
4
Autonomous Transition between Self-Avoiding Walk and Self-Attracting Walk in the Artificial Ant Model , Proceedings of The 3rd International Symposium on Swarm Behavior and Bio-Inspired Robotics(SWARM2019), ,  1-5- , 2019年11月01日,  
5
Proposal on Network Exploration to avoid Closed Loops , Proceedings of The 12th International Workshop on Applied Modelling & Simulation, ,  00- , 2019年11月01日,  
6
A Novel Firefly Algorithm for Multimodal Optimization , Proceedings of The 12th International Workshop on Applied Modelling & Simulation, ,  00- , 2019年11月01日,  
7
An adaptive replacement of the rule update triggers the cooperative evolution in the Hawk–Dove game , Chaos, Solitons & Fractals, 121,  59-62- , 2019年04月01日, https://doi.org/10.1016/j.chaos.2019.01.014 
8
Emergence of a complex movement pattern in an unfamiliar food place by foraging ants , Journal of Comparative Physiology A, 205( 1), 61–66- , 2019年02月01日, https://doi.org/10.1007/s00359-018-1303-z 
9
Ant System Combined with Autonomy and Cooperativeness , International Journal of Advances in Science, Engineering and Technology, 6( 4), 56-61- , 2018年12月01日,  
10
Coordination of Pheromone Deposition Might Solve Time-Constrained Travelling Salesman Problem , Complexity, 2018( 6498218), 1-5- , 2018年12月01日, https://doi.org/10.1155/2018/6498218 
11
Proposal of New Ant System based on Consistency and Discrepancy of Subjective Ranking , Proceedings of the International Multi-Conference of Engineers and Computer Scientists 2018, ,  820-825- , 2018年01月01日,  
12
Moderated pattern formations on trail-laying foraging , Artificial Life and Robotics, 21( 3), 253-257- , 2016年09月01日,  
13
Lévy-like movements in Japanese carpenter ants: Experimental and theoretical approaches , Ecological Complexity, 26,  21- 28, 2016年06月, https://doi.org/10.1016/j.ecocom.2016.02.003 
14
Weber-Fechner relation and Lévy-like searching stemmed from ambiguous experiences , Physica A, 438,  161- 168, 2015年11月, https://doi.org/10.1016/j.physa.2015.06.038 
15
Punctuated equilibrium based on a locally ambiguous niche , BioSystems, 123,  99-105- , 2014年09月01日,  
16
The Müller-Lyer Illusion in Ant Foraging , PLoS One, 8( 12), 1-12- , 2013年12月, https://doi.org/10.1371/journal.pone.0081714 
17
Artificial Causal Space-Time , Proceedings of the Twelfth European Conference on the Synthesis and Simulation of Living Systems, ,  810-817- , 2013年09月01日,  
18
Garden Ants Lasius Niger Perceive a Rotating Landmark , Proceedings of European Conference on Complex Systems 2012, ,  615-620- , 2013年09月01日,  

 

