創価大学

研究者情報データベース

日本語 English

TOP
所属別検索
キーワード検索
研究分野別検索
条件指定検索

創価大学
ホームページ

蝶名林 亮 (チョウナバヤシ リョウ,CHONABAYASHI Ryo)

基本情報 研究分野 教育 研究 学内活動 学外活動

 

書籍等出版物
No.タイトル URL, 担当区分, 出版社, 出版年月, 担当範囲, ISBN 
1
標準的医療説明の手順書 , 分担執筆, 杏林舎, 2019年09月, 「インフォームド・コンセントと倫理学」,  
2
メタ倫理学の最前線 , , 勁草書房, 2019年, , 9784326102754 
3
世代間不均衡下の都市倫理 , , 第一生命財団, 2018年, ,  
4
ヒューマニティーズの復興をめざして : 人間学への招待 , , 勁草書房, 2018年, , 9784326102662 
5
倫理学は科学になれるのか: 自然主義的メタ倫理説の擁護 , 単著, 勁草書房, 2016年09月30日, , 432610256X 

 

論文
No.論文タイトル URL, 誌名(出版物名), 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月, DOI 
1
Faith(信仰・信)に関する近年の哲学的議論の調査 , 創価大学人文論集, 31,  35- 70, 2019年03月,  
2
倫理学者が仏教から『適切に』学ぶ方法 , 東洋学術研究, 57( 2), 74- 84, 2018年,  
3
How (Properly) Can Moral Philosophers Learn from Buddhism? - Some Problems - , The Journal of Oriental Studies, 28,  105- 113, 2018年,  
4
非認知主義の道徳的含意 , 創価大学人文論集, 29,  99- 119, 2017年03月,  
5
自殺の悪さについての哲学的な議論の調査 , 社会と倫理, ( 32), 57- 76, 2017年,  
6
自然主義的道徳的実在論擁護のための2つの戦略 , 法と哲学, 2,  87- 146, 2016年,  
7
Naturalistic Moral Realism and the Recent Empirical Findings from Social Psychology , 創価大学人文論集, 28,   , 2016年,  
8
道徳的個別主義を巡る論争―近年の動向― , Contemporary and Applied Philosophy, 6,  1001- 1026, 2015年,  
9
In Defending the Epistemic Account of Moral Progress , Ravenshaw Journal of Philosophy, 1,  24- 39, 2015年,  
10
Is the Wellbeing of Individuals Only What Matters? , CAPE Studies in Applied Philosophy and Ethics Series, vol.2, 2,  27- 38, 2014年,  
11
A Defence of Metaphysical Ethical Naturalism , Cardiff University, ,   , 2012年,  

 

MISC
No.MISCタイトル URL, 誌名, 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月(日) 
1
書評:佐藤岳詩『メタ倫理学入門-道徳のそもそもを考える』 , 図書新聞, ( 3344),  , 2018年03月 
2
法華経の初期漢訳と流布の背景 (特集 「仏教経典 : 世界の精神遺産」展より) -- (記念シンポジウム「仏教経典の主な教えの普及と受容」より) , 東洋学術研究, 56( 1), 172- 184, 2017年05月 
3
仏教と平和 (特集 人類的課題と仏教 : 第32回学術大会/タイ・世界仏教徒大学との共同シンポジウムより) , 東洋学術研究, 56( 2), 64- 72, 2017年 
4
鳩摩羅什の出生年について , 東洋学術研究, 56( 2), 140- 161, 2017年 
5
自由の声 初期仏教の尼僧の詩に見る友情、信頼そして解放 : 21世紀における仏教 (特集 人類の未来と仏教の可能性 : オックスフォード仏教学研究所との第2回共同シンポジウムより) -- (仏教と行動 : 暴力と平和の課題) , 東洋学術研究, 55( 2), 166- 184, 2016年 
6
慈悲の実践 : テーラワーダ仏教の瞑想の諸流派に関する一考察 (特集 人類の未来と仏教の可能性 : オックスフォード仏教学研究所との第2回共同シンポジウムより) -- (仏教と科学 : 心身の健康へ 仏教実践と科学の効用) , 東洋学術研究, 55( 2), 217- 233, 2016年 

 

