創価大学

研究者情報データベース

日本語 English

TOP
所属別検索
キーワード検索
研究分野別検索
条件指定検索

創価大学
ホームページ

渋谷 明子 (シブヤ アキコ,SHIBUYA Akiko)

基本情報 研究分野 教育 研究 学内活動 学外活動

 

書籍等出版物
No.タイトル URL, 担当区分, 出版社, 出版年月, 担当範囲, ISBN 
1
ヒューマニティーズの復興をめざして─人間学への招待─ , 分担執筆, 勁草書房, 2018年02月, 第4章 人間とメディアとのかかわりを考えよう!,  
2
メディア・オーディエンスの社会心理学 , 共編者(共編著者), , 2017年03月, ,  
3
Transnational contexts of development history, sociality, and society of play; Video games in East Asia , 分担執筆, palgrave macmillan & Springer, 2017年01月, , 9783319438191 
4
Mobile gaming in Asia: Politics, culture and emerging technologies. , 分担執筆, Springer, 2016年07月, ,  
5
青年期発達百科事典 , 共著, 丸善出版, 2014年03月01日, Vol. 2. 386-394, 9784621087992 
6
テレビという記憶−テレビ視聴の社会史 , 分担執筆, 新曜社, 2013年02月, ,  
7
メディアとパーソナリティ , 分担執筆, ナカニシヤ出版, 2011年03月, ,  
8
「子どもを大切にする国」をめざして 子ども白書2008 子どもの希望を育むアイデアの結晶 Part. 2 ─“いのちの格差”がひろがる中で , 共著, 草土文化社, 2008年07月01日, 64-67, 9784794509963 
9
テレビゲームのレーティングと社会的受容に関する調査報告書 , 分担執筆, マイクロマガジン社, 2008年, ,  
10
テレビニュースの世界像─外国関連報道が構築するリアリティ─ , , 勁草書房, 2007年12月, , 9784326602070 
11
Gaming, simulations, and society: Research scope and perspective , , Springer-Verlag, Tokyo, 2005年, , 9784431267973 
12
テレビと外国人イメージ─メディア・ステレオタイピング研究 , , 勁草書房, 2004年12月, , 9784326601783 
13
メディアと人間の発達−テレビ、テレビゲーム、インターネット、そしてロボットの心理的影響− , , 学文社, 2003年12月, ,  

 

