創価大学

研究者情報データベース

日本語 English

TOP
所属別検索
キーワード検索
研究分野別検索
条件指定検索

創価大学
ホームページ

井田 旬一 (イダ ジユンイチ,IDA Junichi)

基本情報 研究分野 教育 研究 学内活動 学外活動

 

教育方法の実践例
No.概要, 年度 
1
授業にもっとアクティブラーニングの要素を取り入れるため、授業中にディスカッションを取り入れる科目や回数を増やす試みを続けている。ある共通科目の授業では、授業の中ほどで、隣の人と授業内容についてディスカッションされる時間を設けた。またオムニバス形式の共通科目の授業でも、コーディネーターの先生の提案から、課題を出して予習をさせてから5〜8人程度でディスカッションする、という教育方法を試験的に導入した。その結果、どちらも大教室での200名規模での授業にも関わらず、学生の授業への参加意識が例年に比較して格段に向上した。, 2012年度 
2
学生の理解度を測る、学生の要望を知る、大教室授業で学生とコミュニケーションをはかる等の目的の為、共通科目では毎回の授業で感想及び質問表を学生に書かせて提出させた。その結果、学生の理解度、要望等を的確に知る事ができ、授業改善に役立った。また質問や要望に対する答えを次回の授業でフィードバックすることによって、大教室授業においても少しでも学生とのコミュニケーションが取れるよう努力した。 また学生に興味を持たせる為、ビデオやパワーポイントによる映像も授業に取り入れるなどの工夫も行った。 更に、授業中の発言や質問等を加点対象とし、できるだけ対話形式を取り入れるようにしたところ、積極的な授業参加が増えた。, 2010年度 

 

作成した教材
No.作成者, 使用授業科目名, 作成年度 
1
井田旬一, 化学工学, 2018年度 
2
井田旬一, マテリアルサイエンス, 2018年度 
3
井田旬一, 地球環境を知る科学, 2018年度 

 

FD活動への参加
No.実施年月, 主催団体名, 研修名 
1
2019年11月, 創価大学 学士課程教育機構, 学士課程教育機構FD・SDセミナー「読解力向上につなげる 教職学協働の取り組み」 
2
2019年05月, 創価大学, 2019年度 学校法人創価大学事業計画説明会 
3
2018年12月, 創価大学 男女共同参画推進センター, 男女共同参画推進センター主催講演会 第8回オープンカフェ 
4
2018年11月, 学士課程教育機構, 2018年度第6回学士課程教育機構FD・SDセミナー 
5
2018年04月, 創価大学, 2018年度 学校法人創価大学事業計画説明会 
6
2018年03月, 創価大学, AP授業設計研修(理工学部向け) 
7
2017年11月, 学士課程教育機構, 第5回学士課程教育機構FDセミナー 
8
2017年04月, 創価大学, 2017年度 学校法人創価大学事業計画説明会 
9
2016年09月, 研究推進センター設置準備室, 平成29年度科研費学内応募説明会 
10
2016年05月, 創価大学, 2016年度学校法人創価大学事業計画説明会 
11
2016年02月, 創価大学, 第8回学士課程教育機構FDセミナー 大学教育再生加速プログラム(AP事業)年次報告会 
12
2015年09月, 創価大学, 科研費応募説明会 
13
2015年07月, 創価大学, 創価大学教育フォーラム「高大接続・入試改革で日本の教育は変わるのか?」 
14
2013年12月, 創価大学, 第11回創価大学FDフォーラム「アクティブ・ラーニングと大学教育」 
15
2012年09月, 学事課, 科研費応募説明会 
16
2012年01月, CETL・法学部, CETL・法学部共催 PBL研修会 
17
2011年12月, 創価大学, 第9回全学FDフォーラム1部・2部 
18
2011年12月, 金沢大学, 金沢大学シンポジウム「日本の未来を担う人材養成・教育改革モデルの構築」 
19
2011年09月, 金沢工業大学, 金沢工業大学視察 
20
2011年06月, 創価大学工学部, 工学部授業見学会 
21
2010年12月, 工学部FD委員会, 平成22年度授業アンケートシンポジウム 
22
2010年10月, 学事課, 科研費応募説明会 
23
2010年06月, 工学部FD委員会, 工学部授業見学会参加 
24
2009年12月, 大学連携FD委員会, 戦略的大学連携GP