講演・口頭発表等
No.講演・口頭発表タイトル, 会議名, 発表年月日, 主催者, 開催地 
1
メタ倫理学における「ア・プリオリ」概念:自然主義者からの応答, 倫理における「ア・プリオリ」(≪経験的改訂を容れる「ア・プリオリ」概念≫を用いたカント的超越論的哲学の組み換え[JSPS科研費17K02186]), 2020年03月, ,  
2
倫理的に適切な判断を下すとは?, 公益社団法人 神奈川県社会福祉会 横浜支部 連続講座, 2019年11月, ,  
3
道徳の規範性を身体化する?-民主的ヒューム主義の是非を見定める-, 日本科学哲学会第52回大会, 2019年11月, ,  
4
実践倫理学:近年の動向と福祉倫理学への視座, 公益社団法人 神奈川県社会福祉会 横浜支部 連続講座, 2019年09月, ,  
5
Kinds of Normativity and First-Order Normative Theorizing, The Fifth Southern Normativity Group Annual conference on Normativity, 2019年07月02日, ,  
6
Explanationist Argument, the Debunking Arguments and the Boydian Theory Argument, National Chung Cheng University Philosophy Department Research Seminar, 2019年03月, ,  
7
Social Work Ethics and Personal Commitments, 11th International Conference on Applied Ethics, 2018年12月16日, ,  
8
道徳の規範性を「科学的」に発見する?-近年のメタ倫理学における自然主義と非自然主義の論争から-, モラルハッカソン 2018 (Morality mod Scienceセミナー特別編), 2018年11月24日, ,  
9
人文学の好機到来?-人文学のトリビアルでない社会的影響について-, 一橋大学「人文学・社会科学のインパクトとは何か?」, 2018年06月20日, ,  
10
倫理学者が仏教から「適切に」学ぶ方法, 東洋哲学研究所 年次研究大会, 2018年03月24日, ,  
11
倫理はソーシャルワークに役立たないのだろうか, 公益社団法人 神奈川県社会福祉会 横浜支部 連続講座, 2018年01月21日, ,  
12
倫理学における依存関係と道徳的個別主義, 日本科学哲学会 第50回大会, 2017年11月18日, 日本科学哲学会,  
13
医者は何を説明するべき?患者は何を知るべき? ~患者と医者の倫理学~, 八王子学園都市大学 いちょう塾 無料公開講座, 2017年08月12日, ,  
14
理論的不同意、未決問題論証、法実証主義, 東京法哲学研究会, 2017年07月29日, 東京法哲学研究会, 明治大学 
15
『倫理学は科学になれるのか』:要約と応答, 京都生命倫理研究会, 2017年03月11日, ,  
16
倫理学における反理論主義の問題, 現代倫理学研究会, 2016年12月04日, 現代倫理学研究会, 専修大学 
17
倫理学が科学になることを拒むものは何かー規範性からの反論と反理論主義からの反論ー, 一橋哲学・社会思想セミナー, 2016年12月02日, 一橋大学,  
18
The Compossibility Thesis of Rights: Some Issues, 研究ワークショップ「レフト・リバタリアニズム」の可能性, 2016年11月11日, 立命館大学,  
19
Some Ingergenerational Problems in Urban Restoration, 10th International Conference on Applied Ethics, 2016年10月29日, 北海道大学,  
20
メタ倫理学における非還元的実在論について, 日本大学文理学部人文科学研究所第9回哲学ワークショップ「現代形而上学から倫理学へ」, 2016年03月14日, 日本大学,  
21
Particularist Moral Explanation: A Lesson from Naturalism?, Workshop on Particularism, 2016年01月20日, 京都大学,  
22
医療における説明―医療者に『知らせる義務』はあるのか?―, 第7回情報倫理学研究会, 2014年12月12日, 神奈川大学 箱根保養所,  
23
Is the Wellbeing of Individuals Only What Matters?, International Discussion of Ethics and Well-Being, 2014年11月09日, ,  
24
Moral Explanations, Expressivism and Normative Theorising, Tokyo Forum for Analytic Philosophy, 2014年10月17日, 東京大学,  
25
ロックにおける信念の倫理, 第8回ジョン・ロック研究会, 2014年09月04日, 愛知学院大学,  
26
Normative Explanations and Reductive Explanation Problem, The Second Conference on Contemporary Philosophy in East Asia, 2014年08月28日, 京都大学,  
27
Naturalism in the Recent Well-Being Literature Supports Naturalistic Moral Realism, The 13th Conference of the International Society for Utilitarian Studies, 2014年08月22日, 横浜国立大学,  
28
ロック的信念の倫理理論?, 第93回イギリス哲学会関東部会例会, 2014年07月26日, 慶応大学,  
29
Dancyの道徳的説明を巡る議論について, 第6回 応用哲学会, 2014年05月, ,  
30
道徳的説明と道徳的個別主義, Action, Emotion, Morality Workshop, 2014年03月06日, ,  
31
説明的論証擁護のための二つの戦略, 第47回 日本科学哲学会, 2014年, ,  
32
Normative Explanations and Reductive Explanation Problem, Grounding and Fundamentality in Metaphysics and Ethics Conference, 2013年10月, ,  
33
さらなる探求への義務, 第72回 日本哲学会, 2013年05月, ,  
34
The Abductive argument for Moral Realism – a case of virtue ethics –, Naturalisms in Ethics Conference, 2011年07月, ,  
35
Moral Progress? How Moral Theories are Developed, Gregynog Philosophy Colloquium, Newtown, 2010年03月, ,  
36
A Semantic Theory for Non-Reductive Ethical Naturalism, Gregynog Philosophy Colloquium, 2008年11月, ,  

 

共同研究・競争的資金等の研究課題
No.提供機関, 制度名, 課題名等, 資金種別, 研究期間 
1
日本学術振興会, 科学研究費助成事業 若手研究, 道徳の規範性の説明を通じた自然主義的なメタ倫理説の擁護, ,  2019年04月 - 2022年03月 
2
日本学術振興会, 科学研究費助成事業 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(A)), 実践的規範性と認識的規範性の統合のための自然主義的理論の構築, ,  2019年 - 2019年 
3
日本科学哲学会, 石本基金若手研究助成, 道徳的個別主義と道徳的説明についての研究, 競争的資金,  2016年04月 - 2018年03月 
4
第一生命財団, 第一生命財団・研究助成(奨励研究), 世代間不均衡下の都市倫理, 競争的資金,  2016年04月 - 2017年03月