論文
No.論文タイトル URL, 誌名(出版物名), 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月, DOI 
1
Long-Term Effects of In-Game Purchases and Event Game Mechanics on Young Mobile Social Game Players in Japan , Simulation & Gaming, 50( 1), 76- 92, 2019年02月,  
2
子どものゲーム利用に対する保護者の介入行動の実態調査 : 2011年と2017年調査の比較 , シミュレーション&ゲーミング, Vol 28( No 1), 24-32- , 2018年06月01日,  
3
テレビゲーム利用による攻撃性・規範意識への影響─中学生の縦断調査データに対するレーティング区分ごとの分析─ , デジタルゲーム学研究, 9( 1), 13- 24, 2016年12月,  
4
ゲーム表現の社会的認識に関する調査研究 , コンピュータエンターテインメントレーティング機構(CERO)の委託研究(CD-ROM), ,  1- 253, 2016年01月,  
5
Systematic Analysis of In-Game Purchases and Social Features of Mobile Social Games in Japan. , Proceedings of the 2015 DiGRA International Conference: Diversity of Play, DiGRA 2015, Lüneburg, Germany, May 14-17, 2015, ,   , 2015年,  
6
テレビ番組を媒介にした家庭におけるコミュニケーション : 中学生と保護者を対象にしたインタビュー調査 (山崎純一教授追悼号) , ソシオロジカ, 37( 1), 57- 79, 2013年03月,  
7
テレビゲームが子どもの心に与える影響 , 月刊母子保健, ( 644),  , 2012年12月,  
8
メディア表現の影響に関する学術的検討 , シミュレーション & ゲーミング, 22( 1), 85- 98, 2012年12月,  
9
テレビが構築する社会的出来事・音楽番組・アイドルの集合的記憶 : ウェブ・モニター調査(2011年2月)の報告(3) (特集 ネット時代のテレビの役割) , メディア・コミュニケーション : 慶応義塾大学メディア・コミュニケーション研究所紀要, 0( 62), 79- 105, 2012年03月,  
10
多メディア環境下におけるテレビの役割─ウェブ・モニター調査(2011年2月)の報告(1)─ , メディア・コミュニケーション(慶應義塾大学メディア・コミュニケーション研究所紀要), 62,  33- 56, 2012年03月,  
11
SNS利用者のコミュニケーションとテレビ視聴 : ウェブ・モニター調査(2011年2月)の報告(2) (特集 ネット時代のテレビの役割) , メディア・コミュニケーション : 慶応義塾大学メディア・コミュニケーション研究所紀要, 0( 62), 57- 78, 2012年03月,  
12
越境する文化とテレビの役割─ウェブ・モニター調査(2010年2月) の報告(1) ─ , メディア・コミュニケーション(慶應義塾大学メディア・コミュニケーション研究所紀要), ( No. 61), 75- 102, 2011年03月,  
13
子どものテレビゲーム接触への保護者の指導方法と効果─小学校高学年児童と保護者を対象にしたパネル研究の分析から , シミュレーション&ゲーミング, Vol.20( No.2), 47- 57, 2011年03月,  
14
外国に関する集合的記憶とテレビ─ウェブ・モニター調査(2010年2月) の報告(3) ─ , メディア・コミュニケーション(慶應義塾大学メディア・コミュニケーション研究所紀要), ( No. 61), 126- 147, 2011年03月,  
15
メディア接触と異文化経験と外国・外国人イメージ--ウェブ・モニター調査(2010年2月)の報告(2) , メディア・コミュニケ-ション, Vol. 61( 61), 103- 125, 2011年03月,  
16
テレビゲームの暴力シーンの影響を左右する視点の調整効果--小学校高学年児童を対象にしたパネル研究の検討 , デジタルゲーム学研究, 5( 1), 1- 12, 2011年,  
17
子どものテレビゲーム接触への保護者の指導方法と効果 : 小学校高学年児童と保護者を対象にしたパネル研究の分析から(一般論文) , シミュレーション&ゲーミング, 20( 2), 47- 57, 2010年12月,  
18
Violent video game effects on aggression in eastern and western countries: A meta-analytic review , Psychological Bulletin, Vol. 136( No. 2), 151- 173, 2010年03月, https://doi.org/10.1037/a0018251 
19
北京五輪のオモテとウラ--テレビ報道で提供された中国イメージとその記憶 (特集 テレビ視聴の多様化と記憶の共有) , メディア・コミュニケ-ション, ( 60), 89- 106, 2010年03月,  
20
北京五輪のオモテとウラ─テレビ報道で提供された中国イメージとその記憶─ , メディア・コミュニケーション(慶應義塾大学メディア・コミュニケーション研究所紀要), ( No. 60), 89- 106, 2010年03月,  
21
集合的記憶とテレビ─ウェブ・モニター調査(2009年2月)の報告(2) , メディア・コミュニケーション(慶應義塾大学メディア・コミュニケーション研究所紀要), ( No. 60), 29- 47, 2010年03月,  
22
テレビ視聴の現況と記憶─ウェブ・モニター調査(2009年2月)の報告(1) , メディア・コミュニケーション(慶應義塾大学メディア・コミュニケーション研究所紀要), ( No. 60),  , 2010年03月,  
23
北アメリカにおけるゲーム・レーティング--ESRBへの訪問調査の報告 , デジタルゲーム学研究, 4( 2), 81- 84, 2010年,  
24
The effects of prosocial video games on prosocial behaviors: International evidence from correlational, longitudinal, and experimental studies. , Personality and Social Psychology Bulletin, Vol. 35( No. 6), 752- 763, 2009年06月, https://doi.org/10.1177/0146167209333045 
25
Longitudinal effects of violent video games on aggression in Japan and the United States. , Pediatrics, Vol. 122,  1067- 1072, 2008年12月, https://doi.org/10.1542/peds.2008-1425 
26
The effects of the presence and contexts of video game violence on children: A longitudinal study in Japan. , Simulation & Gaming, Vol. 39( No. 4), 528- 539, 2008年12月, https://doi.org/10.1177/1046878107306670 
27
テレビゲームが子どもの攻撃行動および向社会的行動に及ぼす影響--小学生を対象にしたパネル研究 (特集 DiGRA2007) , デジタルゲーム学研究, 2( 1), 34- 43, 2008年03月,  
28
電子ゲームは攻撃性を強化するのか--最近の日米の研究動向から (特集 ゲーム世代の子どもたち) -- (ゲーム問題を考える) , 児童心理, 62( 2), 194- 199, 2008年02月,  
29
Effect of Video Games on Children's Aggressive Behavior and Pro-social Behavior: A Panel Study with Elementary School Students. , Proceedings of the 2007 DiGRA International Conference: Situated Play, DiGRA 2007, Tokyo, Japan, September 24-28, 2007, ,   , 2007年,  
30
イラク邦人人質事件のテレビ報道における「能動的」市民像 , メディア・コミュニケ-ション, ( 55), 113- 126, 2005年03月,  
31
『ここがヘンだよ日本人』で描かれた外国人イメージ , 慶応義塾大学大学院社会学研究科紀要, ( 56), 1- 19, 2003年,  
32
Sustaining and challenging cultural norms: Yomiuri’s & Asahi’s coverage of full cancner disclosure in the early 1990s. , Keio Communication Review, ( 24), 71- 92, 2002年03月,  
33
テレビゲームの暴力描写が攻撃行動に及ぼす影響:研究の現状と課題 , 慶應義塾大学大学院社会学研究所紀要, 53, 55-67( 53), 55- 67, 2001年12月,  