講演・口頭発表等
No.講演・口頭発表タイトル, 会議名, 発表年月日, 主催者, 開催地 
1
最適なレヴィ運動を維持するためには何をすれば良いのか?, 2020年度数理生物学会年会, 2020年09月22日, ,  
2
蟻はピンクノイズで探索する, 第58回日本生物物理学会年会, 2020年09月16日, ,  
3
度数情報だけで再訪性を判断するエージェントのネットワーク探索, 第58回日本生物物理学会年会, 2020年09月16日, ,  
4
蟻はピンク色の世界を歩く, 第14回内部観測研究会(第33回計測自動制御学会SI 部門共創システム部会研究会), 2020年03月01日, ,  
5
ネットワーク上のタカ・ハトゲームにおけるリンクの多義的解釈が与える影響について, 第16回 生物数学の理論とその応用 ~生命現象の定量的理解に向けて~, 2020年01月01日, ,  
6
蟻の示す複雑なリズムとは?, 第5回昆虫行動ロボティクス研究会, 2019年12月01日, ,  
7
Emergence of an Adaptive Random Walk as a Function of Different Resource Distribution, 2019年度 日本数理生物学会年会, 2019年09月01日, ,  
8
蟻の形作る時空間パターンに関する研究, 第4回昆虫行動ロボティクス研究会, 2019年05月01日, ,  
9
蟻の墓場の形成プロセス, 日本動物行動学会第37回大会, 2018年09月01日, ,  
10
蟻の死骸の山の形成プロセスにおける一考察, 日本生物物理学会第56回年会, 2018年09月01日, ,  
11
蟻の探索における臨界的性質の出現について, 第62回システム制御情報学会研究発表講演会, 2018年05月01日, ,  
12
自律性と協調性を兼ね備えた蟻コロニー最適化モデ ル, 日本経営工学会2018年春季大会, 2018年05月01日, ,  
13
Ant Colony Optimization with Function of Autonomously Switching Rules of Route Selection, The 18th Asia Pacific Industrial Engineering and Management Systems conference, 2017年12月01日, ,  
14
主観的階級の一致と齟齬に基づいたRank based 蟻コロニー最適化モデル, 日本経営工学会2017年秋季大会, 2017年11月01日, ,  
15
Mechanism of Scale Free Droplets in Ants, The 2nd International Symposium on Swarm Behavior and Bio-Inspired Robotics, 2017年10月01日, ,  
16
Emergence of a flexible random search based on local environments, The Company of Biologists conference "Current status and future directions of Lévy walk research", 2017年09月01日, ,  
17
Outbound-Inbound Relation Dependent on Maze Learning in Japanese Wood Ants, Behaviour 2017, 2017年07月01日, ,  
18
局所情報に基づくエージェントシステムの巡回セールスマン問題への適用, 公益社団法人日本経営工学会 2016年秋季大会, 2016年10月01日, ,  
19
環境と作用する個体の創発的レヴィ運動:確率的変容が与える影響について, 日本動物行動学会 第34回大会, 2015年11月01日, ,  
20
秩序的蟻道形成の持つゆらぎ, 第31回個体群生態学会大会, 2015年10月01日, ,  
21
Deviated Trail-Laying Behavior Stemmed from Directional Interaction, Behaviour2015, 2015年08月01日, ,  
22
The Relationship between local and social information on trail laying foraging, 2015 Joint Meeting of The 5th China-Japan-Korea Colloquium on Mathematical Biology and The Japanese Society for Mathematical Biology, 2015年08月01日, ,  
23
蟻道形成フェロモンが孕む不定な方向性, ロボティクス・メカトロニクス講演会2015, 2015年05月01日, ,  
24
部分に基づく最適ランダムウォーク出現, 第14回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, 2014年12月01日, ,  
25
カニッツァの三角形における主観的輪郭の起源, 第14回計測自動制御学会システムインテグレーション 部門講演会, 2014年12月01日, ,  
26
クロオオアリの視覚的目印生成実験, 日本動物行動学会第33回大会, 2014年11月01日, ,  
27
Weber-Fechner Relation and Power-Law Distributed Step Lengths can be driven from Agents Interactions, European Conference on Complex Systems 2014, 2014年09月01日, ,  
28
Individual animal behaviors with or without other(s), A preliminary report, the Joint Annual Meeting of the Japanese Society for Mathematical Biology and the Society for Mathematical Biology, 2014年07月01日, ,  
29
Emergence of a Lévy-like searching through agents' local interaction, International Union for the Study of Social Insects (IUSSI14), 2014年07月01日, ,  
30
Influence of rule change in random walk algorithm based on the agent's history, The 14th International Symposium on Advanced Intelligent Systems, 2013年11月01日, ,  
31
ランダムウォークにおける能動・受動のバランス, 日本動物行動学会 第32回大会, 2013年11月01日, ,  
32
Emergence of symbol in ant navigation, 第51回日本生物物理学会年会, 2013年10月01日, ,  
33
ランダムウォークにおける柔軟な探索挙動, 第23回数理生物学会大会, 2013年09月01日, ,  
34
Logical Foraging Based on Landmark Meaning in Ant Camponotus Japonicus, Behaviour 2013, 2013年08月01日, ,  
35
アリを用いたミュラーリヤー錯視生起モデル, ロボティクス・メカトロニクス講演会2013, 2013年05月01日, ,  
36
アリのナビゲーションにおける記号創発, 第13回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, 2012年12月01日, ,  
37
トビイロケアリはミュラーリヤー錯視を起こすか, 第13回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, 2012年12月01日, ,  
38
クロオオアリの論理トレーニング, 日本動物行動学会第31回大会, 2012年11月01日, ,  
39
庭アリ(Lasius niger)の道標使用に関するポイント・オープン論理階層モデル, 日本動物行動学会第31回大会, 2012年11月01日, ,  

 

共同研究・競争的資金等の研究課題
No.提供機関, 制度名, 課題名等, 資金種別, 研究期間 
1
独立行政法人日本学術振興会, , 蟻の近傍情報に基づく予期的行動と歩行特性の解明, 競争的資金,  2018年04月 - 2020年04月 
2
公益財団法人 大川情報通信基金, , 群知能を用いた時間制約下における配達システムの構築, 競争的資金,  2018年04月 - 2018年04月