 

MISC
No.MISCタイトル URL, 誌名, 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月(日) 
1
参加記 オランダのゲーム関連研究施設訪問 : アムステルダム大学とNICAM , デジタルゲーム学研究, 8( 1), 25- 31, 2016年 
2
各学術領域の視座からみたデジタルゲーム研究論文 , デジタルゲーム学研究, 8( 1), 17- 23, 2016年 
3
テレビゲームの暴力性知覚と攻撃性に及ぼす影響―暴力描写の内容分析と小学生へのパネル研究― , お茶の水女子大学21世紀COEプログラム「誕生から死までの人間発達科学」プロジェクトⅠ(編)基礎的心理発達過程の解明と教育支援平成17年度研究報告書, ,  30- 31, 2006年 
4
子どものメディア暴力接触に対する保護者の指導方法と効果―小学生を対象としたパネル研究― , お茶の水女子大学21世紀COEプログラム「誕生から死までの人間発達科学」プロジェクトⅠ(編)基礎的心理発達過程の解明と教育支援平成17年度研究報告書, ,  20- 29, 2006年 
5
テレビゲームの暴力描写の文脈的性質が攻撃性・社会的許容度に及ぼす影響 , お茶の水女子大学21世紀CEOプログラム「誕生から死までの人間発達科学」プロジェクトⅠ(編)基礎的心理発達過程の解明と教育的支援 平成16年度研究報告書, ,  18- 23, 2005年 
6
メディア暴力への接触・接触環境が攻撃性に及ぼす長期的影響―小学生へのパネル調査― , お茶の水女子大学21世紀CEOプログラム「誕生から死までの人間発達科学」プロジェクトⅠ(編)基礎的心理発達過程の解明と教育的支援 平成16年度研究報告書, ,  12- 17, 2005年 
7
テレビゲームの暴力描写が攻撃行動に及ぼす影響に関する文献研究 (共著) , コナミプロジェクト報告書, ,   , 2002年 

 

講演・口頭発表等
No.講演・口頭発表タイトル, 会議名, 発表年月日, 主催者, 開催地 
1
ワークショップ 国際学会のすすめ, 日本マス・コミュニケーション学会 2019年度秋季研究発表会, 2019年10月01日, ,  
2
Toward realization of diversity and inclusion of gaming in Japan, DiGRA (Digital Games Reseach Association) 2019 at Ritsumeikan University Kinugasa campus, Kyoto, 2019年08月01日, ,  
3
Male and female game players’preferences for game characters and real world personalities in Japan, DiGRA (Digital Games Reseach Association) 2019 at Ritsumeikan University Kinugasa campus, Kyoto, 2019年08月01日, ,  
4
Preferences and perception of young female game players in Japan, The 69th annual International Communication Association (ICA) conference at Washington Hilton Hotel, Washington D.C. U.S.A., 2019年05月01日, ,  
5
若い男性プレイヤーのキャラクター趣向:ゲームvsリアル, 日本デジタルゲーム学会第9回年次大会, 2019年03月01日, ,  
6
Long-term effects of social mechanics of mobile games, The 67th Annucal Conference of the International Communication Association, 2017年05月30日, ,  
7
Lonely or socially active consumers? : Gender difference of addictive game playing styles, International Convention of Psychological Science 2017 at the Austria Center Vienna, 2017年03月20日, ,  
8
国際学会で発表する意義と様々な壁, 日本デジタルゲーム学会2016年年次大会(星城大学), 2017年03月05日, ,  
9
ソーシャルゲームの社会的要素が及ぼす影響─系統的分析と縦断研究の統合─, 日本デジタルゲーム学会2016年夏季研究発表大会(東京工芸大学), 2016年08月01日, ,  
10
Predictors of mobile social game addiction in Japan: A longitudinal analysis of mobile social games in Japan, International Congress of Psychology 2016 (パシフィコ横浜), 2016年07月25日, ,  
11
Toward individualistic cooperative play: A systematic analysis of mobile social games in Japan, International Communicatin Assocation 2016 conference at Fukuoka Sea Hawk Hilton Hotel, 2016年06月01日, ,  
12
ソーシャルゲームの課金やイベント要素のゲーム依存への影響─若い世代を対象にした縦断研究─, 日本デジタルゲーム学会2015年度年次大会(芝浦工業大学大宮キャンパス), 2016年02月01日, ,  
13
Systematic analysis of in-game purchases and social features of mobile social games in Japan, Digital Game Research Association (DiGRA) 2015, Luneburg, Germany, 2015年05月, ,  
14
Addictive play or adaptive play?: "Social" game addiction in mobile online games in Japan, Internationa Convention of Psychological Science (ICPS) 2015, 2015年03月, ,  
15
ソーシャルゲームにおける射幸心尺度の作成と検討, 日本心理学会第78回大会(同志社大学), 2014年09月, ,  
16
デジタルゲーム研究の新地平〜高度複合領域の挑戦〜, 日本デジタルゲーム学会2014年夏季研究発表大会(東京工科大学), 2014年08月, ,  
17
ソーシャルゲームにおける課金とソーシャル性─人気モバイルゲームの系統的分析─, 日本デジタルゲーム学会2014年夏季研究発表大会(東京工科大学), 2014年08月, ,  
18
ソーシャルゲームの適応的利用と依存的利用─若い世代を対象にしたモバイルゲーム調査(1), 日本社会心理学会第55回大会(北海道大学), 2014年07月, ,  
19
利用動機からみたソーシャルゲーム依存─若い世代を対象にしたモバイルゲーム調査(2), 日本社会心理学会第55回大会(北海道大学), 2014年07月, ,  
20
ソーシャルゲームの利用動機と利用状況─モバイル・インターネット調査の報告─, 日本シミュレーション&ゲーミング学会2014年度春季全国大会(流通経済大学), 2014年05月, ,  
21
リアルタイムで参加したい10代のテレビ視聴─若い世代を対象にしたウェブ調査─, 日本社会心理学会第54回大会(沖縄国際大学), 2013年11月, ,  
22
家庭におけるメディアを媒介にしたコミュニケーション, 日本社会心理学会第53回大会(筑波大学), 2012年11月, ,  
23
若者のテレビ視聴とSNS利用, 日本社会心理学会第53回大会(筑波大学), 2012年11月, ,  
24
ネット時代のテレビの役割(2)─SNS利用とテレビ視聴─, 日本社会心理学会第52回大会(名古屋大学), 2011年09月, ,  
25
外国理解とテレビの役割(5)─直接体験と外国・外国人イメージ─, 日本社会心理学会第51回大会(広島大学), 2010年09月, ,  
26
テレビの社会的役割の再検討(3) ─子どもの視聴スタイルの変化─, 日本社会心理学会第50回大会(大阪大学), 2008年10月, ,  
27
Analysis of violent content in Japanese video games., International Society for Research on Aggression, the 18th World Meeting, Budapest, Hungary., 2008年07月, ,  
28
The long-term effects of presence and contexts of video game violence in Japan., The 29th International Congress of Psychology, Berlin, Germany., 2008年07月, ,  
29
Effect of videogames on children’s aggressive behavior and pro-social behavior: A panel study with elementary school students, The 3rd International Conference of Digital Games Research Association, Tokyo, Japan., 2007年09月, ,  
30
マスコミによるスケープゴーティング過程の解明に向けて, 第70回日本心理学会, 2006年11月, ,  
31
テレビゲームの暴力性知覚と攻撃性に及ぼす影響─暴力描写の内容分析と小学生へのパネル調査─, 第69回日本心理学会(慶應義塾大学), 2006年09月, ,  
32
子どものメディア接触への保護者の態度と指導─小学校高学年保護者へのインタビュー調査─, 日本シミュレーション&ゲーミング学会2006年度春季全国大会(東京工業大学), 2006年05月, ,  
33
子どものメディア暴力接触に対する保護者の指導方法と効果─小学生を対象としたパネル研究─, 日本マス・コミュニケーション学会春季研究報告会(島根県立大学), 2006年05月, ,  
34
テレビゲームの暴力描写の文脈的性質が攻撃性・社会的許容度に及ぼす影響, 日本シミュレーション&ゲーミング学会2004年度秋季全国大会(一橋大学), 2004年11月, ,  
35
イラク邦人人質事件のテレビ報道における「能動的」市民像, 日本マス・コミュニケーション学会秋季研究報告会(武蔵野大学), 2004年11月, ,  
36
メディア暴力への接触・接触環境が攻撃性に及ぼす長期的影響─小学生へのパネル調査─, 日本社会心理学会第45回大会発表論文集(北星学園大学), 2004年07月, ,  
37
テレビゲームが攻撃行動および向社会的行動に及ぼす影響─小学生を対象にしたパネル研究─, 日本社会心理学会第44回大会(東洋大学), 2003年11月, ,  
38
シーン別のテレビゲーム接触による子どもへの影響─小学生を対象にしたパネル研究─, 日本シミュレーション&ゲーミング学会2003年度秋季全国大会(お茶の水女子大学), 2003年09月, ,  
39
The quantity and context of video game violence in Japan: Toward creating an ethical standard, The 34th annual conference of the International Simulation and Gaming Association, Chiba, Japan., 2003年08月, ,  
40
TVステレオタイピング:『ここがヘンだよ日本人』(TBS系)を素材として(2)─外国人イメージ関連素材の内容分析─, 日本社会心理学会第43回大会発表論文集(一橋大学), 2002年11月, ,  
41
TVステレオタイピング:『ここがヘンだよ日本人』(TBS系)を素材として (2) ―外国イメージ関連素材の内容分析, 日本社会心理学会第43回大会発表論文集(一橋大学), 2002年11月, ,  
42
テレビゲームの暴力描写が攻撃行動に及ぼす影響─実証研究の概況と内容分析の提案─, 日本シミュレーション&ゲーミング学会2002年度春季全国大会, 2002年06月, ,  
43
テレビゲームの暴力描写が攻撃行動に及ぼす影響―実証研究の概要と内容分析の提案(共著), 日本シミュレーション&ゲーミング学会2002年度春季全国大会発表論文集, 2002年06月, ,  

 

受賞
No.受賞年月, 授与機関, 賞名, (対象業績)タイトル 
1
2012年06月, 日本シミュレーション&ゲーミング学会, 奨励賞,  

 

共同研究・競争的資金等の研究課題
No.提供機関, 制度名, 課題名等, 資金種別, 研究期間 
1
公益財団法人 中山隼雄科学技術文化財団, , ゲーム文化の多様性と共存の実現に向けた内容分析, ,  2020年04月 - 2021年04月 
2
公益財団法人科学技術融合振興財団(FOST), 公益財団法人科学技術融合振興財団調査研究助成, ゲームのジェンダー表象がプレイヤーのジェンダー観に及ぼす影響-若いプレイヤーへのインタビュー調査─, 競争的資金,  2018年04月 - 2020年03月 
3
公益財団法人科学技術融合振興財団(FOST), , ゲームのジェンダー表象がプレイヤーのジェンダー観に及ぼす影響-若いプレイヤーへのインタビュー調査─, ,  2017年04月 - 2019年04月 
4
日本学術振興会, , テレビゲームにおける暴力シーンの影響を避ける適切なレーティングに関する研究, ,  2016年04月 - 2018年04月 
5
日本学術振興会, , ソーシャルゲームのアイテム課金がゲーム依存に及ぼす影響, ,  2013年04月 - 2015年04月 
6
日本学術振興会, 科学研究費助成事業, ソーシャルゲームのアイテム課金がゲーム依存に及ぼす影響, 競争的資金,  2013年04月 - 2015年03月